テーマは「東へ」~9/18(金)林田サローネ

林田直樹です。中央ヨーロッパを起点に、東へと旅をするイメージで選曲しました。聴きどころは、オンデマンド購入者のみが聴ける後半分での、バルトークのあとにかかるアラブ歌謡と山田耕筰です。人気作曲家の作品や、実力派演奏家の新譜からバランス良くご紹介しつつ、遠くへと旅するような選曲とトークをお楽しみください。番組宛のメールは、nh@ottava.jp まで。シェフのお任せ幕の内弁当(限られた小さなスペースにぎっしり詰め込むという意味です)ゆえ、リクエストにはお答えしていませんが、「聴いてます」と一言だけでもいただけるとうれしいです! OTTAVA Salone 2020/9/18 23:00-24:00 無料放送分(オンデマンドは有料)0:02 作者不詳(13世紀ドイツ):クロノスは閉じ込められた アンサンブル・ユニコーン、アンサンブル・オニ・ウィルタス Naxos 8.554837 (3:07)0:05 ヨハン・ヤーコプ・フローベルガー(1616-67):トッカータ第2番ニ短調 渡邊順生(チェンバロ) ALCD-1159 ALMrecords/コジマ録音 (3:09)0:12 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-91):オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」 ~いとしき人の愛のそよ風は(ヨハン・ヴェント編) ヴォルフガング・シュルツ(フルート) ウィーン・フィルハーモニア三重奏団 CMCD-28124 カメラータ・トウキョウ (2:26)0:15 フレデリック・ショパン(1810-49):ノクターン第18番ホ長調op.62-2 務川慧悟(ピアノ) ALCD-7253 ALMrecords/コジマ録音 (7:00)0:28 フランツ・リスト(1811-1886):ハンガリー狂詩曲第2番S.244-2 上岡敏之指揮 新日本フィル Exton OVCL-00647 オクタヴィアレコード (11:02)0:42 ファジル・サイ(1970-):ヴァイオリン・ソナタ第2番「イダ山(カズ山)」op.82 ~第2楽章「傷ついた鳥」、第3楽章「希望の儀式」 フリーデマン・アイヒホルン(ヴァイオリン) ファジル・サイ(ピアノ) NYCX-10157 ナクソス・ジャパン (6:40/6:12)0:57 ヨハン・シュトラウス2世(1825-99):ワルツ「南国のばら」op.388(エーリヒ・カウフマン編) アンサンブル・ウィーン CMCD-28328 カメラータ・トウキョウ (8:11)※紹介した本「傷魂 忘れられない従軍の体験」宮澤縦一著 冨山房インターナショナル OTTAVA Salone Plus 2020/9/18 (オンデマンド購入者のみが聴ける後半分)1:08 アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904):交響曲第9番ホ短調op.95「新世界より」 ~第3楽章 飯守泰次郎指揮 仙台フィル FOCD-9807 フォンテック (7:36)1:24 バルトーク・ベーラ(1881-1945):10の易しい小品 BB51(Sz39) ~農民のうた/じわじわした苦しみ、7つのスケッチop.9b BB54(Sz44) ~第5曲「ルーマニア民謡」 高橋悠治(ピアノ) FOCD-9427 フォンテック (1:01/1:27/1:00)1:34 同:ルーマニア民族舞曲 棒の踊り/飾り帯の踊り/足踏み踊り/ブチュムの踊り/ルーマニア風ポルカ/速い踊り 澤菜穂子(ヴァイオリン) 松田弦(ギター) Exton OVCL-00708 オクタヴィアレコード (1:35/0:33/1:32/1:31/0:32/1:06)1:42 ムハンマド・アル・カサブジ(1892-1966):なぜ離れているの/不屈なる瞳の輝き アスマハーン(歌) 「アスマハーン/アラブの花 伝説の歌姫~録音集」より ビーンズ・レコード BNSCD-925 アオラコーポレーション (6:06/5:48)1:58 山田耕筰(1886-1965):かえろかえろと/赤とんぼ 平山美智子(ソプラノ) 高橋アキ(ピアノ) CMCD-28317 カメラータ・トウキョウ (2:46/2:40) ※オンデマンドはこちらからOTTAVA Salone Plus 2020年9月18日(金)林田直樹

