9月29日(火)OTTAVA jazz

火曜日は本日で最後となりました。毎週チェックしてくれた皆様、有難うございました。最後の選曲もいつもと変わりなく(笑)今日の気候や季節に合わせてセレクトしています。OTTAVA_jazzのこの半年を振り返ってみて自分が感じた事といえば・・・クラシックとジャズの親和性・共通項が改めて再発見できたとともに、オンラインストリーミングのラジオとしては、極めて自由で良質なプログラムを発信できた時間。だったのではないでしょうか。少ないトークと心地よい音楽というのがラジオの醍醐味だと思っているので、このようなテーマ・コンセプトで編成を組むことができるOTTAVAさんは凄いなと、番組スタートの際に感じておりました。コロナの影響であいにく生放送という形式途中からできなくなりましたが、内容のクオリティは変わらずお届けできたのではと思っております。半年間ありがとうございました。 TEXT:hiroshima 【9月29日(火)OTTAVA jazz OA楽曲】 ■OTTAVA jazz 18:01 Santiago Beis:Acorda Semente18:05 TORSO:SALT WATER18:09 Ami Fukui Trio:Tropical Paradise18:16 André Mehmari, Chico Pinheiro, Sérgio Santos:Prana Prana18:20 浜崎航 / 片倉真由子:Lotus Blossom18:31 Jesse Forest:Lights Out18:37 Ben Wendel:August18:43 Bert Seager Trio:I Loves You Porgy18:50 Ben Wendel:ハイ・ハート18:58 守家巧:Waiting In Vain 19:05 Tatsuro Yokoyama:she was the sea19:08 Petros Klampanis:Chroma19:16 吉本章紘:Water Drops19:24 桃井裕範:Showers19:33 佐藤浩一:Bird of Passage19:39 須田晶子:Campus Stellae19:46 石田衛:Pinocchio19:52 千葉史絵:Water Drops19:57 永田ジョージ:In the Wee Small Hours of the Morning ■OTTAVA jazz plus […]

9/29(火) OTTAVA Andante

こんにちは。OTTAVA Andante 火曜日担当の島田優理子です。この時間のメールアドレスは yuriko@ottava.jpお聴きになりたい曲がありましたら、ぜひリクエストをお寄せください。 13時 空を見ながら3曲14時 OTTAVA Caffe Selection Part115時 優理子のCiao Opera チャイコフスキー『スペードの女王』16時 OTTAVA Caffe Selection Part2そのほか、随時リクエストにもお応えしてまいります♪ [OTTAVA Caffe Selection Part1]D.スカルラッティ:ピアノソナタ 変ホ長調 K.474, L.203J.S.バッハ(デスパリ編):無伴奏パルティータ 第3番 ホ長調 BWV.1006a ~ルールヴィヴァルディ:フルートソナタ「忠実な羊飼い」第4番 ト長調 Op.13-4 ~第1楽章モーツァルト:ディヴェルティメント(ザルツブルク・シンフォニー)第1番 ニ長調 K.136 ~第3楽章ドヴォルザーク:組曲 イ長調(アメリカ組曲)B.190 Op.98b ~第3曲メンデルスゾーン:弦楽のための交響曲 第9番 ハ長調 ~第3楽章チャイコフスキー:バレエ「眠りの森の美女」 Op.66 プロローグ:命名式 ~踊りの情景カントルーブ:オーヴェルニュの歌 第3集 ~牧場を通っておいで [OTTAVA Caffe Selection Part2]チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」 Op.20 第3幕 ~幕開けの音楽ディーリアス:2つの小品 ~第1番 奇想行進曲ブラームス:セレナード 第1番 ニ長調 Op.11 ~第5楽章ヘンデル:リコーダーソナタ ハ長調 Op.1-7 HWV.365 ~第2楽章J.S.バッハ:フルートと通奏低音のためのソナタ第3番 ホ長調 BWV.1035 ~第4楽章テレマン:ターフェルムジーク(食卓の音楽)第1巻 第3曲 協奏曲 イ長調 ~第3楽章フィンジ:花輪をささげよう Op.18(シェイクスピアの詩による)~恋する若者と娘がいたバッツィーニ:妖精の踊り Op.25 写真はローマで撮影しました。13時半ごろは「天使しばり」でお送りする予定です。

