Salone・本日のプレゼンターは、チェリストの林はるかです。

今年は、帰省は見送り、部屋の整理をしたり、秋以降のコンサートや色々な企画に向けた準備をしていました。大量にあるCDの整理もしていたので、今日の最初の曲は、私のC D整理中に特に懐かしかった弦楽四重奏の作品をご紹介します。「チェリストから見た作曲家コーナー」は、今月がお誕生日のドヴォルザークです。「鉄子の音楽会・Salone編」では、モーツァルトの「きらきら星変奏曲」をお聴きいただきます。きらきら星は、JR常磐線の土浦駅の発車メロディ、そして特急「きらきらうえつ」の車内メロディに採用されています。番組後半では〜バッハのヴァイオリン協奏曲集をお届けしますので、是非 最後までお聞きください!

24:02〜

M.1   バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番BWV1042より第一楽章   

M.2   バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番BWV1042より第二楽章   

M.3   バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番BWV1042より第三楽章

24:20〜

M.4  バッハ:二台のヴァイオリンのための協奏曲BWV1043 より第一楽章 

M.5  バッハ:二台のヴァイオリンのための協奏曲BWV1043 より第二楽章 

M.6  バッハ:二台のヴァイオリンのための協奏曲BWV1043 より第三楽章 

24:38〜

M.7  バッハ:ヴァイオリン協奏曲BWV1052 より第一楽章 

M.8  バッハ:ヴァイオリン協奏曲BWV1052 より第二楽章 

M.9  バッハ:ヴァイオリン協奏曲BWV1052 より第三楽章