4月から9月までの聴きどころを凝縮した、金曜サローネ総集編~林田直樹(9/25)

林田直樹です。気が付けば半年間、ずっと自宅でリモート制作で番組を作り続けてきました。その間、天王洲が随分遠く感じられたものでした。何しろ埼玉県民ですから、首都封鎖とかステイホームが強く言われていた時期など、本当に通行手形が発行されるんじゃないかとびくびくしていました。しかも録音放送で、1時間+1時間という事実上二つの番組をまとめるのは、正直大変でした。コンピレーションCDを2枚、毎週作っているようなものだったと思います。誇張でなしに、選曲だけで週に二日はかかりました。曲の長さを計算して枠に収めるのは案外難しいのです。気持ちよく聴けるように、初心者にも通にも面白がってもらえるように、しかもトークも面白く、というのは永遠の課題でもあります。 さて、大きな節目を迎えたOTTAVAですが、いつもの23時からの金曜サローネも今回が最後となりました。この半年間、比較的反響の大きかった回、自分でも面白かったと思う回から、新たに選曲し直した総集編といたしました。ごゆっくりお楽しみください。(すでに告知されておりますが、10月からは同じ金曜でも18時からの生番組となります。今後も引き続きお付き合いいただければうれしいです) OTTAVA Salone 2020/9/250:04 ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750):オルゲルビュッヒライン ~ああ、いかにはかなく、いかにむなしき BWV644 塚谷水無子(オルガン) PCD-1810 Pooh’s Hoop (1:24)0:05 同:ミサ曲ロ短調BWV232 ~グローリアより「主なる神、天の王」「世の罪を除きたもう主よ」 イム・スンヘ(ソプラノ) マルクス・シェーファー(テノール) ヘルムート・ミュラー=ブリュール指揮 ケルン室内管弦楽団 ドレスデン室内合唱団 Naxos 8.5557448-49 (5:48/3:23)0:14 同:適正律クラヴィーア曲集第1集 ~第23番ロ長調BWV868 武久源造(チェンバロ) ALCD-1187 ALMrecords/コジマ録音 (1:32/2:42)0:25 ミェチスワフ・ヴァインベルク(1919-96):室内交響曲第1番op.145 ~第4楽章 ロスティスラフ・クリマー指揮 イースト=ウェスト室内管弦楽団 Naxos 8.574063 (3:53)0:30 ヴァージャ・アザラシヴィリ(1936-):ノスタルジー アレクサンダー・スライマン(チェロ) イルマ・イサカーゼ(ピアノ) Naxos 8.579030 (2:48)0:38 ロベルト・シューマン(1810-56):スペインの歌遊びop.74 ~夜/ミンネシュピールop.101 ~確かに太陽は輝く クリスティーネ・リボー(ソプラノ) ヘンリエッテ・ゲッデ(アルト) カイ・クルーゲ(テノール) シュテファン・クレム(バス) クラール・デル・ホルスト(ピアノ) Naxos 8.551381-82 (4:54/2:51)0:46 同:弦楽四重奏曲第1番イ短調op.41-1 ~第2楽章 ジャン=フィリップ・トランプレ(編曲&指揮) モントリオール・プレイヤーズ Naxos 8.570133 (4:10)0:55 フレデリック・ショパン(1810-49):夜想曲第4番ヘ長調op.15-1 トビアス・コッホ(フォルテピアノ、プレイエル1832年製アップライト) Naxos 8.579068 (4:33)※ご紹介した本「ショパン全書簡 1831-1835 パリ時代(上)」ゾフィア・ヘルマン、ズビグニェフ・スコヴロン、ハンナ・ヴルブレフスカ=ストラウス編 関口時正、重川真紀、平岩理恵、西田諭子、木原慎子訳 岩波書店 OTTAVA Salone Plus 2020/9/251:02 セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943):幻想小曲集op.3 ~エレジー変ホ短調 トマシュ・リッテル(ピアノ、1872年製スタインウェイ) Naxos 8.579068 (5:16)1:17 ハインリヒ・イグナツ・フランツ・フォン・ビーバー(1644-1704):ロザリオのソナタ(聖母マリアの15の秘蹟) ~ソナタ第8番「茨の冠」 グナール・レツボール(ヴァイオリン) アルス・アンティクヮ・アウストリア Pan Classics KKC-6182 キングインターナショナル (2:47/4:35)1:24 ジャン=アンリ・ダングルベール(1629-91):組曲第4番ニ長調 ~シャンボニエールの墓 エリザベス・ファー(リュート・クラヴサン) Naxos 8.570472-73 (5:01)1:38 ジョアッキーノ・ロッシーニ(1792-1868):「老いの過ち」第9集 ~前奏曲 ウーゴ・ファヴァーロ(ホルン) アレッサンドロ・マランゴーニ(ピアノ) Naxos 8.573822 (3:30)1:42 同:「老いの過ち」第14集 ~アヴェ・マリア/この甘いくすぐり ジュゼッピーナ・ブリデッリ(メゾソプラノ) アレッサンドロ・マランゴーニ(ピアノ) Naxos 8.573855 (1:15/2:48)1:52 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827):ミサ曲ハ長調op.86 ~アニュス・デイ レイフ・セーゲルスタム指揮 トゥルク・フィル アポシエンシス大聖堂聖歌隊 Naxos 8.574017 (7:58)2:01 フランツ・シューベルト(1797-1828):春に D882 藤村実穂子(メゾソプラノ) ロジャー・ヴィニョーレス(ピアノ) FOCD-9487 フォンテック (4:16) ※オンデマンドでお楽しみいただく方はこちらへ↓OTTAVA Salone Plus 2020年9月25日(金)林田直樹

