「重陽の節句は秋のグルメを考えます。」

皆様おはようございます。 OTTAVA frescaプレゼンターの、本田聖嗣です。 昨日は暑かったですね。天王洲もすっかり夏日でした。 今週後半から、空気が入れ替わって秋の気配が漂う・・との天気予報ですから、 今がちょうど「最後の夏の名残り」なのかもしれません。 ですが、いつもちょっと季節を先取りするプレゼンターの私は、 今日の9時台は、「秋のグルメ」を考えてみます。 そして、昨日9月8日はドヴォルザークの誕生日でした。 彼の作品を3日間にわたって多めにおとどけしています。 稀代のメロディーメーカー、ドヴォルザークは故郷ボヘミアの 美しさや苦悩を、時には民謡を自作にとり入れることをしたりして 個性豊かな作品を作りあげました。 時に悲しげで、どこか懐かしい・・・ とても秋が似合う作曲家だと感じます。 いつものように、頂戴するメールのテーマはいつものように、フリーです。 どんな話題でも結構です。 頂戴したメールは、 私だけでなく、全世界のリスナーさんとシェアさせていただきます。 曲のリクエストもお受けしております。 曲目を直接書いていただいても結構ですし、 「こんな曲を・・」という選曲をお任せいただく、 フレーバーリクエストも大歓迎です。 生放送時間帯以外でもメールは24時間受け付けております。 新しくなったオンデマンド、OTTAVA plusでOTTAVA frescaをお聞きの方も ふるってご参加ください。 アドレスは、プレゼンター本田宛メールアドレス、 sh@ottava.jpまでお送りください 水曜日の9時台は、上記のように、秋の味覚を探ります。 10時台に入りまして、メールをご紹介しつつ、リクエストにもお応えしてゆきます。 それでは、9時の放送開始を今しばらくお待ちください。 本田聖嗣 (写真は、昨日の夏空の天王洲です。紺碧の空でした。)