閉じる

News

2017年7月21

「つながる心 つながる力 みんなでつくる復興コンサート2018 supported by KDDI」
開催決定!

2018年3月10日(土)に、第7回となる「つながる心 つながる力 みんなでつくる復興コンサート2018 supported by KDDI」を開催することが決定致しました。
「みんなでつくる復興コンサート」は、KDDI株式会社の特別協賛のもと、2012年から毎年仙台で開催しています。“音楽の力による心の復興”をキーワードに、東日本大震災で被災した方々を応援するコンサートです。演奏は、自らも被災しながら、震災直後から被災された方々のために避難所などで演奏活動を行なってきた、仙台フィルハーモニー管弦楽団。

このコンサートは、単なる「復興コンサート」ではなく、皆様から演奏曲目やゲスト候補を中心にリクエストを募り、内容を決定していく、まさに“みんなでつくる”珍しいスタイルをとっています。

また、このコンサートを聴くために「仙台に集結しよう!仙台フィルにエールを送ろう!」と呼びかけ、被災地に足を運んでもらうことも目的としています。
震災から7年、「つくり続ける」、「忘れない」、「寄添っていく」想いを大切に、 7回目の復興コンサートを開催致します。

本日より、公式サイト「minnadetsukuru.com」では、みなさまからのリクエストの受付をスタートしております。地元・仙台のみならず、全国の皆様の想いが込もった 復興コンサートを共につくって参ります。
皆様のアイディアを、ぜひお寄せください。

コンサート公式サイト:minnadetsukuru.com はこちらから

【コンサート概要】
■コンサートタイトル:
 つながる心 つながる力 みんなでつくる復興コンサート2018 supported by KDDI
■実施日 :2018年3月10日(土)
■実施場所:東北大学百周年記念会館 川内萩ホール
■特別協賛:KDDI株式会社
■主催  :TBSラジオ / TBC東北放送 / 河北新報社
■企画制作:OTTAVA
■協力  :ビデオプロモーション
■演奏  :仙台フィルハーモニー管弦楽団

仙台フィルハーモニー管弦楽団

1973年創立。1983年芥川也寸志が音楽総監督に就任して現在の礎を築き、外山雄三(前音楽監督)が飛躍的に技術を向上させ、パスカル・ヴェロ(現常任指揮者)がアンサンブルにさらに磨きをかけている。
東日本大震災では数ヶ月にわたり活動を中止せざる得ない状態になったが、音楽を被災者のもとに届ける活動を展開し、内外に大きな反響を呼んだ。
本拠地日立システムズホール仙台コンサートホールでの「定期演奏会」、さまざまなジャンルとの共演による「サマーフェスティバル」、宮城県内各地で開催される「マイタウンコンサート」、日本人作曲家を紹介する「日本の現代作曲家」など多彩な公演を繰り広げているほか、文化庁による全国小中学校訪問など年間100回を超える活動を展開している。

一覧へ戻る