9月9日(水)OTTAVA jazz

今日の東京は快晴で、秋、というよりはまだまだ夏といったような印象の1日でした。皆さま如何お過ごしでしょうか。

本日も4時間、たっぷりとお送りして行きます。本日お送りする予定の曲の中に、「ストレート、ノー、チェイサー」という題名の曲があります。

あえてカタカナで表記させていただいたこと、また「、」で語と語を区切らせていただいたことに特に深い理由はないのですが、多少なりともお酒好きの方ならば、、、こんな台詞が飛び交う日常というのが恋しい時期なのではないでしょうか。

個人的にこの言葉を実際に用いた経験はないですが、しかし「ストレート、ノーチェイサー」と、バーテンに何の気兼ねなく頼めるような日々がこの世界に再び訪れることを、心から願ってやまない今日この頃です。ちなみに、僕はチェイサーも頼まないと楽しい時間はあっという間、すぐに潰れてしまいます。(笑)

(つるみ)

【9月9日(水)OTTAVA jazz OA楽曲】

■OTTAVA jazz

18:01 KOKOROKO  : Uman 
18:07 Ronin Arkestra  : The Art of Altercation
18:13 Juan Fermin Ferraris  : Arresei
18:20 桃井裕範  : Strangers
18:29 Pablo Juarez  : Caricias
18:34 間を奏でる  : うつろひ
18:41 Hania Rani  : Glass
18:46 TORSO  : FluteS
18:48 Ben Wendel  : ハイ・ハート
18:58 Ben Wendel  : October
19:04 Niran Dasika  : 21st Century Bakery
19:10 原朋直グループ  : Fall and Rise 
19:16 渡辺翔太  : North Bird
19:24 井上銘  : Next Train
19:28 北川潔  : Cross the Line
19:37 Giovanni Mirabassi Trio  : World Changes
19:47 Slawek Jaskulke  : 100 Faces
19:51 Phonolite  : 教会

■OTTAVA jazz plus

20:00 GAIA CUATRO  : Pajaros
20:07 Pablo Juarez  : El Amanecer De Los Pajaros
20:13 石若駿  : awarere feat. 角銅真実 
20:16 魚返明未トリオ  : はしごを抱きしめる
20:27 akiko / 林正樹  : if
20:32 Ryan Porter  : Strasbourg
20:44 THE J. MASTERS  : Five Spot After Dark
20:55 Nicki Parrott  : hey Can’t Take That Away From Me feat Byron Stripling
21:00 The New York-Paris Reunion Quintet  : Conception
21:11 THE J. MASTERS  : Straight, No Chaser
21:16 池田篤  : Blue Monk
21:24 THE NEW YORK-PARIS REUNION QUINTET  : Sophisticated Lady
21:33 Briana Cowlishaw  : Skylark
21:39 須田晶子  : How About You
21:44 Days Of Delight Quintet  : Attractive Vamp
21:52 小澤基良  : Nobody else But me

【Monthly Recommend】

■OTTAVA Jazz
Ben Wendel 「ハイ・ハート」
レーベル:コアポート(RPOZ10060)

アメリカ西海岸の人気ジャム・バンドのニーボディの中心人物としても記憶に新しいサックス奏者、Ben Wendelの2年ぶり5枚目の最新オリジナル・アルバム。
キーボードにシャイ・マエストロ、ジェラルド・クレイトン、ベース/ジョー・サンダース、ドラム/ネイト・ウッド、Voice /マイケル・マヨが参加。2019年のNYウィンター・ジャズ・フェスで結成され、以来ライヴを重ねていた新グループとのことで、演奏・錬度の高い楽曲群も納得のクオリティです。マイケル・マヨのボイスが新鮮な響きを与えています。

■OTTAVA Jazz Plus
Ryan Porter 「Strasbourg / St. Denis」
レーベル:rings(RINC66)

カマシ・ワシントンのバンドメンバーでも知られるトロンボーン奏者、ライアン・ポー ターによる、初のライブ・アルバムから。ライアンが師と仰ぎ続けてきた故ロイ・ハーグ ローヴが愛したパリのジャズ・クラブNew Morningで、彼の楽曲からスタートする、エキサイティングな熱気溢れるライブ盤。ということでOTTAVA_JAZZではもちろんこの曲“Strasbourg St. Denis”をレコメンドです。

JJazz.Net(ジェイジャズネット)

ジャズをキーワードにした無料のインターネット・ミュージックステーション。
「SESSION: MUSIC & LIFESTYLE」をテーマに、音楽と暮らしのセッションを展開しています。
現在ナビゲーターとして須永辰緒などが担当、各コンセプトに基づいたジャズの番組をお送りしています。こちらはオンデマンド放送ですので、いつでも好きな時に聴くことができます。ジャズをキーワードにした番組が色々ありますので、是非アクセスしてみて下さい。2020年は開局20周年!

https://www.jjazz.net