明日まで突然の強風に用心が必要です〜9月24日(木)OTTAVA Andante

こんにちは!斎藤茂です平日午後のOTTAVAは「 OTTAVA andante 」アンダンテ、は音楽記号、速度標語で“歩く速さで”という意味 午後の4時間をご一緒に歩いて行きましょう。皆さんからのリクエストにも随時お応えします。今日木曜日のアドレスは      ss@ottava.jp 曲目だけでもささっとお書きになってリクエストしてください。 今日は10月からのOTTAVAの番組編成について発表、ご報告をさせていただきます。 午後1時「コロナに負けるな!免疫力を整えるモーツァルト 」期せずして若き日のアマデウスの名曲探しとなったこのコーナーアマデウス20歳の1776年は「機会音楽の年」と呼ばれることがある1年。セレナード、ディヴェルティメントの名曲がたくさん生まれた年ですが、今週からはいよいよ、この年を代表するセレナード、全8楽章からなる「ハフナー・セレナード」を聴いています。コップいっぱいのお水を飲みながらどうぞ。 午後2時 Caffe Selection Part1 午後3時「Harmonic Science~奇跡の自然音」 自然音の持つ「力」が、私たちの身体と心に様々な効能をもたらすことが研究されています。生活に自然音を取り込むことで、例えば・・・ 「会議の時間が20%短くなる」「胎教に有効」「睡眠の質が向上する」「スキンケアに効果がありアンチエイジング対策になる」などの実証が進んでいます。そして自然音の中に身を置くことにより、ストレスが低減し、免疫力が整えられる。新型コロナウィルスと戦える身体を維持するためにも、自然音を生活に取り込むことはは有効です。 自然音(と画像)をご提供いただいているのは、世界各地の自然音の豊富なライブラリーを持つサウンドヒーリング協会。 ※サウンドヒーリング協会についてサウンドヒーリング協会は、音に秘められた力を様々な分野に広め、音で快適な環境づくりや、音を心地よい振動としてとらえ、体の代謝を高めて回復力を活性化するサウンドヒーリングの3つのメソッド(自然音、体感音響、呼吸と声)の普及を目指し、2001年3月に設立された協会です。同協会は、株式会社ジョイファンデーションと提携して、心と体の健康を目的とした講演や様々なワークショップの監修、ヒーリングバイブレーションシステム(小型体感音響システム)を用いたサウンドヒーリング体験会「ハーモニングデイ」などを開催するほか、サウンドヒーリングトリートメントを行うセラピストやファシリテーターの資格認定研修会も開講しています。https://www.sound-healing.jp/effect-and-case.html Nature Sound制作・編集:Healing Garden/ Joy FoundationCreative Produce / Keiichiro KitaField Recording / Satoru Nakada・Takuya MoriEdit& Mix / Team KJR Studio 監修:The Society for Harmonic Science   サウンドヒーリング協会 午後4時 Caffe Selection Part2 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Caffe Selection トラックリスト 9月24日(木)Part1モーツァルト:ピアノソナタ 第11番 イ長調 K.331「トルコ行進曲付き」 ~第3楽章ボッケリーニ:チェロ協奏曲 第1番 ハ長調 G.477 ~第3楽章J.S.バッハ:カンタータ 第36番「喜びて舞いあがれ」BWV.36~アリア:親愛なる人よ、歓迎しますチャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」Op.20 第2幕 ~白鳥たちの踊り(コーダ)ビゼー:「アルルの女」第1組曲 ~カリヨンドビュッシー(レオン・ローク編):レントより遅くラヴェル :クープランの墓 ~トッカータ 9月24日(木)Part2チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」Op.20 第3幕 ~ナポリの舞曲ビゼー:「カルメン」第2組曲 ~闘牛士の歌ロッシーニ:歌劇「セビリャの理髪師」第1幕 ~おいらは町のなんでも屋サン=サーンス:チェロ・ソナタ 第2番 ヘ長調 Op.123 ~第4楽章フィンジ:花輪をささげよう Op.18(シェイクスピアの詩による)~シルヴィアは誰?モーツァルト:ホルン協奏曲第4番 変ホ長調 K.495 ~第3楽章エルガー:行進曲「威風堂々」Op.39 ~第4番 ト長調 ・・・・・・・・・・・・初級から上級まで、ギターを愛するすべての人に送る「福田進一 […]

