インターネットラジオ オッターヴァ

みんなでつくる復興コンサート2015

OTTAVA斎藤茂による「企画会議コラム」

「第36回企画会議(終)~まだまだ最後のひと押し?」

こんにちは。

桜の開花宣言が各地から聞こえるようになりました。
朝晩はまだまだ冷えますが、それでも日中の日差しは、日に日に強さを増しています。
春がやってきたのですね。

昨年の7月14日に、ご挨拶をさせていただき、翌週7月21日に第1回目のテーマ
「どんなコンサートにしたいですか?」とともにスタートした当コラムでの企画会議。
おかげさまで夏、秋、冬と一度も休まず会議は続き、4つめの季節、春の本格的な訪れとともに、
今回最終回を迎えることができました。
まずは、本当にたくさんの方にご参加いただき、ユニークで、かつ気合の入った(!)
ご意見の数々をお寄せいただき、本当にありがとうございました。
心から感謝します。

200以上の楽曲
40以上の指揮者のお名前
50以上のゲストのお名前
そして数々いただいたロビー展開や演出プラン

当コラムにお寄せいただいた、こうした皆さんの「想い」からすべてが組み立てられた
コンサートが、いよいよ6日後に本番を迎えます。
一緒に、仙台フィルと三ツ橋敬子さんの演奏を楽しみ、
田代万里生さんの歌に聴き入り、
みんなで「威風堂々」を大合唱する瞬間が、もう目の前まで迫っています。

まだ、間に合いますよ。
今度の日曜日、仙台に来ませんか?

ということで、僕と一緒にプッシュをかけてくれる情報の数々を、最後の企画会議にも ご紹介させていただきます。
まずは、先週の番組でもご紹介させていただきましたが、A4紙6枚に「びっちり」と
3月の仙台のおすすめポイントを書いてくださった方からのメール、抜粋させていただき ますが、ご覧ください。

 
はじめてメールします。
聞き専のラジオネーム、ボッチーナと申します。
3月の仙台について、これから気候、街、食、イベント、おみやげの5つのことから紹介してみっかなーと。

◆気候
3月の仙台は、基本的に降雪はありません・・・
が、稀に4月の入学の時期にみぞれのようなものが降ることも・・
それでも3月末は、まだまだ寒かったりするので、西の人は温かい格好でいたほうた良いかと。
まぁ、マフラーは無くてもいいけど、手袋はあった方が良い感じ。
ただ、街中と異なり、郊外だと雪がある場所もありますので、山寺向かう人とかは注意が必要ですよ(防寒対策忘れずに!です)。
ちなみに、仙台の桜の開花時期は例年4月15日ころです。
お住まいの桜の開花時期の2~3週間前のイメージで、もう少し暖かい服装が良いんでねべか。

◆街
中心部のぶらぶらについては、アーケード街で構成されてます。
他の主要都市が地下街を持っていたりするのとはそこが違う感じ。
服装とも関わりますが、風が吹き込んだり、信号の切れ目で寒い思いをすることもあります。
それと最近は客引きも多くいるので、変なお店に捕まらないようにした気つけらいね~。
それと会場となる県民会館(東京エレクトロンホール宮城)の周辺の情報です。
県民会館の面している通りですが、定禅寺通りといいます。
仙台のケヤキ並木を象徴する顔とも言える通りです。
秋口にはジャズフェス、冬は光のページェント(イルミネーション)、
初夏にかけては緑に映える素敵な通りなのですが、3月末はちょっと寂しい感じかもしれません。

同じ通りに面した文化施設としては、
メディアテークという建物があります(他の人も紹介してけど)。
市の図書館を兼ねた施設になっておりまして、音楽やDVDなどの視聴スペースもございます。
開場・開演までの時間調整に使えるかもしれませんよ。
一応、モダン建築の写真集などにも登場する建物なので、ガラスと柱で支えられた建築を楽しむことも可能かもしれません。
定禅寺通りの先には西公園・桜ヶ丘公園という公園があります。
近くに、茶屋などもありますので、ずんだ餅(枝豆の餡)やどら焼きなど楽しんでみては?
(因みに、公園内の源吾茶屋でずんだ餅、公園近くの賣茶翁でどら焼きとお茶(夏なら抹茶かき氷)が、わたしの遠方の方、おもてなしコースの一つ。)

◆食
食に関しては、非常に難しい時期でしょうか・・
海のものも山のものも旬の終わりだったりして。
で、あえて選ぶならこのこの3つからチョイスです。
(1)鍋、(2)酒のあて、(3)B級グルメ

ではまず鍋から。
オススメはなんといっても「せり鍋」(他の人も紹介してっけど)。
仙台郊外の名取市がせりの産地の一つになってまして、寒い時期の定番食材なんですよね。
お店によって異なりますが、個人的には、鴨肉とせりのみの鍋を出すところが好きです。
なので家でするときも具材は、鶏肉とせりのみでやってます。
オプションツアーで、石巻に行かれる方もいると思いますが、石巻北部にもせり農家さんが沢山いるんですよ。
ただ、2月にはせり鍋を終了する飲食店も多いので、3月末にせり鍋が食べられるところがあるかどうか・・というわけで、次善の策は、定番の牡蠣鍋ですかね。
ちょうど、3月で牡蠣の出荷が終わりますので、山の雪解け水が入り始めた冷たい海で
身の締まった牡蠣をどうですか?

