4月から9月までの聴きどころを凝縮した、金曜サローネ総集編~林田直樹(9/25)

林田直樹です。気が付けば半年間、ずっと自宅でリモート制作で番組を作り続けてきました。その間、天王洲が随分遠く感じられたものでした。何しろ埼玉県民ですから、首都封鎖とかステイホームが強く言われていた時期など、本当に通行手形が発行されるんじゃないかとびくびくしていました。しかも録音放送で、1時間+1時間という事実上二つの番組をまとめるのは、正直大変でした。コンピレーションCDを2枚、毎週作っているようなものだったと思います。誇張でなしに、選曲だけで週に二日はかかりました。曲の長さを計算して枠に収めるのは案外難しいのです。気持ちよく聴けるように、初心者にも通にも面白がってもらえるように、しかもトークも面白く、というのは永遠の課題でもあります。 さて、大きな節目を迎えたOTTAVAですが、いつもの23時からの金曜サローネも今回が最後となりました。この半年間、比較的反響の大きかった回、自分でも面白かったと思う回から、新たに選曲し直した総集編といたしました。ごゆっくりお楽しみください。(すでに告知されておりますが、10月からは同じ金曜でも18時からの生番組となります。今後も引き続きお付き合いいただければうれしいです) OTTAVA Salone 2020/9/250:04 ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750):オルゲルビュッヒライン ~ああ、いかにはかなく、いかにむなしき BWV644 塚谷水無子(オルガン) PCD-1810 Pooh’s Hoop (1:24)0:05 同:ミサ曲ロ短調BWV232 ~グローリアより「主なる神、天の王」「世の罪を除きたもう主よ」 イム・スンヘ(ソプラノ) マルクス・シェーファー(テノール) ヘルムート・ミュラー=ブリュール指揮 ケルン室内管弦楽団 ドレスデン室内合唱団 Naxos 8.5557448-49 (5:48/3:23)0:14 同:適正律クラヴィーア曲集第1集 ~第23番ロ長調BWV868 武久源造(チェンバロ) ALCD-1187 ALMrecords/コジマ録音 (1:32/2:42)0:25 ミェチスワフ・ヴァインベルク(1919-96):室内交響曲第1番op.145 ~第4楽章 ロスティスラフ・クリマー指揮 イースト=ウェスト室内管弦楽団 Naxos 8.574063 (3:53)0:30 ヴァージャ・アザラシヴィリ(1936-):ノスタルジー アレクサンダー・スライマン(チェロ) イルマ・イサカーゼ(ピアノ) Naxos 8.579030 (2:48)0:38 ロベルト・シューマン(1810-56):スペインの歌遊びop.74 ~夜/ミンネシュピールop.101 ~確かに太陽は輝く クリスティーネ・リボー(ソプラノ) ヘンリエッテ・ゲッデ(アルト) カイ・クルーゲ(テノール) シュテファン・クレム(バス) クラール・デル・ホルスト(ピアノ) Naxos 8.551381-82 (4:54/2:51)0:46 同:弦楽四重奏曲第1番イ短調op.41-1 ~第2楽章 ジャン=フィリップ・トランプレ(編曲&指揮) モントリオール・プレイヤーズ Naxos 8.570133 (4:10)0:55 フレデリック・ショパン(1810-49):夜想曲第4番ヘ長調op.15-1 トビアス・コッホ(フォルテピアノ、プレイエル1832年製アップライト) Naxos 8.579068 (4:33)※ご紹介した本「ショパン全書簡 1831-1835 パリ時代(上)」ゾフィア・ヘルマン、ズビグニェフ・スコヴロン、ハンナ・ヴルブレフスカ=ストラウス編 関口時正、重川真紀、平岩理恵、西田諭子、木原慎子訳 岩波書店 OTTAVA Salone Plus 2020/9/251:02 セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943):幻想小曲集op.3 ~エレジー変ホ短調 トマシュ・リッテル(ピアノ、1872年製スタインウェイ) Naxos 8.579068 (5:16)1:17 ハインリヒ・イグナツ・フランツ・フォン・ビーバー(1644-1704):ロザリオのソナタ(聖母マリアの15の秘蹟) ~ソナタ第8番「茨の冠」 グナール・レツボール(ヴァイオリン) アルス・アンティクヮ・アウストリア Pan Classics KKC-6182 キングインターナショナル (2:47/4:35)1:24 ジャン=アンリ・ダングルベール(1629-91):組曲第4番ニ長調 ~シャンボニエールの墓 エリザベス・ファー(リュート・クラヴサン) Naxos 8.570472-73 (5:01)1:38 ジョアッキーノ・ロッシーニ(1792-1868):「老いの過ち」第9集 ~前奏曲 ウーゴ・ファヴァーロ(ホルン) アレッサンドロ・マランゴーニ(ピアノ) Naxos 8.573822 (3:30)1:42 同:「老いの過ち」第14集 ~アヴェ・マリア/この甘いくすぐり ジュゼッピーナ・ブリデッリ(メゾソプラノ) アレッサンドロ・マランゴーニ(ピアノ) Naxos 8.573855 (1:15/2:48)1:52 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827):ミサ曲ハ長調op.86 ~アニュス・デイ レイフ・セーゲルスタム指揮 トゥルク・フィル アポシエンシス大聖堂聖歌隊 Naxos 8.574017 (7:58)2:01 フランツ・シューベルト(1797-1828):春に D882 藤村実穂子(メゾソプラノ) ロジャー・ヴィニョーレス(ピアノ) FOCD-9487 フォンテック (4:16) ※オンデマンドでお楽しみいただく方はこちらへ↓OTTAVA Salone Plus 2020年9月25日(金)林田直樹