9月25日(金)OTTAVA jazz 金曜日ラストの放送です

今日は一日中どんよりとした雨模様でしたね。 なので本日の選曲も初秋の雨を連想させるような、まったりと煙るようなイメージで選曲しました。いつもと比べ抑揚を抑えた感じではありますが、しとしと雨模様な時間に寄り添う時間になれば嬉しいです。 さて、すでに発表されているように、この番組「OTTAVA jazz」は9月いっぱいで終了となります。OTTAVAで初のジャズ番組、そしてジャズを専門にした我々JJazz.Netとの、クラシックとジャズのステーション同士のコラボレーションということで、非常にやりがいのある番組でした。 クラシックとも交差する現代の拡張するジャズを中心に選曲。プレゼンターがいるわけではなく選曲のみということで、当初楽しんでいただけているのかどうか不安もありましたが、SNSなどで嬉しい反応をいただき、大変励みになりました。ありがとうございました。 とても名残惜しいですが番組は今日を含め残り4日あります。最後までどうぞお楽しみください。 金曜日の放送は本日でラストとなりますが、金曜日を担当してきましたオカムラは最終日、9/30(水)の番組も担当します。 (オカムラ) 【9月25日(金)OTTAVA jazz OA楽曲】 ■OTTAVA jazz 18:01 間を奏でる : Bluegray road18:07 Hania Rani / Dobrawa Czocher : 前奏曲 ト短調18:11 嶋津健一 : 夢想曲 ~ Traumerei18:17 石若駿 : Asa fet 角銅真実18:22 土井 徳浩 : Children’s Play Song18:27 谷口英治 : It Had To Be You18:31 桃井裕範 : Showers18:40 藤本一馬: flow18:45 Patricia Lobato, Renato Motha : Sunni-e18:51 Andre Mehmari Trio : E Dai18:56 CONVIANO / 雨音色19:04 Ben Wendel : ハイ・ハート19:11 Gregory Privat: Carbetian Rhapsody19:17 Pablo […]

突然の風雨、全国的にご注意ください〜9月25日(金)OTTAVA Andante

こんにちは!斎藤茂です平日午後のOTTAVAは「 OTTAVA andante 」アンダンテ、は音楽記号、速度標語で”歩く速さで”という意味 午後の4時間をご一緒に歩いて行きましょう。皆さんからのリクエストにも随時お応えします。今日金曜日のアドレスは      ss@ottava.jp 曲目だけでもささっとお書きになってリクエストしてください。 9月25日 金曜日の番組は・・・ 午後1時「コロナに負けるな!免疫力を整えるモーツァルト 」アマデウス20歳の1776年は「機会音楽の年」と呼ばれることがある1年。セレナード、ディヴェルティメントの名曲がたくさん生まれた年ですが、今週からはこの年を代表するセレナード、全8楽章からなる「ハフナー・セレナード」を聴いています。コップいっぱいのお水を飲みながらどうぞ。 午後2時 「クラシックギター奏者 福田進一さんが生出演!」いよいよOTTAVA.TVで9月30日(水)配信開始となる『福田進一 ザ・ギターレッスン』今日は福田さんにリモートでご出演いただけることになりました。改めてこのギターレッスン開講への想いを伺います。 OTTAVAホームページで「ザ・ギターレッスンを語る」はもうご覧になりましたか? 午後3時毎月最終金曜日にお送りしているコーナー「シリカのチカラ」。身体を内側から支えてくれる注目の「シリカ水」に注目した30分。株式会社AQuA代表の恒松孝幸さんと”シリカアンバサダー”関本美沙さんが今日も生出演です。 午後4時 Caffe Selectionトラックリストツィアーニ:「ラ・フローラ」 ~アウソニアのラッパストラデルラ:トランペットと弦楽のためのソナタ ニ長調 ~第4楽章J.S.バッハオーボエ・ダ・モーレ協奏曲 ニ長調 BWV.1053 ~第1楽章グラズノフ :チェロと管弦楽のための2つの小品 Op.20 第2番 スペインのセレナード ~第2楽章モーツァルト:ホルン協奏曲第1番 ニ長調 K.412 ~第2楽章ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130 ~第4楽章ガーシュウィン:ヒット・ソング ~アイ・ガット・リズムサン=サーンスピアノ三重奏曲第1番 ヘ長調 Op.18 ~第3楽章 スケルツォ 今日のギャラリーはevergreenさん「横浜スタジアムの近く(関内駅前)だった横浜市庁舎が馬車道駅そばへ移転して3ヶ月くらいになるのですが、市庁舎のビルと桜木町駅をつなぐ長い歩道橋「さくらみらい橋」が先日 開通しました。眺めのいい橋 です。好きな場所がひとつ増えました。こんなところでダラダラと港を眺めて過ごしたい」夜の散歩も良さそうですね? ・・・・・・・・・・・・初級から上級まで、ギターを愛するすべての人に送る「福田進一 ザ・ギターレッスン」いよいよOTTAVA.TVで9月30日(水)配信開始!現在レッスン1〜4の視聴予約を受け付けています。詳細、予約はコチラです https://ottava-plus.myshopify.com/collections/streaming/TV

