10/23(金)OTTAVA Salone 林田直樹 ~両手にあふれるほどの新譜紹介&10/30のモーツァルト特集前哨戦

林田直樹です。年末を控えて、秋の強力新譜が続々届いており、レコード会社に個別交渉のうえ、番組でかけられるものは、少しでもバラエティ豊かにご紹介していきます。毎月最終金曜日には恒例の特集を復活させました。10/30(金)モーツァルト特集11/27(金)ブラームス特集12/25(金)バッハ特集を予定しており、それぞれ延長放送もおこなう準備をすすめています。今日は本の紹介でモーツァルト特集の前哨戦も少し。 ※楽曲情報(演奏者等の詳細表記がないものは、Naxosレーベルから主に構成されるOTTAVAライブラリーからのオンエア) 18:04 フランシス・プーランク(1899-1963):バレエ音楽「牝鹿」 より第1曲 ロンドー18:07 ジェイク・ルネスタッド(1986-):私の愛を聴かせて ジョエル・リンセマ指揮 カントライ Naxos 8.55989218:12 ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750):平均律クラヴィーア曲集 第2巻(24の前奏曲とフーガ) ~第3番 嬰ハ長調 BWV.87218:21 リヒャルト・シュトラウス(1864-1949):フランソワ・クープランのクラヴサン曲による舞踏組曲 ~カリヨン/サラバンド 準メルクル指揮 ニュージーランド交響楽団 Naxos 8.57421718:29 フランソワ・クープラン(1668-1733):王宮のコンセール第2番ニ長調 ~プレリュード18:46 ロベルト・シューマン(1810-56):交響曲第4番 ニ短調 Op.120 ~第1楽章 ※冒頭18:50 シューマン:交響曲第4番ニ短調op.120(1841年初稿、ジョン・フィンソン校訂版) ~第1楽章 フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮 ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団 myrios classics KKC-6265 キングインターナショナル18:56 フランシスコ・タルレガ(1852-1909):前奏曲 ト長調19:06 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827):ピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」op.73 ~第1楽章 アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ) セルジュ・チェリビダッケ指揮 フランス国立放送管弦楽団 Altus ALT-441 キングインターナショナル19:31 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-91):「どうしてあなたを忘れられよう」K.505 キャロリン・サンプソン(ソプラノ) ロナルド・ブラウティハム(フォルテピアノ) マイケル・アレクサンダー・ウィレンス指揮 ケルン・アカデミー BIS-2544-SACD キングインターナショナル19:53 ピーター・ブレイナー(1957-):少し絶望的な ピーター・ブレイナー(ピアノ) Naxos 8.57425619:57 ブレイナー:これもまた過ぎ去るだろう ピーター・ブレイナー(ピアノ) Naxos 8.574256 ※本の紹介(19:43~)「モーツァルトは語る ぼくの時代と音楽」ロバート・L・マーシャル編著 高橋英郎、内田文子訳 春秋社 ※オンデマンド再生はこちらOTTAVA Salone 2020年10月23日(金)林田直樹

スーパーホルニスト 福川伸陽さん登場! 10月23日(金)OTTAVA Andante

こんにちは!斎藤茂です平日午後のOTTAVAは「 OTTAVA andante 」アンダンテ、は音楽記号、速度標語で“歩く速さで”という意味午後の4時間をご一緒に歩いて行きましょう。 リクエスト,どうぞお気軽にお寄せください。今日金曜日のアドレスは      ss@ottava.jp 曲目だけでもささっとお書きになってメールしてください。 午後1時 「コロナに負けるな!免疫力を整えるモーツァルト 」期せずして若き日のアマデウスの名曲探しとなったこのコーナーアマデウス20歳の1776年は「機会音楽の年」と呼ばれることがある1年。セレナード、ディヴェルティメントの名曲がたくさん生まれた年です。今日は教会で演奏するために作曲された、その名も「教会ソナタ」をご紹介。教会ソナタ、と聞くと荘厳な響きをイメージされるかもしれませんが、実際は正反対!免疫力に嬉しい高周波がたっぷり含まれている爽快な音楽です。コップいっぱいのお水を飲みながらどうぞ。 午後2時 ゲストにホルン奏者でNHK交響楽団の首席ホルニスト福川伸陽さんをお迎えして! 日本が世界に誇るスーパーホルニスト、福川伸陽さんが1年ぶりにOTTAVAにご登場です。まもなく(10月28日)4年ぶりにリリースされるソロアルバム「孤高のホルン〜映画の世界」をいち早く聴かせてくださいます。すべてのパートを福川さん自身が演奏している「究極の多重録音」によるアルバム。コロナ禍にあって出来ること、やるべきことを突き詰めた驚きの多重録音を、是非体験してください。 なおこのアルバム「孤高のホルン〜映画の世界」はこの秋、クラシック音楽誌「ぶらあぼ」とOTTAVAがスタートした共同プロジェクト「OTTAVA+ぶらあぼ MUSIC STORE」の第一弾アルバムでもあります。 10月31日(土)までに、このアルバムをOTTAVAのECサイト「OTTAVAセレクトショップ」でご予約、お買い上げいただくと福川伸陽さんがあなたのお名前も入れて、直筆サインをしてくださいます。詳しくはこちらをご覧ください。https://ottava.jp/archives/2630 https://ottava.official.ec/items/34985971 午後3時 「Harmonic Science~奇跡の自然音」 自然音の持つ「力」が、私たちの身体と心に様々な効能をもたらすことが研究されています。生活に自然音を取り込むことで、例えば・・・ 「会議の時間が20%短くなる」「胎教に有効」「睡眠の質が向上する」「スキンケアに効果がありアンチエイジング対策になる」などの実証が進んでいます。そして自然音の中に身を置くことにより、ストレスが低減し、免疫力が整えられる。新型コロナウィルスと戦える身体を維持するためにも、自然音を生活に取り込むことはは有効です。 自然音(と画像)をご提供いただいているのは、世界各地の自然音の豊富なライブラリーを持つサウンドヒーリング協会。 ※サウンドヒーリング協会についてサウンドヒーリング協会は、音に秘められた力を様々な分野に広め、音で快適な環境づくりや、音を心地よい振動としてとらえ、体の代謝を高めて回復力を活性化するサウンドヒーリングの3つのメソッド(自然音、体感音響、呼吸と声)の普及を目指し、2001年3月に設立された協会です。同協会は、株式会社ジョイファンデーションと提携して、心と体の健康を目的とした講演や様々なワークショップの監修、ヒーリングバイブレーションシステム(小型体感音響システム)を用いたサウンドヒーリング体験会「ハーモニングデイ」などを開催するほか、サウンドヒーリングトリートメントを行うセラピストやファシリテーターの資格認定研修会も開講しています。https://www.sound-healing.jp/effect-and-case.html Nature Sound制作・編集:Healing Garden/ Joy FoundationCreative Produce / Keiichiro KitaField Recording / Satoru Nakada・Takuya MoriEdit& Mix / Team KJR Studio 監修:The Society for Harmonic Science   サウンドヒーリング協会 午後4時Caffe Selection(楽曲リスト)グラナドス:12のスペイン舞曲 Op.37 ~サラバンドアルベニス:6つの小さなワルツ Op.25 ~第1番 アレグレットシューマン:詩人の恋 Op.48 ~若者はおとめを愛したグリンカ:ホタ・アラゴネーザチャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」 ~ワルツモーツァルト:ピアノ協奏曲第3番 ニ長調 K.40 ~第3楽章ビゼー:「カルメン」第2組曲 ~闘牛士の歌 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ギターを愛するすべての人に送る「福田進一 ザ・ギターレッスン」OTTAVA.TVでこの秋、配信を開始しました。女優の石田ゆり子さんもゲストで出演!10月31日(土)レッスン2の配信が決まりました。詳細、ご視聴、ご予約はコチラから https://ottava-plus.myshopify.com/collections/streaming/TV レッスン1をご覧になってのご感想もお待ちしています。

