オルガン奏者 石丸由佳さん&東京藝大の「AIベートーヴェン 」12月14日(月)Radio Bravo #2

こんばんは 斎藤茂です。
月曜日の18:00-20:00のOTTAVAは、クラシック音楽情報誌ぶらあぼとのコラボレーションでお送りする
「RadioBravo」をお届けしています。

長引くコロナ禍によって音楽シーンも大きな打撃を受けています。
特に実演の持つ意味が大きいクラシック音楽界へのダメージはとても大きい。
そこで、クラシック音楽シーンの今をお伝えしているぶらあぼとOTTAVAから、
最新情報、おすすめのアーティストや新しいアルバムのご紹介などを一緒に発信して、
皆さんにシーンを盛り上げていただくための「きっかけ作り」を
お送りしています。
  
2回目の今夜は、2組のゲストをお迎えします。
    
まず前半は注目のオルガン奏者,石丸由佳さん!
世界的権威のあるシャルトル国際オルガンコンクールで優勝、
パリのノートルダム大聖堂やマドレーヌ寺院をはじめとするヨーロッパ10カ国以上の各地、日本全国でもリサイタルを行っている
石丸さん。今年の春からはユニークなコンサート企画を次々に手がけて、国内外から注目を集めている
新潟市のりゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館の専属オルガニストにも就任されました。

そんな石丸由佳さんのニューアルバムは「パイプオルガンのクリスマス」。お聴きになると驚かれるのですが、パイプオルガンと聞いて
僕らが想像する荘厳、壮大な音ではないのです、なぜ?
ここから先は番組の中で・・・

2020年の「おうちクリスマス」にはおすすめの「パイプオルガンのクリスマス」、
本日から3日間、12月16日(水)までOTTAVAのECサイト「OTTAVAセレクトショップ」で特別販売をさせていただきます。
今回お買い上げの方には、石丸由佳さんからプレゼントもあるそうですよ。
詳細、お求めははこちらからどうぞ

https://ottava.official.ec/items/37239153

そして番組の後半には、今週水曜日の16日、
ベートーヴェン250回目の生誕日に「AIベートーヴェン 」というオンライン配信ライヴを行う
東京藝大から作曲家で東京藝大の特任准教授、小川類さんと
先端芸術表現科の古川聖教授をお迎えします。

「もし、ベートーヴェンが蘇って現代の日本の女性に恋をしたら
 どのような”エリーゼのために”を作曲するだろう?」

これをAIに取り組ませるところからスタートしたというこの「AIベートーヴェン 」
オンライン配信は無料でご覧いただけるそうです。

http://innovation.geidai.ac.jp

12月16日(水)16時と19時の2回配信です。
まずは今夜の「Radio Bravo」で予習をいたしましょう。

今夜もぶらあぼ編集長の、鈴木学さんとともにお送りします。

番組専用のメールアドレスも開設しました。   
 
 bravo@ottava.jp

ゲストの石丸さん、小川さん、古川さんへのメッセージ、
鈴木編集長へのエール、質問
そして「ぶらあぼと私」というテーマはいかがですか?
貴方は、ぶらあぼをどう活用されていますか?
ぶらあぼで印象に残ったページは?
リクエスト曲を添えて、お送りくださいね。
    
クラシック音楽界を皆さんに盛り上げていただくために
新しい、そして面白い情報と音楽を
お届けしてまいりたいと思っています。
   
どうぞよろしくお願いします。
    
なおこの「Radio Bravo」は、無料動画配信もお送りします。
スタジオの様子もご覧になってください。
OTTAVA Plusでコチラからご覧ください。
 
https://ottava-plus.myshopify.com/collections/live/products/radio-bravo-2020%E5%B9%B412%E6%9C%8814%E6%97%A5-%E6%9C%88

初めてご視聴いただく際はID,パスワードを登録、
マイページをお作りいただく必要がありますので、
よろしくお願いします。
  
それでは午後6時に!