プログラム内容

19世紀後半に、ヨーロッパから移住した音楽家たちが基礎を築き、その後20世紀に入って劇的に進化、発展を遂げ、クラシック界の中心となったアメリカの音楽シーン。クラシック=ヨーロッパという先入観を取り払い、アメリカで生まれた、遥かなる歴史を継承しながらも都会的に磨かれた輝ける作品達を、たっぷりとお届けしていきます。

7月16日放送分

今夜のコレクションバックナンバー

第28回「アメリカンクラシック ゴールデンセレクション」

お送りしてまいりました「Cadillac American Luxury OTTAVA 新世界クラシック」は今回が最終回となりました。これまでお楽しみ頂きましたリスナーの皆様、誠にありがとうございました。
最終回の今回は、アメリカのミュージックシーンを代表する作曲家の作品を中心に、これまでの番組を振り返りながら、皆様からいただいたリクエスト曲も交えてお送りしています。

楽曲リスト

02:28 ミュージカル「キャンディード」序曲 / バーンスタイン
09:05 ハレルヤ・ジャンクション / アダムズ
24:00 歌劇「ポーギーとベス」(管弦楽版) / ガーシュウィン
38:10 ラッパ吹きの休日 / アンダーソン
40:55 シンコペイティッド・クロック / アンダーソン
44:30 ルート66 / ドアティ
52:58 エンターテイナー:ラグタイム・トゥー・ステップ / ジョプリン

プレゼンター

プレゼンター
森雄一(DJ)

大学卒業後、日本政府観光局に勤務し、日本のすばらしさを再発見。同時に日本語の魅力にもとりつかれ、ラジオの道へ。各地のFM局で看板の朝番組を担当、 その美声を響かせた。青春時代を過ごした80年代サウンドは宝物で、当時ヒットしたCDを集めるのが生涯の趣味。現在、星のソムリエになるべく、天文学を勉強中。

公式サイト

cadillac公式サイト はこちらから

番組メール

new@ottava.jp
あなたの好きな、アメリカン・クラシックとメッセージをお送りください。