9月18日(金)OTTAVA jazz Ryan Porter特集

やっと涼しく。。。と思いきや今日の東京は一日中蒸し暑かったですね。 さて先日久しぶりにジャズクラブに足を運びました。生で体感するライブが最高なのはもちろんですが、お店のスタッフと何気ない会話をしたり、久しぶりに会う人がいたり、ライブの後でミュージシャンに演奏の感想を伝えたり、とそれも含めてライブの醍醐味だなと改めて感じました。 そんなライブといえば、今月の「OTTAVA jazz plus」のマンスリーレコメンドはトロンボーン奏者、ライアン・ポー ター初のライブ・アルバム『LIVE AT NEW MORNING, PARIS』より「Strasbourg St. Denis」をピックアップしています。 ご存知の方も多いと思いますがこの曲は、ジャズとヒップホップやR&Bとの融合をいち早く取り入れていた、故Roy Hargroveの代表曲。 ライアン・ポーターの『LIVE AT NEW MORNING, PARIS』は彼が師と仰ぎ続けてきたそのロイ・ハーグローヴが愛したパリのジャズ・クラブNew Morningで収録したライブ作品。ロイ・ハーグローヴに魅せられてきた僕らもかなりシンパシーを感じている作品です。 本日21時台にはこのライブアルバムより3曲続けてお送りします。パリのジャズクラブの臨場感もばっちり感じられます。ジャズライブのひとときをどうぞ。 金曜日担当はオカムラでした。 【9月18日(金)OTTAVA jazz OA楽曲】 ■OTTAVA jazz 18:01 佐藤芳明 / 伊藤志宏 : 夢幻舞踏組曲 III 滲む18:05 中島ノブユキ: 忘れかけた面影18:08 須田晶子: Campus Stellae18:16 Tatiana Parra / Vardan Ovsepian : Hand In Hand18:22 Isabella Lundgren : Isn’t it romantic18:26 […]

林田直樹さんのスペシャルレポートも! 〜9月18日(金)OTTAVA Andante

こんにちは!斎藤茂です平日午後のOTTAVAは「 OTTAVA andante 」アンダンテ、は音楽記号、速度標語で“歩く速さで”という意味 午後の4時間をご一緒に歩いて行きましょう。皆さんからのリクエストにも随時お応えします。今日金曜日のアドレスは      ss@ottava.jp 曲目だけでもささっとお書きになってリクエストしてください。 9月18日 金曜日の番組は… 午後1時「コロナに負けるな!免疫力を整えるモーツァルト 」期せずして若き日のアマデウスの名曲探しとなったこのコーナーアマデウス20歳の1776年は「機会音楽の年」と呼ばれることがある1年。セレナード、ディヴェルティメントの名曲がたくさん生まれた年ですが、今週は「ハフナー」とともにこの年を代表する名曲「ロドロン・セレナード」を聴いています。。コップいっぱいのお水を飲みながらどうぞ。 午後2時 Caffe Selection 午後3時毎週金曜日は「OTTAVA Presentsプレイバック」今日は今月から毎週月曜日の午後10時にお送りしている「福田進一 6弦上のアリア」日本が世界に誇るクラシック・ギター奏者 福田進一さんがプレゼンターを担当するOTTAVA初のギター音楽専門番組です。記念すべき第1回放送分をプレイバック!https://ottava.jp/program/ottava-presents 午後4時からはスペシャルです。林田直樹さんが東京オペラシティのリハーサル室から生レポート!来週の月曜日9月21日に成城ホールで行われる注目の公演「アラウンド・ザ・ピアノー児玉麻里&菊池洋子 2台ピアノの響演」にご出演のお二人、ピアニストの児玉麻里さん、菊池洋子さんにインタビュー!2台ピアノを全方位から取り囲んで聴く「アラウンド・ザ・ピアノ」が体験できるこのコンサートについてのレポート、お楽しみに。https://www.setagayamusic-pd.com/event/2955.html 今夜のギャラリーはちゅりっぴーにさんからのお写真(先週いただいていたものです)。「水曜日から稲武(いなぶ、愛知県)で古文書を読んでいます。稲武での楽しみは、近所の「ヒトトキ」でのランチ♡麹鶏のカツ、冷たいトマトのスープ、切り干し大根ときゅうりのあえもの、白あえサラダなどなどめちゃくちゃ美味しいのでありまする…と自慢」 すぐにでも行きたい! Caffe Selection トラックリスト 9月18日(金)ヴァイス:リュートソナタ 第2番 ニ長調 ~ジグJ.C.F.バッハ(ヨハン・クリストフ・フリードリッヒ):鍵盤楽器のための協奏曲 変ホ長調 YC90 ~第3楽章レスピーギ:リュートのための古い舞曲とアリア 第1組曲 ~「酔った歩みと仮面舞踏会」マーラー:大地の歌 ~青春についてドヴォルザーク:組曲 イ長調(アメリカ組曲)B.190 Op.98b ~第1曲ブリッジ:熟したさくらんぼエルガー:愛の挨拶 Op.12 ・・・・・・・・・・・・YouTube 「OTTAVA Live」でお楽しみいただく「The Concert at Home」第4弾の配信、もうご覧になりましたか?週末はジャズヴォーカルをお楽しみください。 紗理(ヴォーカル)河野文彦(ギター)のデュオで聴く名曲の数々 OTTAVA Live(チャンネル登録もお忘れなく)https://www.youtube.com/channel/UCrmrlj7MTToUHUwhkLXLCKQ ご自宅のテレビでご覧になる方はアクトビラ!こちらが専用サイトです。http://actvila.jp/special/ottava/ 検索で「アクトビラ OTTAVA」と入れると専用サイトが一番上に出てきます。