9月25日(金)OTTAVA jazz 金曜日ラストの放送です

今日は一日中どんよりとした雨模様でしたね。 なので本日の選曲も初秋の雨を連想させるような、まったりと煙るようなイメージで選曲しました。いつもと比べ抑揚を抑えた感じではありますが、しとしと雨模様な時間に寄り添う時間になれば嬉しいです。 さて、すでに発表されているように、この番組「OTTAVA jazz」は9月いっぱいで終了となります。OTTAVAで初のジャズ番組、そしてジャズを専門にした我々JJazz.Netとの、クラシックとジャズのステーション同士のコラボレーションということで、非常にやりがいのある番組でした。 クラシックとも交差する現代の拡張するジャズを中心に選曲。プレゼンターがいるわけではなく選曲のみということで、当初楽しんでいただけているのかどうか不安もありましたが、SNSなどで嬉しい反応をいただき、大変励みになりました。ありがとうございました。 とても名残惜しいですが番組は今日を含め残り4日あります。最後までどうぞお楽しみください。 金曜日の放送は本日でラストとなりますが、金曜日を担当してきましたオカムラは最終日、9/30(水)の番組も担当します。 (オカムラ) 【9月25日(金)OTTAVA jazz OA楽曲】 ■OTTAVA jazz 18:01 間を奏でる : Bluegray road18:07 Hania Rani / Dobrawa Czocher : 前奏曲 ト短調18:11 嶋津健一 : 夢想曲 ~ Traumerei18:17 石若駿 : Asa fet 角銅真実18:22 土井 徳浩 : Children’s Play Song18:27 谷口英治 : It Had To Be You18:31 桃井裕範 : Showers18:40 藤本一馬: flow18:45 Patricia Lobato, Renato Motha : Sunni-e18:51 Andre Mehmari Trio : E Dai18:56 CONVIANO / 雨音色19:04 Ben Wendel : ハイ・ハート19:11 Gregory Privat: Carbetian Rhapsody19:17 Pablo […]

