Salon GVIDO

2017年10月に発売された、世界初の電子楽譜専用端末”GVIDO“が開く、
新しい音楽の可能性を、世界の音楽人たちに発信するレギュラー番組。

program

 番組は毎回、スタジオ、サロン、ホールなどで収録。
 幅広いフィールドから、日本を代表するアーティストが登場し、
 実際にGVIDOを使って、スタジオ・ライブを聴かせてくれます。

 番組プレゼンターは、注目のアーティスト 林そよかさん。
 聴き手を包み込む柔らかな楽曲の作り手にして、多彩な音世界を築くアレンジャー、
 そして確かなテクニックと音楽性を持ったピアニストである彼女が
 ゲストとのトーク、そしてスペシャルな「音楽共演」を毎回聴かせてくれます。

 スタジオ・ライブの模様は動画でも収録し,YouTubeで随時公開。
 他では聴く、観ることのできない特別なサロン・ライブ・プログラムをお楽しみください。

〔コーナー〕
 ・Piano Wonderland~ミニミニアナリーゼ
 ピアノを弾きながら、さまざまな音楽の「ツボ」をお伝えするコーナー。
 難しいクラシック、ジャズがスイスイ楽しめるかも?!

 ・ゲスト
 幅広いフィールドから、日本を代表するアーティストが登場!
 実際にGVIDOを使って、スタジオ・ライブを聴かせてくれます。
 ここだけでしか聴けない林そよかさんとのセッションも乞うご期待!

 ・癒やしのラストソング
 番組のエンディングコーナー。癒やしのピアノ、大人の1曲を聴きながらお別れします。
 このコーナーへのリクエストもお待ちしています。
 salonegvido@ottava.jp までお送りください。

■放送時間
21:00~22:00 林そよか、斎藤茂

【提供】Terrada Music Score
世界初の2画面電子ペーパー楽譜専用端末GVIDOの詳細はこちらから



presenter

hayashi
Photo ©ayane shindo
  《林そよか》
4歳よりピアノ、10歳よりチェロを、中学生の頃より作曲を専門的に学び始める。 ヤマハインターナショナルJOCをはじめ、同ハイライトコンサート、シティコンサート等で自作曲を演奏。 第9回PIARAピアノコンクール全国大会にて最優秀賞及びグランプリ受賞。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、同大学院音楽音響創造分野修了。 卒業時に同声会賞受賞、また大学院修了時に大学院アカンサス音楽 賞受賞。 大学在学中より自身のアレンジとピアノ演奏による『桜ピアノ』『K-POPピアノ』『DIVAピアノ』をはじめ、 姉の林はるか(チェロ)とのユニット“アウラ・ヴェーリス”として、『イマジン〜ピアノとチェロのためのジョン・レノン・クラシックス』 『愛燦々〜チェロとピアノで聴く ひばりメロディー』など多数のCDを日本コロムビアよりリリース。またヴァイオリニスト花井悠希や1966カルテットに楽曲提供、 「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」の楽曲編曲など、作・編曲家として活動するほか、 津軽三味線奏者の吉田兄弟と共に「弦奏」の全国ツアーに出演するなど様々なアーティストと共演、ピアニストとしても活動中。
OFFICIAL WEBSITE

saito   《斎藤茂》
北海道札幌市出身。音楽番組のプロデューサーとして、東京のFM放送局勤務後、独立。 番組、音楽、コンサートなどの制作に携わる。 2007年、開局と同時にOTTAVAのミュージック・ディレクター、2014年OTTAVAゼネラル・マネージャーに就任。