9月24日(木)OTTAVA jazz

台風の季節ですね。みなさまお住まいの地域が安全でありますように。

今日はスイング、ファンク、フォーキー、ラテン 及び各地の民族音楽が混じったジャズという流れが見えるように選曲してみました、ジャズという言語を媒介として音楽は素晴らしく広がっているなと思います。この先はどんなアプローチの音楽家が出てくるのでしょうか、とても楽しみです。日本の音楽家もその重要なパートを担っているな、と感じます。どうか応援してあげて欲しいです。

【お知らせ】

4月からスタートしたこの番組「OTTAVA jazz」は今月いっぱいで終了となります。非常に残念ですが、聴いてくださったみなさんどうもありがとうございました。残り1週間あります。最後までどうぞよろしくお願いいたします。

ラジオの仕事は未経験という中での出発でした、選曲もやっと流れを作れるようになってきたかな、次回はもっと狙いを定めて選曲したいな、などやっている中で見えてきた途中での終了、とても残念です。私は自分の仕事を、いい音楽に関わったり、作ったり、それを良い形で人に届けてつないでいく、というテーマでやっています。今回はこのように終わってしまいますが、形を変えてまたお会いできると信じています。それをとても楽しみにしています。音楽に関わる全ての人、当然みなさんも、重要な担い手だと思っています。楽しく一緒に未来を作っていきましょう。(ほしの)

【9月24日(木)OTTAVA jazz OA楽曲】

■OTTAVA jazz

18:01 New Century Jazz Quintet : Afro Centric
18:08 Eldar Djangirov : South Bixel
18:16 南博トリオ : Like Someone in love
18:22 Patricia Lobato, Renato Motha : Ong Sohong
18:28 Dominico cartago : onion
18:37 Jesse Forest : 501
18:43 Ben Wendel : ハイ・ハート
18:50 Petros Klampanis : Chroma
19:01 加藤真亜沙 : Eshubeleke
19:07 Andre Mehmari Trio : Clube da Esquina No. 2 _ Cravo e Canela
19:17 井上銘STEREO CHAMP : Sarashina
19:20 小沼ようすけ : Flyway
19:27 藤本一馬 : flow
19:34 Gretchen Parlato : Weak
19:42 Christian Scott : Diaspora
19:47 Alfa Mist : Keep On
19:58 GIL SCOTT-HERON : I’m New Here

■OTTAVA jazz plus

20:01 KOKOROKO : Ti-de
20:06 Marty Holoubek : Body & Soul
20:10 Jon Cowherd : Gateway (feat. Brian Blade, Steve Cardenas & Tony Scherr)
20:18 ピチェヴォ : Take5
20:22 大林武司トリオ : WORLD PEACE
20:28 Dayme Arocena : Yemayá
20:32 Ryan Porter : Strasbourg / St. Denis
20:44 The Expansions : Breakthrough
20:53 Pedro Martins : Origem (feat. Brad Mehldau)
20:57 Mark Guiliana Jazz Quartet : Our Lady
21:03 類家心平 : Zero Zero
21:10 Tatiana Parra / Vardan Ovsepian : Hand In Hand
21:15 吉本章紘 : Water Drops
21:23 佐藤浩一 : The Railway Station
21:30 須田晶子 : Flowers On The Hill
21:35 Hania Rani : Eden
21:40 土井 徳浩 : Children’s Play Song
21:45 Michel Reis : How It All Began (The Story of Mr. Potes)
21:50 二重奏(金澤英明 、栗林すみれ) : アイ・ラヴズ・ユー・ポーギー

【Monthly Recommend】

■OTTAVA Jazz
Ben Wendel 「ハイ・ハート」
レーベル:コアポート(RPOZ10060)

アメリカ西海岸の人気ジャム・バンドのニーボディの中心人物としても記憶に新しいサックス奏者、Ben Wendelの2年ぶり5枚目の最新オリジナル・アルバム。
キーボードにシャイ・マエストロ、ジェラルド・クレイトン、ベース/ジョー・サンダース、ドラム/ネイト・ウッド、Voice /マイケル・マヨが参加。2019年のNYウィンター・ジャズ・フェスで結成され、以来ライヴを重ねていた新グループとのことで、演奏・錬度の高い楽曲群も納得のクオリティです。マイケル・マヨのボイスが新鮮な響きを与えています。

■OTTAVA Jazz Plus
Ryan Porter 「Strasbourg / St. Denis」
レーベル:rings(RINC66)

カマシ・ワシントンのバンドメンバーでも知られるトロンボーン奏者、ライアン・ポー ターによる、初のライブ・アルバムから。ライアンが師と仰ぎ続けてきた故ロイ・ハーグ ローヴが愛したパリのジャズ・クラブNew Morningで、彼の楽曲からスタートする、エキサイティングな熱気溢れるライブ盤。ということでOTTAVA_JAZZではもちろんこの曲“Strasbourg St. Denis”をレコメンドです。


JJazz.Net(ジェイジャズネット)

ジャズをキーワードにした無料のインターネット・ミュージックステーション。
「SESSION: MUSIC & LIFESTYLE」をテーマに、音楽と暮らしのセッションを展開しています。
現在ナビゲーターとして須永辰緒などが担当、各コンセプトに基づいたジャズの番組をお送りしています。こちらはオンデマンド放送ですので、いつでも好きな時に聴くことができます。ジャズをキーワードにした番組が色々ありますので、是非アクセスしてみて下さい。2020年は開局20周年!

https://www.jjazz.net