9月最後の放送、つまりはひと時のお別れです 9月29日(火)OTTAVA Salone

森雄一です。先日のEC祭り以降、慌ただしいOTTAVAですが、

10月からはどうなっていくのか、プレゼンターの私自身、とても

楽しみにしています。わくわくの10月を迎えるためには締めが肝心。

9月最後の放送は、鉄トークを軸に、これまでの私の生活してきた

土地土地のことをお話しします。日本で暮らす限り、鉄道がないと

いう生活はありません。沖縄でさえモノレールがあります。

レールが作るものは、人の道であり人の生活です。五日の放送でも

お話ししましたが「A列車で行こう」というシミュレーションゲーム

では、鉄道のレールを敷くことによって街を作っていき目標を達成

します。私たちの暮らすそれぞれの街は、それぞれのゴールを設定し

道を切り拓いているのです。え?クラシック音楽になんの関係が

あるのかって?改めて聞かれると困りますねえ(笑)。

ええ、全く関係ないのですが、単に私の趣味の話を取り入れている

だけなんです。でも、あなたの生活にも関係すること。身近な話を

通じて、かつクラシック音楽を通じてあなたと私はつながってます。

開業日に行ったっけ。ぱっと見、「ゲートウェイ・高輪」ってか?

では、私の担当する最後のサローネ。プラスエディションのソングリスト。

M1. 3’28” トーマス・ピットフィールド/リコーダー協奏曲~第3楽章(8.572503)

M2. 7’09” コンラディン・クライツァー/三重奏曲~第3番(8.550645)

M3. 11’40” バーデン・パウエル/オサーニャの歌(8.550226)

M4. 20’38” リカルド・リョルカ/ヘンデル讃歌(8.573024)

M5. 27’42” アルバート・ウィリアム・ケテルビー/ペルシャの市場にて(8.553515)5’31”

M6.  37’59” ブルース・ウォロソフ/無言歌集 弦楽四重奏のための18のディヴェルティメント~手紙(8.559663)

M7. 41’09” フィリップ・グラス/アクナーテン~踊り(8.554568)

M8. 46’45” ジョン・ウィリアムズ/映画「スーパーマン」よりCan You Read My Mind(8.880015)

M9. 53’45” マウロ・ジュリアーニ/ギター協奏曲第1番~第1楽章(8.550483)

今さらながら、いわゆる有名クラシックを選んでないなと感じます。

でも、聞いて心地よい音楽というのは、選曲する側としても気を使い

かつ自信を持ってオンエアすることができるんです。ゲレン大嶋さんの

影響もあったのか(笑)、ギターサウンドがやっぱり好き。深夜帯は

特になじむんです。今夜の前半についてもギターサウンドちりばめて

います。

プラスエディションでは、最後の出演か?AI秘書のみ~子ちゃんと一緒に

トークを展開します。NHKのチコちゃんをイメージしたの(パクリじゃ

ないんだからね!)ですが、録音だからできた技。生放送ではどうかな?

上野駅の中央改札ってたくさんのドラマを生んできたと思うんだ。

みんなが聞ける11時台は私も一緒に聞きながら、曲ツイをしていきます。

リスナーのリアクションがあると、とっても嬉しい。小さな幸せを毎週

感じられること、本当に尊いと思っています。あなたにもホッとできる

幸せが届けられていたら、来週以降もやる気に繋がります。

そう、10月からは月曜日のアンダンテ、担当となります。林愛実さんから

バトンを受け継ぎ、木が一本増えて「ごきげんよう」な放送を目指します。

オンデマンドリスナーの意向も取り入れていきたいと思っているので、

あなたのリクエストをぜひ、送ってください。メールアドレスは放送で

発表します。おそらく、あのアドレスだと思うんですが・・・・

サブカル系も取り入れていこうかなと。