閉じる

News

2015年7月16日

みんなでつくる復興コンサート2016開催決定!

 自ら被災しながらも、東日本大震災直後から現在まで、被災された方々のために、さまざまな場所で480回を超える演奏活動を行なっている仙台フィルハーモニー管弦楽団。
 そんな仙台フィルにエールを送ろうと、1年に1度全国から仙台に集まって復興を祈念するコンサート「つながる心 つながる力 みんなでつくる復興コンサートsupported by KDDI」を2012年からこれまでに4回開催してきました。

 そしてこの度、KDDI株式会社のご協力により2016年3月に第5回のコンサートが決定いたしました!

 第5回のコンサートもこれまでと同じように、皆様からアイディアやリクエストを募りコンサートの内容を決めていく「みんなでつくる」コンサートです。
 皆様にご参加、ご応募いただく専用サイトを開設しています。専用サイトでは、アイディアやリクエストのご応募はもちろん、コンサートの最新情報や、仙台フィルからのメッセージがご覧いただけます。ぜひ、専用サイトを活用してコンサートを「つくる」過程にご参加いただき、2016年3月には仙台に集まって、仙台フィルにエールを送りましょう!

仙台フィル

【コンサート概要】
■コンサートタイトル: つながる心 つながる力 みんなでつくる復興コンサート2016 supported by KDDI
■実施日 :2016年3月5日(土)
■実施場所:東北大学百周年記念会館 川内萩ホール
■演奏  :仙台フィルハーモニー管弦楽団
■特別協賛:KDDI株式会社
■主催  :TBSラジオ&コミュニケーションズ / TBC東北放送 / 河北新報社
■企画制作:OTTAVA
■協力  :ビデオプロモーション

<仙台フィルハーモニー管弦楽団>
1973年創立。日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)での定期演奏会(年間9回18公演)をはじめ、東日本エリアを中心に年間約110公演に及ぶ演奏活動を展開。仙台国際音楽コンクールや仙台クラシックフェスティバル(通称「せんくら」)への出演など、本拠地である仙台の音楽文化の振興にも大きく貢献している。2011年3月の大震災後は、「音楽の力による復興センター・東北」と協力して “つながれ心 つながれ力” を掲げて、音楽を被災者のもとに届けながら絆を紡ぐ活動も展開している。それらの活動に対し2011年度エクソンモービル音楽賞洋楽部門本賞と渡邉曉雄音楽基金特別支援を受賞。2013年3月には(独行)国際交流基金の依頼によりロシアで被災地の代表として演奏し、震災後に世界から寄せられた支援への感謝の気持ちと、復興に向かう被災地を音楽の力で支え続ける楽団の姿を伝え、その大役を果たした。 常任指揮者にパスカル・ヴェロ、首席客演指揮者に小泉和裕、ミュージック・パートナーに山田和樹が就任している。

【コンサート特設サイト】
■URL:http://minnadetsukuru.com

【コンサートプロデューサー】

仙台フィル 斎藤茂(OTTAVA)
北海道札幌市出身。音楽番組のプロデューサーとして、東京のFM放送局勤務後、独立。番組、音楽、コンサートなどの制作を行なっている。2007年よりOTTAVAのミュージック・ディレクターを担当。2014年7月からはOTTAVA株式会社ゼネラルマネージャーに就任。

一覧へ戻る