9月9日(水)OTTAVA jazz

今日の東京は快晴で、秋、というよりはまだまだ夏といったような印象の1日でした。皆さま如何お過ごしでしょうか。 本日も4時間、たっぷりとお送りして行きます。本日お送りする予定の曲の中に、「ストレート、ノー、チェイサー」という題名の曲があります。 あえてカタカナで表記させていただいたこと、また「、」で語と語を区切らせていただいたことに特に深い理由はないのですが、多少なりともお酒好きの方ならば、、、こんな台詞が飛び交う日常というのが恋しい時期なのではないでしょうか。 個人的にこの言葉を実際に用いた経験はないですが、しかし「ストレート、ノーチェイサー」と、バーテンに何の気兼ねなく頼めるような日々がこの世界に再び訪れることを、心から願ってやまない今日この頃です。ちなみに、僕はチェイサーも頼まないと楽しい時間はあっという間、すぐに潰れてしまいます。(笑) (つるみ) 【9月9日(水)OTTAVA jazz OA楽曲】 ■OTTAVA jazz 18:01 KOKOROKO  : Uman 18:07 Ronin Arkestra  : The Art of Altercation18:13 Juan Fermin Ferraris  : Arresei18:20 桃井裕範  : Strangers18:29 Pablo Juarez  : Caricias18:34 間を奏でる  : うつろひ18:41 Hania Rani  : Glass18:46 TORSO  : FluteS18:48 Ben Wendel  : ハイ・ハート18:58 Ben Wendel  : October19:04 Niran Dasika  : 21st Century Bakery19:10 原朋直グループ  : Fall and Rise 19:16 渡辺翔太  : North Bird19:24 井上銘  : Next […]

9月9日(水)OTTAVA Andante〜白露 なのですが32℃

こんにちは!斎藤茂です平日午後のOTTAVAは「 OTTAVA andante 」アンダンテ、は音楽記号、速度標語で“歩く速さで”という意味 午後の4時間をご一緒に歩いて行きましょう。 台風10号で被災された皆様にお見舞いを申し上げます。どうかクラシック音楽の響きで少しだけでもリラックスしていただけますよう。お聴きになりたい曲がございましたらお気軽にリクエストなさってください。今日水曜日のアドレスは      ss@ottava.jp 曲目だけでもささっとお書きになってリクエストしてください。      9月9日 水曜日の番組は… 午後1時 「コロナに負けるな!免疫力を整えるモーツァルト 」期せずして若き日のアマデウスの名曲探しとなったこのコーナーこれまで10代のモーツァルトを追いかけてきましたが今週からは20代に入っていきます。アマデウス20歳の1776年は「機会音楽の年」と呼ばれることがある1年。そもそも機会音楽って? コップいっぱいのお水を飲みながらどうぞ。     午後2時 Caffe Selection     午後3時「OTTAVAファミリア」品川区在住の4人のママプレゼンターが子育てや親子、家庭をテーマに世界中のOTTAVAリスナーの皆さんと語り合っていこう、という番組です。ママプレゼンターの皆さんにはリモート出演いただいています。メールがどんどん届いているようですよ。このコーナーへのメールは  mama@ottava.jp お待ちしています。 午後4時 Caffe Selection 今日のギャラリーはよっしーさんフロム🇧🇪「ブリュッセルはもう秋、13℃!寒いです」 Caffe Selection トラックリスト 9月9日(水)Part1ボッケリーニ(G.ハドック編):弦楽五重奏曲 G.275 ~メヌエットチャイコフスキー(ラフマニノフ編):バレエ組曲「眠りの森の美女」Op.66a~ワルツ(2台ピアノ編)サン=サーンス:組曲「動物の謝肉祭」 ~第14曲 終曲J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第4番 変ホ長調 BWV.1010 ~第1曲 前奏曲ドビュッシー(レオン・ローク編):レントより遅くモーツァルト:ディヴェルティメント(ザルツブルク・シンフォニー)第1番 ニ長調 K.136 ~第1楽章ハイドン:トランペット協奏曲 変ホ長調 Hob.Ⅶe:1 ~第3楽章 9月9日(水)Part2グリンカ:ホタ・アラゴネーザマスネ:歌劇「ル・シッド」のバレエ音楽 ~カスティーリャの踊りシューマン:幻想小曲集 Op.73 ~第2曲フィンジ:夏の前と後 Op.16(ハーディの詩による) ~エペイソディアゴベール:フルートソナタ 第3番(1934) ~第3楽章ニールセン:歌劇「仮面舞踏会」(FS39) ~序曲モーツァルト:交響曲第17番 ト長調 K.129 ~第3楽章 ・・・・・・・・・・・・ YouTube 「OTTAVA Live」でお楽しみいただく「The Concert at Home」第4弾の配信、もうご覧になりましたか?夏の終わりに、ジャズヴォーカルをお楽しみください。 紗理(ヴォーカル)河野文彦(ギター)のデュオで聴く名曲の数々 OTTAVA Live(チャンネル登録もお忘れなく)https://www.youtube.com/channel/UCrmrlj7MTToUHUwhkLXLCKQ ご自宅のテレビでご覧になる方はアクトビラ!こちらが専用サイトです。http://actvila.jp/special/ottava/ 検索で「アクトビラ OTTAVA」と入れると専用サイトが一番上に出てきます。

「重陽の節句は秋のグルメを考えます。」

皆様おはようございます。 OTTAVA frescaプレゼンターの、本田聖嗣です。 昨日は暑かったですね。天王洲もすっかり夏日でした。 今週後半から、空気が入れ替わって秋の気配が漂う・・との天気予報ですから、 今がちょうど「最後の夏の名残り」なのかもしれません。 ですが、いつもちょっと季節を先取りするプレゼンターの私は、 今日の9時台は、「秋のグルメ」を考えてみます。 そして、昨日9月8日はドヴォルザークの誕生日でした。 彼の作品を3日間にわたって多めにおとどけしています。 稀代のメロディーメーカー、ドヴォルザークは故郷ボヘミアの 美しさや苦悩を、時には民謡を自作にとり入れることをしたりして 個性豊かな作品を作りあげました。 時に悲しげで、どこか懐かしい・・・ とても秋が似合う作曲家だと感じます。 いつものように、頂戴するメールのテーマはいつものように、フリーです。 どんな話題でも結構です。 頂戴したメールは、 私だけでなく、全世界のリスナーさんとシェアさせていただきます。 曲のリクエストもお受けしております。 曲目を直接書いていただいても結構ですし、 「こんな曲を・・」という選曲をお任せいただく、 フレーバーリクエストも大歓迎です。 生放送時間帯以外でもメールは24時間受け付けております。 新しくなったオンデマンド、OTTAVA plusでOTTAVA frescaをお聞きの方も ふるってご参加ください。 アドレスは、プレゼンター本田宛メールアドレス、 sh@ottava.jpまでお送りください 水曜日の9時台は、上記のように、秋の味覚を探ります。 10時台に入りまして、メールをご紹介しつつ、リクエストにもお応えしてゆきます。 それでは、9時の放送開始を今しばらくお待ちください。 本田聖嗣 (写真は、昨日の夏空の天王洲です。紺碧の空でした。)