突然の風雨、全国的にご注意ください〜9月25日(金)OTTAVA Andante

こんにちは!斎藤茂です平日午後のOTTAVAは「 OTTAVA andante 」アンダンテ、は音楽記号、速度標語で”歩く速さで”という意味 午後の4時間をご一緒に歩いて行きましょう。皆さんからのリクエストにも随時お応えします。今日金曜日のアドレスは      ss@ottava.jp 曲目だけでもささっとお書きになってリクエストしてください。 9月25日 金曜日の番組は・・・ 午後1時「コロナに負けるな!免疫力を整えるモーツァルト 」アマデウス20歳の1776年は「機会音楽の年」と呼ばれることがある1年。セレナード、ディヴェルティメントの名曲がたくさん生まれた年ですが、今週からはこの年を代表するセレナード、全8楽章からなる「ハフナー・セレナード」を聴いています。コップいっぱいのお水を飲みながらどうぞ。 午後2時 「クラシックギター奏者 福田進一さんが生出演!」いよいよOTTAVA.TVで9月30日(水)配信開始となる『福田進一 ザ・ギターレッスン』今日は福田さんにリモートでご出演いただけることになりました。改めてこのギターレッスン開講への想いを伺います。 OTTAVAホームページで「ザ・ギターレッスンを語る」はもうご覧になりましたか? 午後3時毎月最終金曜日にお送りしているコーナー「シリカのチカラ」。身体を内側から支えてくれる注目の「シリカ水」に注目した30分。株式会社AQuA代表の恒松孝幸さんと”シリカアンバサダー”関本美沙さんが今日も生出演です。 午後4時 Caffe Selectionトラックリストツィアーニ:「ラ・フローラ」 ~アウソニアのラッパストラデルラ:トランペットと弦楽のためのソナタ ニ長調 ~第4楽章J.S.バッハオーボエ・ダ・モーレ協奏曲 ニ長調 BWV.1053 ~第1楽章グラズノフ :チェロと管弦楽のための2つの小品 Op.20 第2番 スペインのセレナード ~第2楽章モーツァルト:ホルン協奏曲第1番 ニ長調 K.412 ~第2楽章ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130 ~第4楽章ガーシュウィン:ヒット・ソング ~アイ・ガット・リズムサン=サーンスピアノ三重奏曲第1番 ヘ長調 Op.18 ~第3楽章 スケルツォ 今日のギャラリーはevergreenさん「横浜スタジアムの近く(関内駅前)だった横浜市庁舎が馬車道駅そばへ移転して3ヶ月くらいになるのですが、市庁舎のビルと桜木町駅をつなぐ長い歩道橋「さくらみらい橋」が先日 開通しました。眺めのいい橋 です。好きな場所がひとつ増えました。こんなところでダラダラと港を眺めて過ごしたい」夜の散歩も良さそうですね? ・・・・・・・・・・・・初級から上級まで、ギターを愛するすべての人に送る「福田進一 ザ・ギターレッスン」いよいよOTTAVA.TVで9月30日(水)配信開始!現在レッスン1〜4の視聴予約を受け付けています。詳細、予約はコチラです https://ottava-plus.myshopify.com/collections/streaming/TV

9/26(土)Bravo Brass

今週の特集は「ユニークアレンジ」特集!一風変わった編曲ものをご紹介!そしてゲストコーナーにインストゥルメンタルバンド・JABBERLOOPのMAKOTOさんにご登場いただきます。リモートゲスト方式でのオザワ部長とのトークをお楽しみください! 後半は2カ月に1回の人気コーナー、株式会社アコード エーユーツーリストpresents、東海大学付属高輪台高校吹奏楽部顧問・畠田貴生先生の「バンドパラダイス」です!高輪台高校吹奏楽部が半年ぶりに開いたコンサート、「夏のふれあいコンサート」での様々な感染症対策、新たな試み、そしてたくさんの吹奏楽ファンの皆さんの情熱…。今回も畠田先生の熱い想いをお送りいたします。「ブラブラな一枚」はイギリスの英国式ブラスバンド、ブラック・ダイク・バンドのアルバム「ラター: ブラスによるアンセム、讃歌とグローリア」です! 10:03’06”M1 アルフレッド・リード / エル・カミーノ・レアル (東海大学付属高輪台高校吹奏楽部) 10:14’45”M2 グスターヴ・ホルスト / バッハ – ジーグ風フーガ(BWV577 による) (オハイオ州立大学ウィンド・シンフォニー) 10:19’32”M3 ジョン・フィリップ・スーザ / マーチ「雷神」 (大統領直属アメリカ海兵隊バンド) 10:21’19”M4 アイラ・ハーシェン / ジョン・フィリップ・スーザの主題による交響曲 II. 雷神 (アメリカ空軍ヘリテージ・オブ・アメリカ・バンド) 10:28’44”M5 ジョン・フィリップ・スーザ(真島俊夫編) / SOUSA’S HOLIDAY「雷神」 (NEC玉川吹奏楽団) 10:33’23”M6 中村八大(福田洋介編) / 上を向いて歩こう in Swing (福岡工業大学附属城東高校吹奏楽部) 10:51’09”M7 Makoto Nagatomo / EYES OF LOVE (JABBERLOOP) 11:01’11”M8 久石譲(金山徹編) / 崖の上のポニョ -Brass Rock ver.- (シエナ・ウインド・オーケストラ) 11:06’48”M9 ピョートル・チャイコフスキー(井澗(いたに)昌樹) / 「白鳥の湖」によるパラフレーズ (土気シビックウインドオーケストラ) 11:14’51”M10 高橋宏樹 / 行進曲「モーツァルトの時間」 (ヤマハ吹奏楽団浜松) 11:34’36”M11 ジョン・ラター / このうるわしき大地に (ブラック・ダイク・バンド) 11:42’16”M12 モデスト・ムソルグスキー / 組曲「展覧会の絵」 4. ビドロ (神奈川大学吹奏楽部) 11:44’46”M13 ジョン・ウィリアムズ(真島俊夫編) / スター・ウォーズ コンサート・セレクション (浜松交響吹奏楽団) 11:55’31”M14 リムスキー=コルサコフ / The Flight Of The Bumble Bee(熊蜂の飛行) (米澤美玖)

