オペラ大好き!『VIVA!OPERA』45月号

プログラム内容

オペラ大好き!『VIVA!OPERA』5月号

 日本、そして世界各地のオペラの最新情報から、気軽にオペラを楽しむツボなどを“月刊”スタイルでお伝えしているオペラ専門番組「オペラ大好き!『VIVA!OPERA』」。
 この番組は、写真と文章で東京を中心にオペラを報道していくサイト「オペラ・エクスプレス」のサポートでお送りしています。
 VIVA! OPERAツアーへの多数のご応募をいただきまして、本当にありがとうございました!抽選に漏れた方は申し訳ございません。
 
 

   

☆VIVA!OPERAツアー 第2弾のご報告と御礼☆

 

 抽選で当選された5名のリスナーさんと一緒に、藤原歌劇団のドニゼッティ《愛の妙薬》公演に行ってきました!小田急新百合ケ丘駅にある馬蹄形の劇場テアトロ・ジーリオ・ショウワでとても楽しいオペラを堪能しました。
 OTTAVAスタジオにゲストに来てくださった高橋薫子さんのアディーナ、村上敏明さんのネモリーノ、素晴らしかったです!!!
 番組内で参加者の皆さんのコメント、そして感想メールをご紹介しています。

  ☆オペラ・エクスプレスに掲載された公演+ツアー・レポートはこちらです。
 

       

《4月のオペラ公演レビュー》

・新国立劇場のマスネ《ウェルテル》。
2016年4月3日(日)~16日(土)
新制作。指揮者、主役歌手が何度か変更になったが、蓋を開けたら良い舞台でした。
《ウェルテル》という作品の良さを味わえた。 ウェルテル役のディミトリー・コルチャック、シャルロット役のエレーナ・マクシモワの主役二人が美男美女のロシア人歌手で声も良く、ソフィー役の砂川涼子など日本人歌手も魅力的でした。
ニコラ・ジョエル演出の舞台は美しく、巨匠ミシェル・プラッソンの息子エマニュエル・プラッソンの指揮は流麗でドラマチックでした。
☆オペラ・エクスプレスの公演レポートはこちらです。

・東京・春・音楽祭 ワーグナー「ニーベルングの指環」 第2日目《ジークフリート》(演奏会形式/字幕・映像付)
2016年4月7日(木)、10日(日)
東京文化会館大ホール
マレク・ヤノフスキがNHK交響楽団を指揮して《ジークフリート》の神演奏が実現! 
歌手も世界の一流歌手が出演し、中でもジークフリート役のアンドレアス・シャーガーはフレッシュな声と役柄に良く合った勇敢な歌いっぷりで高い評価を得ました。
来年の《神々の黄昏》も楽しみです。

《5月以降のプレビュー》

・藤原歌劇団 ドニゼッティ《ドン・パスクワーレ》
7月1(金)、2(土)、3日(日)日生劇場
イタリア・オペラが得意な藤原歌劇団が再びドニゼッティを取り上げます。
☆公演のサイトはこちらです。

・東京二期会 モーツァルト《フィガロの結婚》
2016年7月15日(金)~18日(月・祝)東京文化会館大ホール
宮本亜門演出、サッシャ・ゲッツェル指揮。名舞台がお求めやすい価格で。二期会のスター歌手達が出演。
☆公演のサイトはこちらです。

・ザルツブルク・イースター音楽祭 in JAPAN
 ホール・オペラ®
 ワーグナー:楽劇《ラインの黄金》-舞台祝祭劇「ニーベルングの指環」序夜
   2016年11月18日(金) 、20日(日)サントリーホール
   クリスティアン・ティーレマン指揮の《ラインの黄金》!演奏はシュターツカペレ・ドレスデン。
   5月末メンバーズ・クラブ発売、6月4日一般発売。
   ☆公演サイトはこちらです。

・【日本フィル創立60周年記念】ピエタリ・インキネン首席指揮者就任披露演奏会
 ワーグナー:楽劇《ジークフリート》《神々の黄昏》より抜粋
   2016年9月27日(火)サントリーホール
   リーゼ・リンドストローム(ソプラノ)とサイモン・オニール(テノール)が出演。
   ☆公演サイトはこちらです。

出演者

・井内美香(オペラ・エクスプレス)

 音楽ジャーナリスト。イタリアに20年以上在住し、オペラに関する執筆、通訳、コーディネートの仕事に携わった。現在は東京在住。オペラ写真家の長澤直子と始めたオペラの総合サイト、オペラ・エクスプレス他で執筆中。著書に「バロック・オペラ その時代と作品」(共同執筆/新国立劇場情報センター)がある。

・斎藤茂(OTTAVA)

オンエア楽曲

19:55 マネス  / 歌劇「ウェルテル」第3幕:シャルロットとウェルテル
         ~オシアンの歌「春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか」
28:01 ワーグナー  / 「ラインの黄金」 ~ヴァルハラ城への神々の入城

公式ページ

オペラエクスプレス はこちらから

facebookはこちらから

Twitterはこちらから