9月10日(木)OTTAVA jazz

ジャズバーでかかっていたアルバムがカッコ良くて、同じものを買って家で聴くと「あれ?なんかそこまででもなくないか?」

と思った経験はありませんか?私は沢山あって笑 圧倒的な熱量の音源のことが多いです。

それは多分再生音量の問題で、適切な音量で再生されないと魅力がガクンと減ってしまうからだと思っています。

東京の一般的な賃貸に住んでいるのですが、大きな音で聴くのは難しい、でもどうにか音楽の魅力をちゃんと味わいたいな、

というのが課題です。ヘッドホンかな。

今日おかけする音楽も少し大きな音で聴いたら違う魅力が見えてくるかもしれません。環境が許す限りやってみてはいかがでしょうか。

(ほしの)

【9月10日(木)OTTAVA jazz OA楽曲】

■OTTAVA jazz

18:01 Minami Hiroshi Go There! : Sea And The Ocean
18:05 加藤真亜沙 : Departure
18:13 類家心平4Piece Band : ATOM
18:19 ENRIQUE RODRIGUEZ : Mantener el Arriba
18:22 Andre Mehmari Trio : Clube da Esquina No. 2 _ Cravo e Canela
18:34 Antonio Loureiro : Caipira
18:40 Ben Wendel : ハイ・ハート
18:46 藤本一馬 : flow
18:51 Camila Meza : Kallfu
18:56 Dos Orientales : Merry Christmas Mt. Lawrence
19:04 Tatiana Parra / Vardan Ovsepian : Hand In Hand
19:09 佐藤浩一 : The Railway Station
19:15 Jon Cowherd : Gateway (feat. Brian Blade, Steve Cardenas & Tony Scherr)
19:23 Giovanni Mirabassi Trio : World Changes
19:34 池田篤 : John’s Jazz Store
19:45 井上銘 : Next Train
19:49 橋爪亮督グループ : The Last Days of Summer
19:56 二重奏(金澤英明 、栗林すみれ) : アイ・ラヴズ・ユー・ポーギー

■OTTAVA jazz plus

20:00 渡辺翔太 : North Bird
20:08 New Century Jazz Quintet : Soul Conversion
20:11 西口明宏 : Was
20:15 David Negrete : Yume o Mireba Wakatteiru
20:22 Ryan Porter  : Strasbourg
20:34 小沼ようすけ : Flyway
20:41 土井 徳浩 : Children’s Play Song
20:46 ピチェヴォ : Take5
20:51 吉本章紘 : Nostalgic Farm
20:58 Marty Holoubek : Body & Soul
21:02 Quique Sinesi : Danza sin fin
21:08 伊藤志宏 3cello variation : ぺんぎんは蝶の夢を見る
21:14 酒井尚子 : 月の花
21:18 大林武司トリオ : WORLD PEACE
21:24 KOKOROKO : Ti-de
21:30 GIL SCOTT-HERON : I’m New Here
21:34 Luca Mannutza Sound Six : Safari
21:43 Scott Kinsey : Near Life Experience
21:49 石若駿 CLNUP4 : Playgroundz
21:55 井上銘STEREO CHAMP : Sarashina

【Monthly Recommend】

■OTTAVA Jazz
Ben Wendel 「ハイ・ハート」
レーベル:コアポート(RPOZ10060)

アメリカ西海岸の人気ジャム・バンドのニーボディの中心人物としても記憶に新しいサックス奏者、Ben Wendelの2年ぶり5枚目の最新オリジナル・アルバム。
キーボードにシャイ・マエストロ、ジェラルド・クレイトン、ベース/ジョー・サンダース、ドラム/ネイト・ウッド、Voice /マイケル・マヨが参加。2019年のNYウィンター・ジャズ・フェスで結成され、以来ライヴを重ねていた新グループとのことで、演奏・錬度の高い楽曲群も納得のクオリティです。マイケル・マヨのボイスが新鮮な響きを与えています。

■OTTAVA Jazz Plus
Ryan Porter 「Strasbourg / St. Denis」
レーベル:rings(RINC66)

カマシ・ワシントンのバンドメンバーでも知られるトロンボーン奏者、ライアン・ポー ターによる、初のライブ・アルバムから。ライアンが師と仰ぎ続けてきた故ロイ・ハーグ ローヴが愛したパリのジャズ・クラブNew Morningで、彼の楽曲からスタートする、エキサイティングな熱気溢れるライブ盤。ということでOTTAVA_JAZZではもちろんこの曲“Strasbourg St. Denis”をレコメンドです。

JJazz.Net(ジェイジャズネット)

ジャズをキーワードにした無料のインターネット・ミュージックステーション。
「SESSION: MUSIC & LIFESTYLE」をテーマに、音楽と暮らしのセッションを展開しています。
現在ナビゲーターとして須永辰緒などが担当、各コンセプトに基づいたジャズの番組をお送りしています。こちらはオンデマンド放送ですので、いつでも好きな時に聴くことができます。ジャズをキーワードにした番組が色々ありますので、是非アクセスしてみて下さい。2020年は開局20周年!

https://www.jjazz.net