10/9(金)OTTAVA Salone 林田直樹 深まる秋にふさわしく、さらに厳選セレクションで

林田直樹です。「林田さんはリクエストに応えないで」「メールは読まずにお願いします」というメールばかりをいただくので、それにますます勇気を得て、「これが自分は良いと思う」という音源を私なりに選んで、生放送ならではの、聞きごたえのあるクラシック音楽番組、初心者にも玄人筋にも、気持ちよく、楽しく一緒に耳を傾けられるような、いい曲をやいい演奏を探せる番組、としてどこまで挑戦できるか、やってみたいと思います。メアドは、nh@ottava.jp です。 18:04 ジェルジ・リゲティ(1923-2006):無伴奏チェロ・ソナタ ~第1楽章「Dialogo」 ガブリエル・シュヴァーベ(チェロ) Naxos 8.57420218:08 ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750):信仰 ~罪の告白-アダムの罪によりすべてそこなわれぬ BWV.63718:11 エリクス・エセンヴァルズ(1977-):おお、救い主なるいけにえよ ジェレミー・バックハウス指揮 ヴァーサリ・シンガーズ Naxos 8.57417918:21 J.S.バッハ:2台のチェンバロのための協奏曲第3番ハ短調BWV1062 ~第1楽章 渡邊順生、崎川晶子(チェンバロ) ザ・バロック・バンド ALCD-1199,1200 ALMrecords/コジマ録音18:22 エイトル・ヴィラ=ロボス(1887-1959):12の練習曲 ~第1番18:26 ジュール・マスネ(1842-1912):劇音楽「復讐の女神たち」組曲 ~第2曲:宗教的情景、祈り ジャン=リュック・タンゴ―指揮 ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団 Naxos 8.57417818:46 シャルル=マリー・ヴィドール(1844-1937):オルガン交響曲第7番ハ短調op.42-3 ~第4楽章 クリスティアン・フォン・ブローン(オルガン) Naxos 8.57420618:53 シャルル=ヴァランタン・アルカン(1813-88):スケッチ集 Op.63 ~第8番 偽りの素直さ19:02 ユゼフ・ノヴァコフスキ(1800-65):ピアノ五重奏曲変ホ長調op.17 ~第1楽章 ウィーン・ピアノ五重奏団 CMCD-28174 カメラータ・トウキョウ19:17 ダグラス・リルバーン(1915-2001):ギターのための17の小品 ~第14番19:30 フランツ・シューベルト(1797-1828):ピアノソナタ第19番 ハ短調 D.958 ~第4楽章 ※冒頭のみ19:32 シューベルト:冬の旅 D.911(Op.89) ~郵便馬車 ※冒頭のみ19:33 シューベルト:魔王 D.328 Op.1 ※冒頭のみ19:37 シューベルト:ピアノ・ソナタ第19番ハ短調D958 ~第4楽章 フランチェスコ・ピエモンテージ(ピアノ) Pentatone KKC-6272/3 キングインターナショナル19:55 ボブ・チルコット(1955-):ソールズベリー・モテット集 ~第3曲:愛らしいイヴの愛らしい涙 ヴァーサリ・シンガーズ ムリアエル・ダニエルズ(チェロ) サラ・ミストリー(ベル) ジェレミー・バックハウス指揮 マーティン・フォード(オルガン) Naxos 8.574179 ※本の紹介「方丈記」鴨長明著 蜂飼耳訳・解説 光文社古典新訳文庫 ※オンデマンドはこちらへOTTAVA Salone 2020年10月9日(金)林田直樹

