閉じる

News

2076年1月27日

2/2(木)、3(金)PrimeSeat / OTTAVA Saloneプレゼンター変更のお知らせ

月曜日~金曜日の夜7時からお送りしている「PrimeSeat / OTTAVA Salone」。
木曜日・金曜日担当のプレゼンター飯田有抄さんが、仏ナントでのラ・フォル・ジュルネの取材のために、2月2日(木)、3日(金)の番組をお休みさせていただきます。
代わりまして、2月2日(木)は菅谷詩織さん、2月3日(金)は小室敬幸さんがプレゼンターを務めます。

【番組名】
 PrimeSeat / OTTAVA Salone(月曜日~金曜日 19時~22時)
  2月2日(木)番組プレゼンター:菅谷詩織(ピアニスト、鍵盤ハーモニカ奏者)
  2月3日(金)番組プレゼンター:小室敬幸(作曲、音楽学)

菅谷詩織 菅谷詩織(ピアニスト、鍵盤ハーモニカ奏者)
東京都町田市出身。クラシックベースな感性であらゆるジャンルにおいてコンサート、テレビ、ラジオなどで演奏活動をする傍ら、オリジナル楽曲制作や、主にピアノや鍵盤ハーモニカ向けの編曲などを行う。
また、ピアノ指導者のための鍵盤ハーモニカ講座を全国各地で行うほか、中村栄宏(リコーダー)、内藤晃(ピアノ)らと共に『おんがくしつトリオ』としても活動するなど、鍵盤ハーモニカの魅力を広く発信している。
小室敬幸 小室敬幸(作曲、音楽学)
15歳の時ストラヴィンスキーの《火の鳥》を聴いて作曲の道へ進み、東京音楽大学で池辺晋一郎氏らに作曲を師事。しかし次第に作曲より分析のほうが好きだと気付き、大学院では音楽学専攻に鞍替えするも、なぜかクラシック音楽ではなくマイルス・デイヴィスを研究。大学院終了後は作曲家、音楽学者のどちらになるでもなく、音楽大学で助手をしつつ、演奏会の制作、音楽理論のレッスン、レクチャー講師、音楽ライターなど、クラシック音楽に関わる仕事を幅広く手掛けている。

一覧へ戻る