9月25日(金)、26日(土)二之湯氏と中野氏のカフェトーク

OTTAVA presents 二之湯氏と中野氏のカフェトーク #48    (提供:東方文化支援財団) 今週から、去る9月10日に開催された番組公開収録イベント「カフェトークSunset Online Party」の模様をお送りします。 出演:二之湯武史   中野善壽     演奏:あいのね (フルート:林愛実、ピアノ:兵頭愛美) 音楽 1, 00:48 角野寿和・青葉鉱季:365日の紙飛行機 (演奏:あいのね ) 2, 16:14 ピアソラ:リベルタンゴ (演奏:あいのね ) 番組では貴方からのご意見、ご感想をお待ちしています。カフェトークに加わりませんか?二之湯さん、中野さんへのご意見、貴方のお考えなど、メールでお寄せください。 アドレスは nn@ottava.jp お待ちしています。 二之湯 武史(にのゆ たけし)1977年京都市生まれ。京都大学経済学部を卒業後、松下政経塾、稲盛財団で研修。バブル崩壊以降の新たな国家ビジョンを模索するべく、世界各国の文化政策を研究する。起業を経て2013年参議院選挙に初当選。我が国を価値創造型の成熟国家とするべく、文化、スポーツを中心としたクリエイティブ政策や、格差のない分配型資本主義実現に取り組む。現在、文化、アート、教育を中心に、起業家、プロデューサー、大学教授、などマルチに活躍している。東方文化支援財団 理事を務める。 中野 善壽(なかの よしひさ)1967年伊勢丹入社。 1973年婦人服専門店鈴屋に入社し海外事業や商品開発担当、代表取締役専務など歴任。青山ベルコモンズの開設等にも携わる。1992年台湾に移り中国力覇集団百貨店部門代表就任、2002年遠東集団董事長特別顧問及び亜東百貨COO就任。2011年寺田倉庫社長兼CEOとなり、拠点である天王洲アイルをアートの力で独特の雰囲気、文化を感じる街に変身させた。2019年6月に寺田倉庫を退社し、地域や国境を超えた信頼感の醸成をはかり、東方文化を極めたいというビジョンを持つ、東方文化支援財団を設立、代表理事を務める。 2020年8月よりスタートバーン株式会社取締役エバンジェリストも兼務。

♪気を引き締めて~9月25日(金)OTTAVA Fresca

皆様ごきげんよう。ピアニスト・音楽ライターの長井進之介です。 昨日の「Viaggio」コーナーではケルンをご紹介しました。 本日は、そこから列車で行けてしまう外国、ベルギー・ブリュッセルへと参りましょう。 実は行きたかったのですが結局行けなかった憧れの場所なのです。 なのでそんな想いも込めて…。もし行かれたことがある、という方は、 オススメ情報をぜひメールでお送りください!! この写真はケルンの音大の前で撮ってもらいました。 放送でお話しました通り、ケルンに向かう深夜バスの中で眼鏡を失くしまして、 せっかくの観光なのに、ぼやけた視界でケルンを歩き回るという残念な状態でした…笑。 いよいよ来週から10月。2020年のラストスパート、気を引き締めていかなければ!! ちなみにこれは5年前の写真です。あんまり変わらないつもりでいたけどやっぱり若い…涙。 それでは、本日も3時間を“さわやかに”お過ごしください。 ★Program★ ♪9:00~ ”Preludio” ”目覚めのお水”のようにさわやかな音楽と共に、一日のはじまりをご一緒致しましょう。 ♪9:20頃~ ”Pavana” 偉大なる作曲家を様々な角度から取り上げつつ、楽曲をお届け致します。 ♪10:00頃~ ”Recitativo” 文学作品の朗読と音楽のコラボレーションで、あなたの朝を少しドラマティックに…。 ♪10:40頃~ ”Intermezzo” 美味しい食べ物、とっておきのアイテムや場所など…“ステキ”のご紹介と共に音楽をお届け致します。 ♪11:20頃~ ”Viaggio” 様々な場所を訪れる気分を味わって頂きつつ、その場所ならではのインフォメーションと楽曲をお届けします。