閉じる

OTTAVA サロンコンサート

♪♪♪OTTAVA Night vol.13♪♪♪
渡邊智道ピアノリサイタル〜ある天才の生涯


OTTAVAが毎月月末の木曜日に開催しているサロンコンサート「OTTAVA Night」。その会場は都心の便利のよい場所にありながらおちついた雰囲気のよいサロンです。
何かとせわしない月末、くつろぎのひとときを音楽とともお過ごしいただきたい。
回を重ねて13回めとなりました。
11月公演はピアニストの渡邊智道さんをお招きします。

9月に代官山の教会で行われたコンサートは満員御礼の大盛況。内藤晃さんとの2台ピアノでのコンサートや、カテゴリーにとらわれないミュージシャンとの共演など幅広くご活躍されています。
底知れぬ深い輝きを放つ渡邊さんの演奏を実際にご覧になれば、その魅力にとらわれること必至です。
今回の演奏会では曲の合間のお話にもご注目ください。
演奏家の目線で語られるシューマンとは・・・?興味深くお楽しみいただけることでしょう。



OTTAVA Nightシリーズにご縁をいただいたことにつきまして、ここまで導いてくださった全ての皆さまの御尽力に、心から感謝を表明いたします。
音楽における理想の世界、そしてそれを楽器を通して体現するその方法を、一生を賭けて追い求めていく演奏家として、そのロマンティックな作業の一端を紀尾井町サロンという美しい場所で披露出来ることが心から楽しみでなりません。
今回は、ドイツ・ロマン派の真髄を無上のものたらしめた天才、ロベルト・シューマンに焦点を当てました。
遺された祈りの響きを通して、作曲家自身の肖像を現前させることが出来たならば、きっと、巡る時代のそれぞれの風景のなかにそれぞれの形で音楽が息衝き、現代まで語り継がれて来たその理由を、はっきりと示すことが出来るのではないかと思います。
音楽の魔法は確かな形で存在すると、来てくださった皆さまと一緒に確認出来たならば…演奏家として、これ以上の幸せはありません。音楽を、未来永劫不滅のものとする為に。 どうぞ、よろしくお願いいたします。(渡邊智道)

■日時
2018年11月22日(木)
開場 18:30
開演 19:00

■会場
紀尾井町サロンホール
東京都千代田区紀尾井町3-29紀尾井町アークビル1F
http://www.ark-home.jp/hall/access.html

■出演
渡邊智道(ピアノ)
---------
OTTAVA verde 
福田紗瑛(ヴィオラ)

■演奏予定曲
ベートーヴェン ピアノソナタ第28番
シューマン 4つのフーガ
シューマン 最後の幻影による変奏曲
ほか

■入場料
入場料 3,000円(税込/全席自由)
*当日現金での精算となります

■申し込み
下の応募フォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
コンサートの申込はこちら。
申込
■お問い合わせ
OTTAVA サロンコンサート係 s-concert@ottava.jp
電話 03-6712-9434(平日11-18時)


出演者プロフィール

プレゼンター1
渡邊智道 Tomomichi WATANABE
大分県別府市出身。東京芸術大学音楽学部付属音楽高等学校卒業、東京芸術大学卒業。大分にて、ピアノを島岡恵子、中島利恵、塩手美子、木下文葉に、音楽理論を田村陽子に師事。東京にて、2016年まで植田克己に師事。2009年フッペル鳥栖ピアノコンクール第1位、並びに月光賞を受賞。第85回日本音楽コンクール・ピアノ部門において第3位入賞。各地で独奏者、室内楽奏者、伴奏者としての活動を展開すると同時に、作詩、作曲、歌唱、分筆、脚本執筆なども行っている。雁部一浩氏(作曲家、ピアニスト)を代表とする「ピアノ芸術研究会」では、昔の偉大な巨匠たちが体現し、次世代に伝えんとしていた真の芸術としてのピアノ奏法、響きの在り方の追求、復活、伝承を求めて講師としても活動。



プレゼンター2
福田紗瑛 Sae FUKUDA
愛知県岡崎市出身。3歳よりヴァイオリンをはじめ、学部4年次より市坪俊彦氏のもとで本格的にヴィオラを始める。 ヴァイオリンにおいて多数のコンクールで入選、入賞。名古屋市立菊里高等学校音楽科を卒業後、東京藝術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻を経て、現在、同大学院音楽研究科修士課程ヴィオラ専攻に在籍。ヴァイオリンを伊東かおり、北垣紀子、桐山建志、清水高師氏に師事し、室内楽を松原勝也、山崎貴子、市坪俊彦、江口玲各氏に師事。