11月26日OTTAVA Andante (15:00〜 スペシャルゲスト 板倉康明さん)

リスナーの皆様、そしてオンデマンドでお楽しみの皆様、ごきげんよう!
OTTAVA andante 木曜日のプレゼンターの林愛実です。

週半ば、”今週もあとちょっと!頑張って♪”と皆様の背中を押せるような、笑顔に、ちょっぴり元気になっていただける様な放送をお届けいたします。


番組後半はクラリネット奏者で指揮者の板倉康明先生のインタビューがございます!
先生の幼少期や、武満徹さんとの接点など普段なかなか聞けないお話も♪

板倉康明 東京生まれ。東京芸術大学附属高校、同大学器楽科卒業。フランス政府給費留学生として渡仏、パリ市立音楽院、パリ国立高等音楽院を卒業。故アンリエット ピュイグーロジェ女史に音楽全般についての薫陶を受ける。在仏中より演奏活動を始め、帰国後は、クラリネットソリストとして数々の作品の初演、オーケストラとの共演、ソロリサイタル、室内楽及び教育等様々な分野で活躍。高い知性と均整のとれた演奏は何れも絶賛されている。海外の音楽祭にも招待されている。クラリネットを、三島勝輔氏、ギィ・ドゥプリュ氏に師事。
また、指揮者としての活動も高い評価を受けていて、意欲的に国内外の現代作品の初演に取り組み、同じく国際的に活動している。演奏家としてのキャリアに立脚した精緻な解釈は高い評価を得ている。第66回、68回と日本音楽コンクール作曲部門本選での演奏及び指揮に対して、コンクール委員会特別賞を受賞。2000年3月、現代音楽の指揮活動に対して第18回中島健蔵賞を受賞。
東京シンフォニエッタ音楽監督。

いやぁ、もう、凄すぎる経歴。

昔からかなり先生の事をリスペクトしている私は、緊張のあまり上手く話せておりませんが…15:00〜、是非お聴きください♪

【11/26おおよそのタイムスケジュール】
13:00-14:00 
*今日の”空を見ながら3曲” 
*天気予報 
*スマイルタイム
*リクエスト、メッセージのご紹介  

14:00-14:30 
*ottava cafe ① 
お喋りはありません  

14:30-15:00 
*今日はなんの日?
ケテルビー命日

15:00-16:00
スペシャルゲスト!
東京シンフォニエッタ
指揮者の板倉康明先生に
ご登場頂きます。

音楽はシンフォニエッタの皆さんの演奏で

湯浅譲二:室内オーケストラのためのプロジェクション

一柳慧:ビトウィーン・スペース・アンド・タイム

をお届け致します。

16:00-16:30 
*ottava cafe ② 
お喋りはありません  

16:30-17:00 
*リクエスト、メッセージのご紹介  

リクエストは↓こちらまで💌 
aimi@ottava.jp

【OTTAVA Cafe Part1】
メンデルスゾーン:無言歌集 ~第37番 ヘ長調 Op.85-1「夢」​
バリオス:我が母への祈り​
パガニーニ:ヴァイオリンとギターのための6つのソナタOp.2 第4番 イ長調 ~第1楽章​
ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 Op.55「英雄」 ~第3楽章(スケルツォ)​
シャブリエ:歌劇「いやいやながらの王様」 ~スラヴ舞曲​
モーツァルト:ホルン協奏曲第4番 変ホ長調 K.495 ~第3楽章​
ドリーブ:バレエ音楽「コッペリア」(全3幕)第3幕 ~ギャロップ・フィナーレ​

【OTTAVA Cafe Part2】
ヘンデル:組曲 第1番 イ長調 HWV 426 ~1:プレリュード​
ゴベール:ギリシア風ディヴェルティメント(2つのフルート、ハープのための)​
フィンジ:夏の前と後 Op.16(ハーディの詩による) ~エペイソディア​
モーツァルト:弦楽五重奏曲 第6番 変ホ長調 K.614 ~第3楽章​
チャイコフスキー:バレエ「眠りの森の美女」Op.66 第3幕:結婚 ~パ・ド・ドゥ(B)アダージョ​
ボロディン:弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調 ~第2楽章​
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第1集 Op.46,B.83 ~第7番 ハ短調