明日まで突然の強風に用心が必要です〜9月24日(木)OTTAVA Andante

こんにちは!斎藤茂です平日午後のOTTAVAは「 OTTAVA andante 」アンダンテ、は音楽記号、速度標語で“歩く速さで”という意味 午後の4時間をご一緒に歩いて行きましょう。皆さんからのリクエストにも随時お応えします。今日木曜日のアドレスは      ss@ottava.jp 曲目だけでもささっとお書きになってリクエストしてください。 今日は10月からのOTTAVAの番組編成について発表、ご報告をさせていただきます。 午後1時「コロナに負けるな!免疫力を整えるモーツァルト 」期せずして若き日のアマデウスの名曲探しとなったこのコーナーアマデウス20歳の1776年は「機会音楽の年」と呼ばれることがある1年。セレナード、ディヴェルティメントの名曲がたくさん生まれた年ですが、今週からはいよいよ、この年を代表するセレナード、全8楽章からなる「ハフナー・セレナード」を聴いています。コップいっぱいのお水を飲みながらどうぞ。 午後2時 Caffe Selection Part1 午後3時「Harmonic Science~奇跡の自然音」 自然音の持つ「力」が、私たちの身体と心に様々な効能をもたらすことが研究されています。生活に自然音を取り込むことで、例えば・・・ 「会議の時間が20%短くなる」「胎教に有効」「睡眠の質が向上する」「スキンケアに効果がありアンチエイジング対策になる」などの実証が進んでいます。そして自然音の中に身を置くことにより、ストレスが低減し、免疫力が整えられる。新型コロナウィルスと戦える身体を維持するためにも、自然音を生活に取り込むことはは有効です。 自然音(と画像)をご提供いただいているのは、世界各地の自然音の豊富なライブラリーを持つサウンドヒーリング協会。 ※サウンドヒーリング協会についてサウンドヒーリング協会は、音に秘められた力を様々な分野に広め、音で快適な環境づくりや、音を心地よい振動としてとらえ、体の代謝を高めて回復力を活性化するサウンドヒーリングの3つのメソッド(自然音、体感音響、呼吸と声)の普及を目指し、2001年3月に設立された協会です。同協会は、株式会社ジョイファンデーションと提携して、心と体の健康を目的とした講演や様々なワークショップの監修、ヒーリングバイブレーションシステム(小型体感音響システム)を用いたサウンドヒーリング体験会「ハーモニングデイ」などを開催するほか、サウンドヒーリングトリートメントを行うセラピストやファシリテーターの資格認定研修会も開講しています。https://www.sound-healing.jp/effect-and-case.html Nature Sound制作・編集:Healing Garden/ Joy FoundationCreative Produce / Keiichiro KitaField Recording / Satoru Nakada・Takuya MoriEdit& Mix / Team KJR Studio 監修:The Society for Harmonic Science   サウンドヒーリング協会 午後4時 Caffe Selection Part2 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Caffe Selection トラックリスト 9月24日(木)Part1モーツァルト:ピアノソナタ 第11番 イ長調 K.331「トルコ行進曲付き」 ~第3楽章ボッケリーニ:チェロ協奏曲 第1番 ハ長調 G.477 ~第3楽章J.S.バッハ:カンタータ 第36番「喜びて舞いあがれ」BWV.36~アリア:親愛なる人よ、歓迎しますチャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」Op.20 第2幕 ~白鳥たちの踊り(コーダ)ビゼー:「アルルの女」第1組曲 ~カリヨンドビュッシー(レオン・ローク編):レントより遅くラヴェル :クープランの墓 ~トッカータ 9月24日(木)Part2チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」Op.20 第3幕 ~ナポリの舞曲ビゼー:「カルメン」第2組曲 ~闘牛士の歌ロッシーニ:歌劇「セビリャの理髪師」第1幕 ~おいらは町のなんでも屋サン=サーンス:チェロ・ソナタ 第2番 ヘ長調 Op.123 ~第4楽章フィンジ:花輪をささげよう Op.18(シェイクスピアの詩による)~シルヴィアは誰?モーツァルト:ホルン協奏曲第4番 変ホ長調 K.495 ~第3楽章エルガー:行進曲「威風堂々」Op.39 ~第4番 ト長調 ・・・・・・・・・・・・初級から上級まで、ギターを愛するすべての人に送る「福田進一 […]