台風14号+秋雨前線=大雨が長時間続きます。ご注意を! 10月9日(金)OTTAVA Andante

こんにちは!斎藤茂です平日午後のOTTAVAは「 OTTAVA andante 」アンダンテ、は音楽記号、速度標語で“歩く速さで”という意味 午後の4時間をご一緒に歩いて行きましょう。 台風14号は高知沖を1時間に10キロというジョギング並の速さ(遅さ?)で北に向かっています。台風の進路の前(北側)に秋雨前線があるので、これが刺激されてすでに強い雨になっているところが多いようです。東海、近畿では明日の朝までに多いところで400ミリの降水が予報されています。台風が遠くにあっても大雨への警戒が必要です。お気をつけください。 リクエスト,どうぞお気軽にお寄せください。今日金曜日のアドレスは      ss@ottava.jp 曲目だけでもささっとお書きになってメールしてください。 今日は内容満載!お聴きのがしなく 午後1時 「コロナに負けるな!免疫力を整えるモーツァルト 」 アマデウス20歳の1776年は「機会音楽の年」と呼ばれることがある1年。セレナード、ディヴェルティメントの名曲がたくさん生まれた年ですが、今日からは、愛する姉、ナンネルのために作曲されたフランス風ディヴェルティメント K.251を聴いて行きます。コップいっぱいのお水を飲みながらどうぞ。 午後2時 ニューヨークからゲストを迎えて OTTAVAリスナーの中にもファンが多い、マリンバ、ヴィブラフォン奏者、名倉誠人さんが2年ぶりにご登場です。ニューアルバムは4年ぶりのバッハ・アルバム「バッハ・パラレルズ」。大袈裟な表現ではなく、新しいバッハ体験、音楽体験があなたを待っています。お楽しみに。 名倉さんの「バッハ・パラレルズ」の詳細はこちらから!(スマート・リンク)https://smarturl.it/MakotoNakura (e-onkyo music)https://www.e-onkyo.com/music/album/evsa952sd/ https://www.e-onkyo.com/music/album/evsa952hplsd/ (AWA)https://s.awa.fm/artist/732f57a3a8279af01008?t=1598542152 午後3時 「Harmonic Science~奇跡の自然音」 自然音の持つ「力」が、私たちの身体と心に様々な効能をもたらすことが研究されています。生活に自然音を取り込むことで、例えば・・・ 「会議の時間が20%短くなる」「胎教に有効」「睡眠の質が向上する」「スキンケアに効果がありアンチエイジング対策になる」などの実証が進んでいます。そして自然音の中に身を置くことにより、ストレスが低減し、免疫力が整えられる。新型コロナウィルスと戦える身体を維持するためにも、自然音を生活に取り込むことはは有効です。 自然音(と画像)をご提供いただいているのは、世界各地の自然音の豊富なライブラリーを持つサウンドヒーリング協会。 ※サウンドヒーリング協会についてサウンドヒーリング協会は、音に秘められた力を様々な分野に広め、音で快適な環境づくりや、音を心地よい振動としてとらえ、体の代謝を高めて回復力を活性化するサウンドヒーリングの3つのメソッド(自然音、体感音響、呼吸と声)の普及を目指し、2001年3月に設立された協会です。同協会は、株式会社ジョイファンデーションと提携して、心と体の健康を目的とした講演や様々なワークショップの監修、ヒーリングバイブレーションシステム(小型体感音響システム)を用いたサウンドヒーリング体験会「ハーモニングデイ」などを開催するほか、サウンドヒーリングトリートメントを行うセラピストやファシリテーターの資格認定研修会も開講しています。https://www.sound-healing.jp/effect-and-case.html Nature Sound制作・編集:Healing Garden/ Joy FoundationCreative Produce / Keiichiro KitaField Recording / Satoru Nakada・Takuya MoriEdit& Mix / Team KJR Studio 監修:The Society for Harmonic Science   サウンドヒーリング協会 午後3時台後半には、明日、明後日の2日間開催される「天王洲キャナルフェス2020秋」オンラインで楽しむ「秋フェス」情報をお送りします。 夏フェスに続いてOTTAVA Artistの3人林愛実さん(フルート)、島田優理子さん(ソプラノ)そして長井進之介さん(ピアノ)が明日の午前11時から,そしてゲレン大嶋さんと梶原順さんのユニットcoco←musika(ココムジカ)はフル編成(5人)でやはり午後2時からたっぷりライヴを聴かせてくれる予定。 […]

