都電荒川線を巡る旅ファイナル!2020年12月21日(月)OTTAVA Andante

こんにちは、森雄一です。日没が早いこの時期、朝の訪れも遅いので大好きなんです。

人によっては、睡眠時間が確保できるということもあるでしょう。私はむしろ逆かな。

夜が長いので、星を見る時間がたっぷり確保できるんです。朝6時に起きても、暗い

東の空に燦然と輝く金星が見られます。日没は午後4時台。間もなく南西に見えるのは

木星と土星のランデヴー。20年周期で木星と土星は近づくとのことですが、今ほど

近い関係になるのは400年ぶりとか!しかも、今夜見えるのが、日本からでは最も近い

のです。見逃したらあかんで~(なぜ関西弁)

ブレブレですが、下が木星、上が土星

近づきすぎてよくわからないかもなので、持っている人は双眼鏡で見てください。

方角は南西です。

本日の生放送、まずは2時台のカフェ・セレクションからご紹介!

モーツァルト:セレナード第13番ト長調 K.525「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」 ~第4楽章

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ短調 Op.131~第5楽章

アルベニス(クリストフ・デジュール編):イベリア(3つのギターのための編曲)第4集~エリターニャ

ショパン:マズルカ 第34番 ハ長調 Op.56-2

ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲 イ長調Op.81 B.155~第3楽章

J.S.バッハ:フルートと通奏低音のためのソナタ第3番 ホ長調 BWV.1035~第4楽章

ヴィヴァルディ:フルート協奏曲 ト短調 Op.10-2「夜」~第2、3、4楽章:妖怪

クラシック音楽が流れる映画は、日本のアニメ作品から2つ。いずれも旧作です。

・幻魔大戦(1983年)

・東京ゴッドファーザーズ(2003年)

3時台にお送りする、東京のローカル列車の旅。都電荒川線(東京さくらトラム)に

揺られる2カ月の旅(笑)、いよいよ最終回。早稲田出発、三ノ輪橋着という30駅の旅。

あ、駅じゃなくて停留場。

荒川線、日暮里・舎人ライナー、一般道路の交わり~

熊野前停留場からスタートして、どこまで行こうかなあ。早稲田を起点にしているので

三ノ輪橋を終点として東進しています。終点に近づくにつれ大きな公園が続きます。

横には墨田川もあるので、北区から荒川区はとても自然あふれるエリアであることが

わかります。

トンボ繁殖にも貢献する尾久の原公園のビオトープ
日暮里・舎人ライナにも立ち寄ります

そろそろ来月の取材も始めなくてはなのですが、コロナウィルス感染者は増えるばかり。

どうしよう・・・特に多くの人が動く年末年始。場合によっては来年1月はやったり

やらなかったりというペースになるかもしれません。ご理解いただけると嬉しいです。

町屋駅前・・・・もう一つ先まで行きましょう

ちなみに、来月は立川を南北に走る多摩モノレールに乗っていこうと思っています。

そういえば、今週はクリスマス。12月に近づくと、各放送局、各番組はこぞって

クリスマスソングをかけまくります。で、いざその日が来ると、力果てていることも(汗)

さすがに今日は大丈夫。リクエストにも応えますよ。曲名指定でお願いします。

メアドは、ym@ottava.jp

今朝の富士山は・・・・雪が日に日に減ってるような・・・・

今日も日没後は木星と土星のランデヴーを楽しもう!