11月12日(木)/11月15日(日)「今夜もウェルネス!」#45(提供:新興和製薬)

「今夜もウェルネス!」#46(提供:新興和製薬) 

プレゼンター:松田亜有子(クラシック音楽プロデューサー)

 タイトルの”ウェルネス”とは、健康をベースに
 もう一段階上の「輝くような、生き生きとした日常」を
 指すことば。

昨今の難しい状況下の中で、待望の来日公演を行っているウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。

11/9のサントリーホールでの演奏を聴いた松田さんが感じた音楽、そして文化に対する情熱。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が聴衆と音楽を共有するために行っている対策とは。

音楽、そして演奏会というものの大切さを熱く語ります。

22:00 ショパン:ワルツ 第7番 嬰ハ短調
22:07 プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 第2、3楽章
22:16 ストラヴィンスキー:バレエ音楽「火の鳥」より 魔王カスチェイの凶悪な踊り、子守歌、終曲

 番組ではウェルネスを実現するために、松田亜有子さんが
 選ぶ「音の美容液」をお楽しみいただくほか、幅広いフィール
 ドから「ウェルネスな人」をゲストにお招きします。

 リクエスト、番組へのご感想はこちらまで
 ayuko@ottava.jp

―ゲストが番組の最後に選んだ「音の美容液」―

・友光曜子さん(メゾ・ソプラノ歌手)/アーン:クロリスに

・渡会裕之さん(群馬交響楽団常務理事兼音楽主幹・ヴァイオリニスト)/ヴィタリ:シャコンヌ

・森田良平さん(九州シティフィルハーモニー室内合奏団コントラバス奏者・プロデューサー、大分県竹田市総合文化ホール『グランツたけた』の音楽企画制作ディレクター)/マンシーニ:映画「ティファニーで朝食を」より ムーン・リバー

・伊藤櫻エリーサさん(デザイン会社スタジオエイジア代表)/プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」より 私のお父さん

・志水静香さん(株式会社ファンリーシュCEO 兼 代表取締役)/ハチャトゥリアン:バレエ「ガイーヌ」より 子守歌

・池口祥司さん(編集者・ライター・天狼院書店編集委員)/ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」第4楽章

・ミカ・ストルツマンさん(マリンバ奏者)/バッハ:シャコンヌ

・MOMOさん(ヴァイオリニスト)/サン=サーンス:組曲「動物の謝肉祭」より 白鳥

・ハラダチエさん(画家)/グリーグ:「ペールギュント」より ソルヴェイグの歌

・中尾友彰さん(りゅーとぴあ新潟市民芸術会館音楽企画・制作)/フランク:ヴァイオリン・ソナタ 第4楽章

・エル・ギブソンさん(俳優)/メシアン:トゥーランガリラ交響曲 第5楽章

・板谷和代さん(タンタビーバ取締役)/ヨハン・シュトラウス2世:美しく青きドナウ

・今井眞一郎さん(ワシントン大学医学部発生生物学部門・医学部門教授)/ストラヴィンスキー:バレエ「火の鳥」

・出井伸之さん(クオンタムリープ株式会社代表取締役ファウンダー&CEO)/ベートーヴェン:交響曲第9番 第4楽章

・田中慶子さん(通訳)/ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」第2楽章

・柴田むつみさん(株式会社ダイヤモンド社書籍編集局第二編集部副編集長)/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 第1楽章

・石丸恭一さん(東京フィルハーモニー交響楽団専務理事 楽団長)/ビゼー:歌劇「カルメン」前奏曲

プレゼンター・プロフィール
松田亜有子
 アーモンド株式会社代表取締役。株式会社経営共創基盤  
 (IGPI)顧問。
 活水女子大学音楽学部ピアノ・オルガン学科を首席で卒業後、
 長岡市芸術文化振興財団、東京フィルハーモニー交響楽団で
 企画・広報を担当。
 日本郵政株式会社、株式会社経営共創基盤(IGPI)を経て、 
 2013年に東京フィルハーモニーに復帰。広報渉外部部長として
 「創立100周年記念ワールドツアー」「日韓国交正常化50周年
 記念公演」「日中国交正常化45周年記念公演」等で、世界各地
 への広報や、主催者・協賛者との交渉を務める。
 2018年11月アーモンド株式会社を設立、現任。