10月9日(金)、10日(土)二之湯氏と中野氏のカフェトーク

OTTAVA presents 二之湯氏と中野氏のカフェトーク #50  (提供:東方文化支援財団) さる9月10日に行われた番組公開収録イベント「カフェトークSunset Online Party」の模様をお送りしています。50名を超えるゲストが国内外からオンラインで集いました。 出演:オンラインでご参加いただいたゲストの皆さん   二之湯武史   中野善壽                  (2020年9月10日収録) 音楽: 1、09:47 藤本一馬、伊藤志宏:夢占い2,、23:42 ドビュッシー:2つの舞曲〜世俗の踊り 番組では貴方からのご意見、ご感想をお待ちしています。カフェトークに加わりませんか?二之湯さん、中野さんへのご意見、貴方のお考えなど、メールでお寄せください。 アドレスは       nn@ottava.jp お待ちしています。      二之湯 武史(にのゆ たけし)1977年京都市生まれ。京都大学経済学部を卒業後、松下政経塾、稲盛財団で研修。バブル崩壊以降の新たな国家ビジョンを模索するべく、世界各国の文化政策を研究する。起業を経て2013年参議院選挙に初当選。我が国を価値創造型の成熟国家とするべく、文化、スポーツを中心としたクリエイティブ政策や、格差のない分配型資本主義実現に取り組む。現在、文化、アート、教育を中心に、起業家、プロデューサー、大学教授、などマルチに活躍している。東方文化支援財団 理事を務める。 中野 善壽(なかの よしひさ)1967年伊勢丹入社。 1973年婦人服専門店鈴屋に入社し海外事業や商品開発担当、代表取締役専務など歴任。青山ベルコモンズの開設等にも携わる。1992年台湾に移り中国力覇集団百貨店部門代表就任、2002年遠東集団董事長特別顧問及び亜東百貨COO就任。2011年寺田倉庫社長兼CEOとなり、拠点である天王洲アイルをアートの力で独特の雰囲気、文化を感じる街に変身させた。2019年6月に寺田倉庫を退社し、地域や国境を超えた信頼感の醸成をはかり、東方文化を極めたいというビジョンを持つ、東方文化支援財団を設立、代表理事を務める。2020年8月よりスタートバーン株式会社取締役エバンジェリストも兼務。

♪ご存知ですか?本日は色々と“おいしい”日なのです~10月9日(金)OTTAVA Fresca

皆様ごきげんよう。ピアニスト・音楽ライターの長井進之介(sn@ottava.jp)です。 「食欲の秋」まっしぐらな私、毎日モリモリ食べておりますが… 本日10月9日が色々と食べ物に関する日なことを皆様ご存知でしたでしょうか? 実は本日、熟成肉の日にアメリカンドッグの日、さらにマカロンの日にサイコロキャラメルの日、そして仙台牛の日・・・なのだそうです。 見ているだけでお腹がすいてしまうラインナップ!! みなさまは何がお好きですか? 私はどれも大好きなのですが…本日はオススメのマカロンのご紹介などしたいと思っております。いま挙げたものに限らず、せっかく「食欲の秋」ですから皆様のオススメのグルメやスイーツなどございましたら、ぜひメールで教えてください♪ 写真は7年前ミュンヘンで食べたニュルンベルガー・ブラートヴルスト(炭火でカリッと焼き上げられたソーセージ)と、 6年前パリの「ラデュレ」でマカロンを食べたときの写真です。同じ「ラデュレ」でもフランスで食べるのと日本で食べるのでは全然違うのでびっくりした記憶があります…! それでは、本日も3時間を“さわやかに”お過ごしください。 そして、こちらも改めてよろしくお願いいたします!! ↓ 10月10日(土)開催される「天王洲キャナルフェス2020秋」に OTTAVAから林愛実さんと島田優理子さんに長井進之介、そしてゲレン大嶋さん率いる「coco←musika」が出演致します。 詳細はこちら→(http://canalside.or.jp/)でご確認頂けます!! なお、今回も演奏はオンライン配信でお届け致します。ぜひご覧ください!! 出演時間は 11:00~ 林愛実&長井進之介 11:40~ 長井進之介 12:20~ 島田優理子&長井進之介 14:00~ coco←musika で、各25分ステージです!! 何卒よろしくお願い申し上げます!! ★Program★ ♪9:00~ ”Preludio” ”目覚めのお水”のようにさわやかな音楽と共に、一日のはじまりをご一緒致しましょう。 ♪9:30頃~ ”Pavana” 偉大なる作曲家を様々な角度から取り上げつつ、楽曲をお届け致します。 ♪10:10頃~ ”Recitativo” 文学作品の朗読と音楽のコラボレーションで、あなたの朝を少しドラマティックに…。 ♪10:40頃~ ”Intermezzo” 美味しい食べ物、とっておきのアイテムや場所など…“ステキ”のご紹介と共に音楽をお届け致します。 ♪11:20頃~ ”Viaggio” 様々な土地のインフォメーションと楽曲をお届けし、旅行気分を味わって頂きます。