OTTAVA Aria from Tennoz TMMT studio

天王洲は、かつて倉庫街、ビジネスエリアとしてのイメージが強かったエリア。しかし、近年は、東側の運河を中心に、レストラン&バー、カフェ、アート・ギャラリーなどが次々とオープンし、 週末にはたくさんの人々で賑わう注目のエリアへと発展を遂げました。静かな水辺には、野鳥や水鳥も多く、ゆったりとした時間の流れを楽しむ大人たちが集う街となっています。 

OTTAVAがサテライト・スタジオを構えているのは、寺田倉庫が所有するボードウォークに面した“TMMT”の一角。TMMTとは、「Tennoz Marche Market Tokyo」を意味する多目的スペースで、オーガニックマルシェ、アンティークマーケットや、カルチャーイベントなど幅広い⽤途で活⽤されています。 

番組では、TMMTの情報はもちろん、天王洲キャナルサイドの「隣人たち」も積極的にご紹介していきます。 

そして、音楽は「Classic Modern」をキーワードに、従来のクラシックに加えてJAZZ・ラテン・ケルト系を始めとするトラッドなども積極的にピックアップ。有名無名を問わず国内外のアーティストがスタジオに登場し、生演奏も披露していただきます。


Presenter

ゲレン大嶋

Gerhen Oshima

三線プレーヤー/作曲家

沖縄系アンビエント・ミュージックのユニット、TINGARAの三線プレイヤーとしてデビュー。その後、沖縄とハワイの音楽を融合するユニット「チュラマナ」で、プロデュース、ソングライティング、三線を担当。現在は、ギタリスト梶原順氏とのユニット「coco←musika」をメインに活動中。