久しぶりに無料放送に復帰! プレゼンター・プログラム 1/31(日)15~16時 林田直樹#1

林田直樹です。
昨年秋から有料放送となったサローネのみで番組を続けていました。
その間、想像よりもはるかに多くの方々がお聴きくださったこと、本当にありがとうございました。

3月からの新編成までの期間、いまは各プレゼンターが1時間ずつの録音番組を制作、無料でオンエアされています。
私も晴れてその仲間入りすることができたわけですが、本当に久しぶりに無料放送ができることがうれしいです。
籠の中の鳥が、籠から出してもらったみたいな気分です。
やっぱり一人でも多くのリスナーに、気軽に聴いていただけるのが一番です。

しかしながら、初心者といえでも決して手を抜かず、140キロの速球やフォークボールもバンバン投げ込むのが、
リクエストをとらず「シェフのお任せコース」を続けてきた私の流儀でもあります。
ルネサンス・バロックから前衛まで、いろいろ出てきます。どうかご覚悟を(笑)。
無料ですが、再放送はあっても、現在のところはオンデマンド機能はありませんので、お聴きのがしなく!

OTTAVA プレゼンター・プログラム
林田直樹#1

1)ヤン・ピーテルスゾーン・スヴェーリンク(1562-1621):ニ調のトッカータ 松居直美(オルガン) CMCD-28253 カメラータ・トウキョウ (3:46)
2)クラウディオ・モンテヴェルディ(1567-1643):苦しみが甘美なものならば チェンバレス(古楽アンサンブル) Naxos 8.551439 (4:41)
※Talk
3)ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750):無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調BWV1008 ~メヌエット1&2 ミクローシュ・ペレーニ(チェロ) Hungaroton KKC-6298/9 キングインターナショナル (3:49)
4)ゲオルク・フィリップ・テレマン(1681-1767):ヴィオラ・ダ・ガンバ、弦楽と通奏低音のための組曲ニ長調TWV55:D6 ~ジーグ 小池香織(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、天野寿彦(バロック・ヴァイオリン)、堀内由紀(バロック・ヴァイオリン)、高岸卓人(バロック・ヴィオラ)、山本徹(バロック・チェロ)、角谷朋紀(ヴィオローネ)、宮崎賀乃子(チェンバロ) ALCD-1203 ALMrecords/コジマ録音 (3:01)
※Talk
5)エドガー・ヴァレーズ(1883-1965):イオニザシオン パークラマ・パーカッション・アンサンブル Naxos 8.574244 (5:38)
6)フレデリック・ショパン(1810-49)/エイトール・ヴィラ=ロボス(1887-1959)編:ワルツ第7番嬰ハ短調op.64-2 ヴァレンティナ・ペレッジ指揮 サンパウロ交響合唱団 Naxos 8.574286 (4:37)
※Talk
7)パウル・パプスト(1854-97):ピアノ三重奏曲イ長調 ~第4楽章 ブラームス・トリオ Naxos 8.574113 (7:21)
※Talk
8)アストル・ピアソラ(1921-92):タンティ・アンニ・プリマ 泉真由(フルート) 松田弦(ギター) FOCD-9842 フォンテック (5:18)