9月24日(木)OTTAVA jazz

台風の季節ですね。みなさまお住まいの地域が安全でありますように。 今日はスイング、ファンク、フォーキー、ラテン 及び各地の民族音楽が混じったジャズという流れが見えるように選曲してみました、ジャズという言語を媒介として音楽は素晴らしく広がっているなと思います。この先はどんなアプローチの音楽家が出てくるのでしょうか、とても楽しみです。日本の音楽家もその重要なパートを担っているな、と感じます。どうか応援してあげて欲しいです。 【お知らせ】 4月からスタートしたこの番組「OTTAVA jazz」は今月いっぱいで終了となります。非常に残念ですが、聴いてくださったみなさんどうもありがとうございました。残り1週間あります。最後までどうぞよろしくお願いいたします。 ラジオの仕事は未経験という中での出発でした、選曲もやっと流れを作れるようになってきたかな、次回はもっと狙いを定めて選曲したいな、などやっている中で見えてきた途中での終了、とても残念です。私は自分の仕事を、いい音楽に関わったり、作ったり、それを良い形で人に届けてつないでいく、というテーマでやっています。今回はこのように終わってしまいますが、形を変えてまたお会いできると信じています。それをとても楽しみにしています。音楽に関わる全ての人、当然みなさんも、重要な担い手だと思っています。楽しく一緒に未来を作っていきましょう。(ほしの) 【9月24日(木)OTTAVA jazz OA楽曲】 ■OTTAVA jazz 18:01 New Century Jazz Quintet : Afro Centric18:08 Eldar Djangirov : South Bixel18:16 南博トリオ : Like Someone in love18:22 Patricia Lobato, Renato Motha : Ong Sohong18:28 Dominico cartago : onion18:37 Jesse Forest : 50118:43 Ben Wendel : ハイ・ハート18:50 Petros Klampanis : Chroma19:01 加藤真亜沙 […]

9/24(木)「今夜もウェルネス!」#39(提供:新興和製薬)

「今夜もウェルネス!」#39(提供:新興和製薬)  プレゼンター:松田亜有子(クラシック音楽プロデューサー)  タイトルの”ウェルネス”とは、ヘルス(健康)をベースに もう一段階上の「輝くような、生き生きとした日常」を 指すことば。 今週のゲストはデザイン会社スタジオエイジア代表の伊藤櫻エリーサさん。 イタリア人の父は古代ギリシャ・ローマ美術鑑定家、日本人の母は洋画家、母方の祖父は昭和を代表する文化勲章授章画家(伊藤清永)という環境で、幼少期より数多くのアートに触れながら育った伊藤さん。 伊藤さんの思う「絵画」と「音楽」の違いや、ステイホーム期間に触れた音楽たちのお話。 そして子供たちの貧困を救うNPO法人キッズドアの活動についてもお話しいただきました。 スタジオエイジアHP http://www.studioasia.jp/ NPO法人キッズドアHP https://kidsdoor.net/  番組ではウェルネスを実現するために、松田亜有子さんが 選ぶ「音の美容液」をお楽しみいただくほか、幅広いフィール ドから「ウェルネスな人」をゲストにお招きします。  リクエスト、番組へのご感想はこちらまで ayuko@ottava.jp  プレゼンター・プロフィール松田亜有子 アーモンド株式会社代表取締役。株式会社経営共創基盤   (IGPI)顧問。 活水女子大学音楽学部ピアノ・オルガン学科を首席で卒業後、 長岡市芸術文化振興財団、東京フィルハーモニー交響楽団で 企画・広報を担当。 日本郵政株式会社、株式会社経営共創基盤(IGPI)を経て、  2013年に東京フィルハーモニーに復帰。広報渉外部部長として 「創立100周年記念ワールドツアー」「日韓国交正常化50周年 記念公演」「日中国交正常化45周年記念公演」等で、世界各地 への広報や、主催者・協賛者との交渉を務める。 2018年11月アーモンド株式会社を設立、現任。 著書に「クラシック音楽全史」「クラシック名曲全史」(ダイヤモンド社)