9月18日(金)、19日(土)二之湯氏と中野氏のカフェトーク

OTTAVA presents 二之湯氏と中野氏のカフェトーク #47    (提供:東方文化支援財団) 出演:二之湯武史   中野善壽    (2020年8月25日収録) 音楽: 1, 07:06 ブロシュ:ミサ・カンタータ(1999)~入祭唄 2, 21:54 吉田篤貴EMO strings: Capricornus 番組では貴方からのご意見、ご感想をお待ちしています。カフェトークに加わりませんか?二之湯さん、中野さんへのご意見、貴方のお考えなど、メールでお寄せください。 アドレスは       nn@ottava.jp お待ちしています。 二之湯 武史(にのゆ たけし)1977年京都市生まれ。京都大学経済学部を卒業後、松下政経塾、稲盛財団で研修。バブル崩壊以降の新たな国家ビジョンを模索するべく、世界各国の文化政策を研究する。起業を経て2013年参議院選挙に初当選。我が国を価値創造型の成熟国家とするべく、文化、スポーツを中心としたクリエイティブ政策や、格差のない分配型資本主義実現に取り組む。現在、文化、アート、教育を中心に、起業家、プロデューサー、大学教授、などマルチに活躍している。東方文化支援財団 理事を務める。 中野 善壽(なかの よしひさ)1967年伊勢丹入社。 1973年婦人服専門店鈴屋に入社し海外事業や商品開発担当、代表取締役専務など歴任。青山ベルコモンズの開設等にも携わる。1992年台湾に移り中国力覇集団百貨店部門代表就任、2002年遠東集団董事長特別顧問及び亜東百貨COO就任。2011年寺田倉庫社長兼CEOとなり、拠点である天王洲アイルをアートの力で独特の雰囲気、文化を感じる街に変身させた。2019年6月に寺田倉庫を退社し、地域や国境を超えた信頼感の醸成をはかり、東方文化を極めたいというビジョンを持つ、東方文化支援財団を設立、代表理事を務める。 2020年8月よりスタートバーン株式会社取締役エバンジェリストも兼務。

本日もベートーヴェン&シューマン多めです!

皆様ごきげんよう。ピアニスト・音楽ライターの長井進之介です。 昨日から「Recitativo」ではベートーヴェンの書籍を扱っておりますが、 いかがでしたでしょうか?人生をそのまま追うタイプの伝記ではないので、 また違った角度からベートーヴェンの人間像をお楽しみ頂けると思います。 「Pavana」とあわせて、ベートーヴェンのことをもっともっと知って頂けたら嬉しいです! 「Viaggio」のコーナーは引き続きデュッセルドルフです。 ここにはハイネ研究所やシューマンの住居があります。 1852年から54年を過ごした“最後の家”、現在は1階が記念館になっています。 内部には、写真の様に壁にロベルトとクララが描かれた織物がかけられ、当時のまま修復されたターフェルクラビアと呼ばれるピアノが展示されていました。 伺った際は、このピアノを弾かせて頂くこともできました!! ちなみにこちら、今年10月から博物館としてリニューアルオープンする予定です。 ぜひいつか訪れてみたいですが…いつになることやら…。 それでは、本日も3時間を“さわやかに”お過ごしください。 ★Program★ ♪9:00~ ”Preludio” ”目覚めのお水”のようにさわやかな音楽と共に、一日のはじまりをご一緒致しましょう。 ♪9:20頃~ ”Pavana” 偉大なる作曲家を様々な角度から取り上げつつ、楽曲をお届け致します。 ♪10:00頃~ ”Recitativo” 文学作品の朗読と音楽のコラボレーションで、あなたの朝を少しドラマティックに…。 ♪10:40頃~ ”Intermezzo” 美味しい食べ物、とっておきのアイテムや場所など…“ステキ”のご紹介と共に音楽をお届け致します。 ♪11:20頃~ ”Viaggio” 様々な場所を訪れる気分を味わって頂きつつ、その場所ならではのインフォメーションと楽曲をお届けします。