♪本日もブダペスト!!~10月23日(金)OTTAVA Fresca 長井進之介

皆様ごきげんよう。ピアニスト・音楽ライターの長井進之介(sn@ottava.jp)です。 昨日はフランツ・リストのお誕生日でした!!たくさんリストの作品をお届けしましたがいかがでしたでしょうか? …ということで、「Viaggio」では昨日に引き続き、リストの故郷ブダペストをご案内いたします。本日は「ペスト」地区です。リストの作品のリクエストも引き続きお待ちしております!! *写真はリスト・フェレンツ記念博物館の中です。リストが使用した楽器などたくさんの展示がありました!! ★Program★ ♪9:00~ ”Preludio” ”目覚めのお水”のようにさわやかな音楽と共に、一日のはじまりをご一緒致しましょう。 ♪9:30頃~ ”Pavana” 偉大なる作曲家を様々な角度から取り上げつつ、楽曲をお届け致します。 ♪10:10頃~ ”Recitativo” 文学作品の朗読と音楽のコラボレーションで、あなたの朝を少しドラマティックに…。 ♪10:40頃~ ”Intermezzo” 美味しい食べ物、とっておきのアイテムや場所など…“ステキ”のご紹介と共に音楽をお届け致します。 ♪11:00頃~“Viaggio” 様々な土地のインフォメーションと楽曲をお届けし、旅行気分を味わって頂きます。

10月23日(金)24日(土)二之湯氏と中野氏のカフェトーク

OTTAVA presents 二之湯氏と中野氏のカフェトーク #52   (提供:東方文化支援財団) 出演:二之湯武史   中野善壽    (2020年8月23日収録) 音楽: 1, 06:06 バルトーク:管弦楽のための協奏曲Sz.116〜対の遊び 2, 20:14 ジュージ・ウィンストン : オクトーバー〜月 番組では貴方からのご意見、ご感想をお待ちしています。カフェトークに加わりませんか?二之湯さん、中野さんへのご意見、貴方のお考えなど、メールでお寄せください。 アドレスは nn@ottava.jp お待ちしています。 二之湯 武史(にのゆ たけし)1977年京都市生まれ。京都大学経済学部を卒業後、松下政経塾、稲盛財団で研修。バブル崩壊以降の新たな国家ビジョンを模索するべく、世界各国の文化政策を研究する。起業を経て2013年参議院選挙に初当選。我が国を価値創造型の成熟国家とするべく、文化、スポーツを中心としたクリエイティブ政策や、格差のない分配型資本主義実現に取り組む。現在、文化、アート、教育を中心に、起業家、プロデューサー、大学教授、などマルチに活躍している。 中野 善壽(なかの よしひさ)1967年伊勢丹入社。 1973年婦人服専門店鈴屋に入社し海外事業や商品開発担当、代表取締役専務など歴任。青山ベルコモンズの開設等にも携わる。1992年台湾に移り中国力覇集団百貨店部門代表就任、2002年遠東集団董事長特別顧問及び亜東百貨COO就任。2011年寺田倉庫社長兼CEOとなり、拠点である天王洲アイルをアートの力で独特の雰囲気、文化を感じる街に変身させた。2019年6月に寺田倉庫を退社し、地域や国境を超えた信頼感の醸成をはかり、東方文化を極めたいというビジョンを持つ、東方文化支援財団を設立、代表理事を務める。2020年8月よりスタートバーン株式会社取締役エバンジェリストも兼務。