みんなでつくる復興コンサート2021開催決定!

東北の美しい自然や街並み、多くの尊い命を奪った東日本大震災の発生から、まもなく10年となります。 想像を絶する未曽有の大災害の中、仙台フィルハーモニー管弦楽団は、自ら被災しながらも、避難所や街角などで、被害に遭われた方々に寄り添い演奏活動を続けてきました。 そんな仙台フィルの演奏活動を応援し、2012年より被災地の復興を祈念し続けてきたコンサート「つながる心 つながる力 みんなでつくる復興コンサート」の開催が、今年もKDDI株式会社の特別協賛のもと、決定しました。 このコンサートは、10年に渡ってたくさんの皆さんの応援をいただきながら、「音楽の力による心の復興」をテーマに実施しています。 「つながる心 つながる力 みんなでつくる復興コンサート」は、その名の通りこれまでずっと、ゲストや指揮者、演奏曲目など、コンサートを盛り上げるアイディアを広く募集し、みんなで一緒につくってきました。 公式サイト では、震災から10年の春、仙台フィルの演奏でお聴きになりたい曲の募集をスタートしています。 今回のコンサートは、会場にお越しになることが難しい皆さんのために、オンライン配信も実施する予定です。 「音楽の力」を通じて、仙フィルと共に「復興」への想いを繋いでいくコンサートにぜひあなたもご参加ください。 【コンサート概要】 ■コンサートタイトル:  つながる心 つながる力 みんなでつくる復興コンサート2021 supported by KDDI ■実施日 :2021年3月7日(日) ■実施場所:宮城県名取市文化会館 大ホール ■特別協賛:KDDI株式会社 ■主催    :TBSラジオ / TBC東北放送 / 河北新報社 ■企画制作:OTTAVA ■協力  :ビデオプロモーション ■演奏  :仙台フィルハーモニー管弦楽団 ■公式サイト:https://minnadetsukuru.com/ 仙台フィルハーモニー管弦楽団 仙台フィルは、1973年に「宮城フィルハーモニー管弦楽団」として誕生。1983年4月から芥川也寸志が音楽総監督として現在の礎を築き、外山雄三音楽監督、パスカル・ヴェロ常任指揮者のもとアンサンブルに磨きをかけてきた。2018年度に飯守泰次郎が常任指揮者に就任、さらに音楽的深化を推し進めている。2011年3月11日に東北地方を襲った東日本大震災による影響で、仙台フィルは数ヶ月にわたり演奏活動を中止せざるを得ない状況となったが、「音楽の力による復興センター・東北」と協力し音楽を被災者のもとに届けながら絆をつなぐ活動を行った。 現在、仙台での年間9プログラムの「定期演奏会」のほか、「仙台国際音楽コンクール」「仙台クラシックフェスティバル(せんくら)」でも広く市民に親しまれ、「杜の都」の音楽文化における中心的役割を担っている。

「週末は晴天のおかげで、秋が戻ってきたかのようでした。~11月16日(月)OTTAVA fresca」

皆様おはようございます。 OTTAVAプレゼンターの本田聖嗣です。 立冬を過ぎて、気温的には「冬」を感じるようになってきた東京なのですが、この週末は快晴の気持ちの良い天気がつづき、日中は日光の暖かさに誘われる、秋が戻ってきたような気分でした。関東南部も紅葉が見られるようになったので、お出かけされた方も多かったかと思います。 OTTAVA frescaでは、今朝も、気持ちの良い朝にふさわしいクラシック音楽をチョイスしておとどけします。 今日はヒンデミットの誕生日なので、彼の曲を少し多めにお届けします。 月曜日の9時台は、世界の気になるニュースから。日本も、欧米も、まだまだコロナウィルス対策をして用心しなければならないようです。 そして、10時頃から、いただいたメールをご紹介しつつ、リクエスト曲などを取り混ぜて、お送りします。 メールの話題は、どんなことでも結構です。 いただいたお便りは、全世界のリスナーさんとシェアさせていただきます。 曲のリクエストは、曲目を直接書いていただいても結構ですし、「こんな曲を・・」という選曲をお任せいただく、フレーバーリクエストも大歓迎です。 生放送時間帯以外でもメールは24時間受け付けております。新しくなったオンデマンド、OTTAVA plusでOTTAVA frescaをお聞きの方もふるってご参加ください。 プレゼンター本田宛メールアドレスは、 sh@ottava.jpです。ふるってご参加ください。 それでは、9時の放送開始を今しばらくお待ちください。 本田聖嗣 (写真は、先週に続き、見かけた天王洲の「ちいさな紅葉」です。)

お熱いのがお好き?とは言うけれど・・・2020年11月16日(月)OTTAVA Andante

森雄一です。こんにちは。真夏だったら「暑いと言うな!」、真冬なら 「寒いと言うな!」と親から言われます。季節あるあるですね。秋気分の 今の時期はどうでしょう。場所にも寄りますが、東京でももっぱら「寒い」 と口にする人が多いと思います。私は暑いのも、寒いのも、それほど気に ならないのですが、この時期の乾燥はつらいです。手のひら、指、すべてが 乾燥して、持ったものを落としてしまうのです。このご時世だからこそ、 人前で指をなめるのも気が引けます。スーパーで、肉のパックなどを 小さいビニール袋に入れようと・・・・入れようと・・・・開かない!! あるあるですね~ 今日は寒いからこそ、寒さを楽しもうというテンションの元、サウンド、 トーク内容も「寒い」感じにしようかなと。ギャグはありません。私の 前の人がたっぷりかましていると思うので(笑)。 映画紹介は、見るからに「寒~」という3作品をご紹介します。 ・復活の日(1980年) ・アイガー北壁(2008年) ・南極料理人(2009年) ビジュアルの寒さがそのまま襲い掛かってくる感じでしょうか。未見の 作品があったらどうぞご覧ください。 2時半からのカフェセレクション、ソングリストはこちら~ アルベニス:旅の思い出~海辺にて バリオス:フリア・フロリダ モーツァルト:ディヴェルティメント(ザルツブルク・シンフォニー)第1番 ニ長調K.136~第3楽章 ドリーブ:付随音楽「逸楽の王」古典舞踊の旋律~4 チャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」~ワルツ ヘンデル:メサイア~なぜもろもろの国人は騒ぎ リムスキー=コルサコフ:「雪娘」組曲~道化師(軽業師)の踊り あなたの、さむ~い体験談があったら教えてください。あくまでも、 「季節的」な寒さの内容でお願いしますね。 メールアドレス ym@ottava.j@ でお待ちしています。 3時過ぎから、東京のローカル線に乗りましょう。都電荒川線。 3回目の今回は、大塚まで足を延ばします。 下町を走る荒川線沿線には、お寺や霊園がとてもたくさんあります。 バス感覚で乗り降りできるので、高齢の方には嬉しい乗り物ですよ。 正直、荒川線沿いに住みたいです。毎日これに乗って通勤とか夢ですね。 流し聞きでもいいですからね。たまに気になったことをツイートしたり メールを送ったりで参加してもらえると嬉しいです。