9月最後の放送、つまりはひと時のお別れです 9月29日(火)OTTAVA Salone

森雄一です。先日のEC祭り以降、慌ただしいOTTAVAですが、 10月からはどうなっていくのか、プレゼンターの私自身、とても 楽しみにしています。わくわくの10月を迎えるためには締めが肝心。 9月最後の放送は、鉄トークを軸に、これまでの私の生活してきた 土地土地のことをお話しします。日本で暮らす限り、鉄道がないと いう生活はありません。沖縄でさえモノレールがあります。 レールが作るものは、人の道であり人の生活です。五日の放送でも お話ししましたが「A列車で行こう」というシミュレーションゲーム では、鉄道のレールを敷くことによって街を作っていき目標を達成 します。私たちの暮らすそれぞれの街は、それぞれのゴールを設定し 道を切り拓いているのです。え?クラシック音楽になんの関係が あるのかって?改めて聞かれると困りますねえ(笑)。 ええ、全く関係ないのですが、単に私の趣味の話を取り入れている だけなんです。でも、あなたの生活にも関係すること。身近な話を 通じて、かつクラシック音楽を通じてあなたと私はつながってます。 では、私の担当する最後のサローネ。プラスエディションのソングリスト。 M1. 3’28” トーマス・ピットフィールド/リコーダー協奏曲~第3楽章(8.572503) M2. 7’09” コンラディン・クライツァー/三重奏曲~第3番(8.550645) M3. 11’40” バーデン・パウエル/オサーニャの歌(8.550226) M4. 20’38” リカルド・リョルカ/ヘンデル讃歌(8.573024) M5. 27’42” アルバート・ウィリアム・ケテルビー/ペルシャの市場にて(8.553515)5’31” M6.  37’59” ブルース・ウォロソフ/無言歌集 弦楽四重奏のための18のディヴェルティメント~手紙(8.559663) M7. 41’09” フィリップ・グラス/アクナーテン~踊り(8.554568) M8. 46’45” ジョン・ウィリアムズ/映画「スーパーマン」よりCan You Read My Mind(8.880015) M9. 53’45” マウロ・ジュリアーニ/ギター協奏曲第1番~第1楽章(8.550483) 今さらながら、いわゆる有名クラシックを選んでないなと感じます。 でも、聞いて心地よい音楽というのは、選曲する側としても気を使い かつ自信を持ってオンエアすることができるんです。ゲレン大嶋さんの 影響もあったのか(笑)、ギターサウンドがやっぱり好き。深夜帯は 特になじむんです。今夜の前半についてもギターサウンドちりばめて います。 プラスエディションでは、最後の出演か?AI秘書のみ~子ちゃんと一緒に トークを展開します。NHKのチコちゃんをイメージしたの(パクリじゃ ないんだからね!)ですが、録音だからできた技。生放送ではどうかな? みんなが聞ける11時台は私も一緒に聞きながら、曲ツイをしていきます。 リスナーのリアクションがあると、とっても嬉しい。小さな幸せを毎週 感じられること、本当に尊いと思っています。あなたにもホッとできる 幸せが届けられていたら、来週以降もやる気に繋がります。 そう、10月からは月曜日のアンダンテ、担当となります。林愛実さんから バトンを受け継ぎ、木が一本増えて「ごきげんよう」な放送を目指します。 オンデマンドリスナーの意向も取り入れていきたいと思っているので、 あなたのリクエストをぜひ、送ってください。メールアドレスは放送で 発表します。おそらく、あのアドレスだと思うんですが・・・・

「気候のいい秋にこれからの「移動」を考える。~9月29日(火)OTTAVA fresca」

皆様おはようございます。 OTTAVA frescaプレゼンターの、本田聖嗣です。 昨日月曜日の東京は、気持ちの良い青空がひろがりました。太陽が照りつけても決して暑くならず、理想的な気候でした。こういう心地の良い日々というのは、長く続かなかったりするわけで、秋の日々を満喫したいと思います。 今日も、秋の青空にマッチするクラシック音楽をチョイスしておとどけします。 頂戴するメールのテーマはいつものように、フリーですので、どんな話題でも結構です。日常の話題、自然の話題、食の話題、旅の話題、なんでも大歓迎です。 いただいたメールは、私だけでなく、全世界のリスナーさんとシェアさせていただきます。 曲のリクエストもお受けしております。曲目を直接書いていただいても結構ですし、「こんな曲を・・」という選曲をお任せいただく、フレーバーリクエストも大歓迎です。 生放送時間帯以外でもメールは24時間受け付けております。新しくなったオンデマンド、OTTAVA plusでOTTAVA frescaをお聞きの方もふるってご参加ください。 アドレスは、プレゼンター本田宛メールアドレス、 sh@ottava.jpまでお送りください。 火曜日の9時台は、旅に思いを馳せる時間。2020年は、コロナの影響で、「移動」の概念が変わりました。しかし、旅も日常も、人間にとって移動は本能のようなものでもあります。これからの「新しい移動」を、「移動しないこと」も合わせて考えていきたいと思います。 10時台に入りまして、メールをご紹介しつつ、リクエストにもお応えしてゆきます。 それでは、9時の放送開始を今しばらくお待ちください。 本田聖嗣 (写真は、昨日の秋の晴天が広がる天王洲の風景です。) おまけ 新型コロナウィルスの影響で、私も演奏家としての舞台が、大変減少しておりますが、動画の中で、演奏したり、またはOTTAVAのようにインタビューアー、プレゼンターをつとめさせて頂いております。お時間があれば、ぜひ御覧ください。 1.「アートにエールを!」東京プロジェクト  「小さなドビュッシーコンサート」:https://cheerforart.jp/detail/2014 2.東京コンサーツが制作する動画によるコンサート:トーコン・ミュージック・チャンネル。 最新作が公開となりました。3本目の今回は、いつものトーキョー・コンサーツ・ラボ(早稲田)を飛び出して、武蔵野市民文化会館にお邪魔し、オルガニストの松居直美さんにインタビューをさせていただきました。オール・バッハ・プログラムhttps://tocon20200926.peatix.com/と、中世の音楽からバルトークまでの幅広いプログラムを演奏していただいたhttps://peatix.com/event/1638667、興味深い2本の動画が配信となっております。