閉じる

News

2016年3月21日

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016」会場から生放送を!
クラウドファンディングを始めさせていただきました

5月の3.4.5日、有楽町の東京国際フォーラムを中心に開催される
「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日音楽祭』2016」。
今年は「ナチュール - 自然と音楽」をテーマに、例年にも増して魅力的なプログラムが発表になり、ゴールデンウィークが本当に待ち遠しくなってきました。
この音楽祭の芸術監督、ルネ・マルタンさんから「OTTAVAは “ラ・フォル・ジュルネの相棒” 」と呼んでいただくほど、 2007年の開局以来OTTAVAは一貫して、この音楽祭の魅力をお伝えしてまいりました。
2008年から2013年までは会場から生放送もお届けし、会場にお越しいただけない方々にも、「熱狂」をライヴでお届けしてきました。

しかし、2014年4月1日「休止」を発表、この年放送はありませんでした。

皆さまのおかげで存続が決まり、この年の10月「第2の開局」を宣言させていただいたOTTAVA。
放送を続けていくための資金が不足していたため、コンピレーションCDを連続リリースさせていただいたり、リスナーの皆様に一口5,000円でスポンサーになっていただく「OTTAVA Sponsorship」を募集させていただきました。
CDは3か月連続でソールドアウト!スポンサーシップにも多大なるご支援を頂戴しました。そしてこのご支援を使って、昨年4月、自前のスタジオを設営することが出来たと同時に、「ラ・フォル・ジュルネ2015」の会場で、3日間の公開収録番組を実施させていただきました。

皆さまのおかげで、OTTAVAはラ・フォル・ジュルネに戻ることが出来ました。

ですが、昨年は収録を行った翌日に、その模様を配信するという「録音番組」が精一杯でした。生放送は、機材、回線、スタッフなどなど、収録番組の何倍も、手間と経費が必要だからです。

「来年は生放送を復活してください」

たくさんのリスナーの方々、関係者の方々、演奏家の方々から、期待のメッセージを頂戴しました。
ですが残念ながら、現在の「体力」ではまだ、3日間の生放送を会場からお届けすることは出来ません。今年も録音番組を予定しておりました。
そんな中、「ラ・フォル・ジュルネ」のある関係者の方から
「Motion Gallary(モーションギャラリー)」という、音楽、映画、演劇、アートなどの シーンを応援しているクラウドファンディング・サイトをご紹介いただきました。

モーション・ギャラリーのスタッフの皆さんも、OTTAVAの、そしてリスナーの皆様の願いに共感して下さり、今回、クラウドファンディングを実施させていただくことが決まりました。
ご賛同いただけるOTTAVAリスナーの皆様、
クラシックファン、そしてLFJサポーターの皆様からの応援を お待ちしております !

OTTAVA Motion Gallaryプロジェクトページ
 https://motion-gallery.net/projects/ottava_lfj2016
 (募集金額、お礼の品などの詳細につきましてご案内しております)

一覧へ戻る