9月29日(火)OTTAVA jazz

火曜日は本日で最後となりました。毎週チェックしてくれた皆様、有難うございました。最後の選曲もいつもと変わりなく(笑)今日の気候や季節に合わせてセレクトしています。OTTAVA_jazzのこの半年を振り返ってみて自分が感じた事といえば・・・クラシックとジャズの親和性・共通項が改めて再発見できたとともに、オンラインストリーミングのラジオとしては、極めて自由で良質なプログラムを発信できた時間。だったのではないでしょうか。少ないトークと心地よい音楽というのがラジオの醍醐味だと思っているので、このようなテーマ・コンセプトで編成を組むことができるOTTAVAさんは凄いなと、番組スタートの際に感じておりました。コロナの影響であいにく生放送という形式途中からできなくなりましたが、内容のクオリティは変わらずお届けできたのではと思っております。半年間ありがとうございました。

TEXT:hiroshima

【9月29日(火)OTTAVA jazz OA楽曲】

■OTTAVA jazz

18:01 Santiago Beis:Acorda Semente
18:05 TORSO:SALT WATER
18:09 Ami Fukui Trio:Tropical Paradise
18:16 André Mehmari, Chico Pinheiro, Sérgio Santos:Prana Prana
18:20 浜崎航 / 片倉真由子:Lotus Blossom
18:31 Jesse Forest:Lights Out
18:37 Ben Wendel:August
18:43 Bert Seager Trio:I Loves You Porgy
18:50 Ben Wendel:ハイ・ハート
18:58 守家巧:Waiting In Vain

19:05 Tatsuro Yokoyama:she was the sea
19:08 Petros Klampanis:Chroma
19:16 吉本章紘:Water Drops
19:24 桃井裕範:Showers
19:33 佐藤浩一:Bird of Passage
19:39 須田晶子:Campus Stellae
19:46 石田衛:Pinocchio
19:52 千葉史絵:Water Drops
19:57 永田ジョージ:In the Wee Small Hours of the Morning

■OTTAVA jazz plus

20:01 大野綾子:Half the Pleasure
20:06 Quique Sinesi:Entresuenos
20:14 Roberta Gambarini & Hank Jones:I’ll be tired of you
20:19 Strasbourg:St. Denis_Ryan Porter
20:32 Sinne Eeg:My Favorite Things
20:37 THE J. MASTERS:Norwegian Wood
20:51 類家心平 / 中嶋錠二:North Latittude of 40.3 degrees
20:55 小澤基良:Nobody else But me

21:03 渋谷毅 / 市野元彦 / 外山明 :Subconscious-Lee
21:09 Alexis Cole & Bucky Pizzarelli:On the Sunny Side of the Street
21:15 Monica Dominique / Palle Danielson:The summer knows
21:22 大林武司トリオ:WORLD PEACE
21:28 The New York-Paris Reunion Quintet:Conception
21:40 Minami Hiroshi:Go There! Sea And The Ocean
21:45 二重奏(金澤英明 、栗林すみれ):My Ship
21:53 Slawek Jaskulke:SeaⅠ


———-
【Monthly Recommend】

■OTTAVA Jazz
Ben Wendel 「ハイ・ハート」
レーベル:コアポート(RPOZ10060)

アメリカ西海岸の人気ジャム・バンドのニーボディの中心人物としても記憶に新しいサックス奏者、Ben Wendelの2年ぶり5枚目の最新オリジナル・アルバム。
キーボードにシャイ・マエストロ、ジェラルド・クレイトン、ベース/ジョー・サンダース、ドラム/ネイト・ウッド、Voice /マイケル・マヨが参加。2019年のNYウィンター・ジャズ・フェスで結成され、以来ライヴを重ねていた新グループとのことで、演奏・錬度の高い楽曲群も納得のクオリティです。マイケル・マヨのボイスが新鮮な響きを与えています。


■OTTAVA Jazz Plus
Ryan Porter 「Strasbourg / St. Denis」
レーベル:rings(RINC66)

カマシ・ワシントンのバンドメンバーでも知られるトロンボーン奏者、ライアン・ポー ターによる、初のライブ・アルバムから。ライアンが師と仰ぎ続けてきた故ロイ・ハーグ ローヴが愛したパリのジャズ・クラブNew Morningで、彼の楽曲からスタートする、エキサイティングな熱気溢れるライブ盤。ということでOTTAVA_JAZZではもちろんこの曲“Strasbourg St. Denis”をレコメンドです。

———-

JJazz.Net(ジェイジャズネット)

ジャズをキーワードにした無料のインターネット・ミュージックステーション。
「SESSION: MUSIC & LIFESTYLE」をテーマに、音楽と暮らしのセッションを展開しています。
現在ナビゲーターとして須永辰緒などが担当、各コンセプトに基づいたジャズの番組をお送りしています。こちらはオンデマンド放送ですので、いつでも好きな時に聴くことができます。ジャズをキーワードにした番組が色々ありますので、是非アクセスしてみて下さい。2020年は開局20周年!