蒸し暑い午後は熱中症にご注意!〜9月17日(木)OTTAVA Andante

こんにちは!斎藤茂です平日午後のOTTAVAは「 OTTAVA andante 」アンダンテ、は音楽記号、速度標語で”歩く速さで”という意味 午後の4時間をご一緒に歩いて行きましょう。皆さんからのリクエストにも随時お応えします。今日木曜日のアドレスは ss@ottava.jp 曲目だけでもささっとお書きになってリクエストしてください。 9月17日 木曜日の番組 午後1時「コロナに負けるな!免疫力を整えるモーツァルト 」期せずして若き日のアマデウスの名曲探しとなったこのコーナーアマデウス20歳の1776年は「機会音楽の年」と呼ばれることがある1年。セレナード、ディヴェルティメントの名曲がたくさん生まれた年ですが、今週は「ハフナー」とともにこの年を代表する名曲「ロドロン・セレナード」を聴いています。。コップいっぱいのお水を飲みながらどうぞ。 午後2時 Caffe Selection 午後3時「Harmonic Science~奇跡の自然音」 自然音の持つ「力」が、私たちの身体と心に様々な効能をもたらすことが研究されています。生活に自然音を取り込むことで、例えば・・・ 「会議の時間が20%短くなる」「胎教に有効」「睡眠の質が向上する」「スキンケアに効果がありアンチエイジング対策になる」などの実証が進んでいます。そして自然音の中に身を置くことにより、ストレスが低減し、免疫力が整えられる。新型コロナウィルスと戦える身体を維持するためにも、自然音を生活に取り込むことはは有効です。 自然音(と画像)をご提供いただいているのは、世界各地の自然音の豊富なライブラリーを持つサウンドヒーリング協会。 ※サウンドヒーリング協会についてサウンドヒーリング協会は、音に秘められた力を様々な分野に広め、音で快適な環境づくりや、音を心地よい振動としてとらえ、体の代謝を高めて回復力を活性化するサウンドヒーリングの3つのメソッド(自然音、体感音響、呼吸と声)の普及を目指し、2001年3月に設立された協会です。株式会社ジョイファンデーションと提携して、心と体の健康を目的とした講演や様々なワークショップの監修、ヒーリングバイブレーションシステム(小型体感音響システム)を用いたサウンドヒーリング体験会「ハーモニングデイ」などを開催するほか、サウンドヒーリングトリートメントを行うセラピストやファシリテーターの資格認定研修会も開講しています。https://www.sound-healing.jp/effect-and-case.html Nature Sound制作・編集:Healing Garden/ Joy FoundationCreative Produce / Keiichiro KitaField Recording / Satoru Nakada・Takuya MoriEdit& Mix / Team KJR Studio 監修:The Society for Harmonic Science   サウンドヒーリング協会 午後4時 Caffe Selection ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Caffe Selection トラックリスト 9月17日(木)Part1モーツァルト:コントルダンス ニ長調「雷雨」K.534フローラン・シュミット:ロカイユ組曲 Op.84 ~輝かしくチャイコフスキー:歌劇「チェレヴィチキ(小さい靴)」第3幕 ~ロシアの踊りショパン:マズルカ 第20番 変ニ長調 Op.30-3アルベニス(クリストフ・デジュール編)イベリア(3つのギターのための編曲) 第1集 ~港パリー:イギリス組曲 ~カプリースグラズノフ :チェロと管弦楽のための2つの小品 Op.20 第2番〜第2楽章「スペインのセレナート」゙ J.シュトラウスⅡ世:ワルツ「美しく青きドナウ」Op.314 9月17日(木)Part2ベートーヴェン(リスト編):交響曲 第2番 ニ長調 Op.36(S464/R128) ~第3楽章ブリッジ:ピアノ三重奏のための小品 ~第2番 ガヴォットコレルリ:ヴァイオリンソナタ 第6番 イ長調 Op.5-6 ~第5楽章バリオス:アンデス組曲 ~クエカモーツァルト:ディヴェルティメント(ザルツブルク・シンフォニー)第2番 変ロ長調 K.137 ~第3楽章フォーレ:組曲「ドリー」Op.56 ~ミーアーウーメンデルスゾーン:弦楽四重奏曲 第4番 ホ短調 Op.44 No.2 ~第2楽章マルティヌー:フルート、ヴァイオリン、ハープシコードのためのプロムナード ~第1楽章スーザ:組曲「上を向いて」 ~北極星の光に従って ・・・・・・・・・・・・ […]