続いては酒のあて。
一応、ここでは二品紹介。
一つは定義山の三角あぶら揚げ。
仙台の西郊外(オプションツアーで向かう山寺方面に)にある、定義山の門前にあるあぶら揚げで、
大きな三角形の厚い油揚げなのですよ。
これからの季節であれば「ばっけ味噌(ふきのとう味噌)」を挟んで焼いたものが・・書きながらヨダレが・・
ばっけ味噌とは云わずも食べでみでけしゃいん。
二つめは、ドンコのなめろう。
ドンコは、エゾイソアイナメと言う深場のタラよりも小ぶりの魚です。
なめろうとは、魚の叩き料理のことなのですが、この季節は肝も大きくなっいて
一緒に叩いたものがとても美味!
ドンコ汁も捨てがたいが、この時期ならなめろうだな。
食の最後は、B級グルメ。
その名も仙台マーボー焼きそば。
市内の中華料理屋で食べられますが、基準に合っていれば味付けは自由なので
いろんなお店の味比べもできます。話のネタにいかがでしょう。

◆イベント
年度も変わり目ということもあって、時期的にイベントらしいものは3月はすくなかったりして・・
でも、観光ついでに仙台市博物館は行ってみると良いかもです。
3月は国連防災会議というのが仙台であるんですけど、この会議を記念した特別展があるとです。
で、普段はあまり見れない伊達政宗の生甲冑が拝めます。
ちょうど3月28日からなんで、歴女のみなさまいかがですか?

◆おみやげ
旅に欠かせないのは、やはりおみやげ!
そんなわけで各種おみやげも用意して皆様をおまちしております。
まずは、某N◯Kの朝の連続ドラマ関連から。
3月28日が最終回ですかね。
仙台の西郊外の温泉の手前に、新川(にっかわ)という場所があります。
で、ここにニッカの仙台工場がございます。
そんなわけで、今のうちならネタに使えるニッカウイスキーの地元限定品をご紹介。
まず、県内仕様の「宮城峡」。
でもって県内仕様の「伊達」。
そして発見できたらスゲー!「ザ・国分町」。
毎朝、ムギムギムギムギ云われて飲みたくなっているでしょ?
最低でも、宮城峡と伊達は1本ずつ買わないとね。
またまた酒の紹介です。
オプションで石巻に行く人もいるので、行かない人も行った気分。
石巻には二つの蔵元さんがあります。
日高見(ひだかみ)さんと墨廼江(すみのえ)さん。
個人的には、墨廼江さんが好きですが、港町ならではな魚にあったきれいなお酒をご賞味あれ!です。
仙台市内の酒屋さんやデパート、駅でも買えますので、
仙台についたらウィスキーと併せて直ぐ自宅に発送してもらうこと。
そして、宮城のおみやげの定番笹かまぼこ。
石巻づいて、白謙の笹かまぼこなんかいかがですか?
県内にはかまぼこ屋がたくさんあるのですが、それぞれの家庭なりで
贔屓の店があるんですよね、やはり。
実際に、石巻で津波の被害にもあっている会社でもありますし、応援してやってけろー。

で、個人的なオススメはカステラ。
かまぼこ屋なのにカステラとはこれ如何に???
買いやがれ!食いやがれ!です。
食べ物、飲み物だけというのも寂しいので、みやげ話もお一つ。
男性の方はこれをやって下さい。
床屋にいって「仙台刈り」。
市内の理髪店20店舗くらいでできます。
伊達政宗の兜の前立をイメージした、アシンメトリーな刈り上げスタイルです。
全国でも稀な地元の名前のついたヘアスタイルとなっております。
商店会のイベントでギネスにもチャレンジしちゃってます。
(でも、認定ならず失敗(笑))
地元経済誌にも取り上げられ、表紙も飾ってます(笑)
仙台刈りをし、地元経済誌のバックナンバーを手にみやげ話を展開すれば、
数週間は話題に困りません!
なんならトップセールスマン間違いないです!
という訳で、仙台に来て、
飲んで、食べて、聴いて、観て、笑って、
いぎなし楽しんで行ってけろ~。
 

 
ボッチーナさん、ありがとうございました。
今まで、出て来たことのなかった「新情報」も多かったです。
(特に仙台刈り!)

