8/30 The Romantic

伊藤悠貴 The Romantic 音楽家の精神性について語り合う 「伊藤悠貴ザ・ロマンティック」#70前回に続いて、番組”準レギュラー”のピアニスト渡邊智道さんとともにお送りする。「音楽家の精神性についてお話しして欲しい」というリスナーの方のリクエストに応えて、音楽家にとって根源的なテーマを二人で語り合います。「演奏という行為は何なのか?」「楽譜の裏側はどのくらい読むべきか?」「作曲の目標とは?」などなど。 —————————————The Romantic「幻想の中でのみ存在しうる現実」を追い求めるロマン主義の思想こそどの時代においても常に芸術が人々の心に留まり続けた証であると思う。その理念を理解し、伝えてゆくことは、現代に生きる我々が成さなければならない使命だ。伊藤悠貴 「あなたにとって、ザ・ロマンティックとは?」(出演順)● 横山幸雄(ピアニスト)「一つのことだけでなく、様々なことに挑戦するライフスタイル」● 倉田澄子(チェリスト/桐朋学園大学特命教授)「大地のような広く大きな心」● 澤和樹(ヴァイオリニスト/東京藝術大学学長)「実現しそうになさそうなことを夢見ること」● 福川伸陽(NHK交響楽団首席ホルニスト)「常に熱い気持ちを持ち続け、若々しくいること」● 金子三勇士(ピアニスト)「熱い情熱を持って、それを心の内側に秘めること」● 藤田真央(ピアニスト)「永遠に夢を追い求めること」● 中村愛/山田磨依(メルコレディ)「良い演奏をする源/好きな場所で好きな音楽に浸りながら、その景色の中に身を置くこと」● 雁部一浩(作曲家)「我々の生きている現実の世界と違ったもう一つの世界」● 渡邊智道(ピアニスト)「芸術という存在そのもの」