続いては、仙台中心部を出て、少し足をのばせそうな方への情報が続きます。

 
今年の仙台は日帰りで、予定満載で出かけます。
でももし優雅な仙台旅ができるなら…立ち寄りたいところが!
「ニッカウヰスキー 宮城峡蒸溜所」です!

ニッカウヰスキー 宮城峡蒸溜所 ※外部のページへジャンプします。

朝のNHKのドラマ「マッサン」見ている方もいらっしゃるでしょう。
北海道の余市も、行ってみたいですねー。
こちらニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所は、
「ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝翁(故人)が昭和42年5月にこの地を訪れ、
新川(にっかわ)の清流を汲み飲んで、あまりにも清冽で磨かれた味に驚嘆し、
北海道余市に続いてニッカが求めた第二のウイスキーの故郷、
仙台工場の建設を決定した 記念の地です。」とのこと。
ネットを拝見すると山と水の景色と洋風の建物がいかにも蒸留所。
イギリスのクラシックが似合いそう。
蒸溜所で見学後にウイスキーなどの無料試飲(お一人様3種商品を各種1杯まで)が出来ます。
未成年、お車を運転される方の試飲は出来ません。ソフトドリンクをご用意いたしております。
仙台駅前より作並温泉行き(市営バス)「ニッカ橋」下車 (所要時間:約60分)
これは作並温泉に1泊しないと!!!
                                 (チェチーリアさん)

お勧めスポット
松島は瑞巌寺のお隣『円通院』での数珠作りです。
私の左手首には震災を挟み、何回か行った中の、3連の数珠がいつもあります。
外すと不安になります。
また、遠来の友や親戚、娘2人とも行き、その度に一連ずつ作り、家族にも作りました。
天然石は祈祷してある石で、作った後に、その石の持つパワーや意味合いを教えて下さいます。
集中力の質が、柔らかく、心地よいひと時になりますよ。
数珠作りの人は拝観料はいらないので、門前のところでその旨伝えるといいですよ。
近くの笹かま屋さんでは、自分で炙って食べれるとこもありますよ。
興味あるかたは是非どうぞ。
                                (おやかまっさん)

”3月、仙台に行くならば・・・” の番外編として、
オプショナル・ツアーで組まれている“山寺・立石寺 編”をエントリーします。
ところで聞いたことがありますか、こんな都市伝説。。。
山寺にはOTTAVAのリスナーに効果絶大なパワースポットがあるということを・・・
悪縁を切るという事でも有名な山寺ですが、私達OTTAVAリスナーにとっては、
あるポイントで記念撮影をすればリクエスト採用率が格段に高まるという伝説が。
そのポイントとは・・・。
“修行の岩場”
修行の岩場を望むポイントに立った貴方は、そこの看板に”斎藤茂”の文字を
認めることが出来るでしょう。
山寺に行かれたなら、是非、“斎藤茂”の文字を探し、記念の写真を一枚ものにしてください。
ヒントは。。。「みちのくの仏の山のこごしこごし 岩秀(いわほ)に立ちて 汗ふきにけり」
登りは、ゆっくり歩いて1時間ほどで、思ったよりはきつくありません。
正しく岩秀に立って、しばし汗を拭きつつ、絶景を堪能したら、またゆっくりと階段を下りて、
麓の茶屋で名物の力こんにゃくを賞味してくださいね。辛子をたっぷりつけて。
登る前にいただくより、降りてからの方がお薦めだと思います。
3月末とは云え、まだまだ寒いと思いますので防寒対策はしっかりと、
それなりの靴をはかれることが肝要かと思います。
そういうことで、一文字多いけど、“斎藤茂”の文字と共に、素晴らしい一枚を
ゲットしてきてくださいね。では。
                                (奈良んちゃさん)

 
最後ということで、いつもなら間違いなく「ボツ」にさせていただく“しょ~もない”
奈良んちゃさんからのメールもご紹介させていただきました(お後がよろしいようで)。

以上をもちまして、9か月36回に渡ってお送りしてきました、今シーズンの
「企画会議」を終了させていただきます。

3月29日(日)午後3時からの2時間
皆さんの、アイディアが音となって結実します。

仙台にお越しいただける方、ご一緒にその瞬間を心から楽しみましょう。

そして、残念ながら今年はお越しいただけない方、
どうか、会の成功を願ってください。

そして、午後3時5分ころ、
仙台で黙祷が捧げられる頃、
貴方も、仙台の方角を向いて、一緒に祈ってください。

コンサート開催まで、いよいよあと6日!

2015年3月23日

OTTAVA 斎藤 茂

2015年3月も、仙台に集まって仙台フィルにエールを送りましょう!

このページの先頭へ