閉じる

News

2016年7月15日

「PrimeSeat Salonサマー・スペシャル2016」
「PrimeSeat Salon」が3週連続で公開録音を実施
合計150名様をご招待!グループ参加可能日やお盆休みの開催もご用意しました。

世界で初めての「ハイレゾ音源によるライブストリーミングサービス」 PrimeSeat (http://primeseat.net/ja/)と、OTTAVAが、共同制作でお送りしているプログラム 「PrimeSeat Salon」。
都内で行われるサロン・コンサートの模様をDSD ダイレクト・レコーディングによって、完全ハイレゾ収録、音楽はもちろんのこと、サロンの雰囲気、空気までを余すところなくお届けしているプログラムです。
番組では7月~8月の夏休み期間に、3週連続で豪華なアーティストをお迎えして、公開収録を行います。
会場は、いずれも紀尾井町サロンホール。こちらに合計で150名様をご招待させていただきます。親子/グループ参加可能日や、お盆休みの土曜日での開催もご用意、夏休みの一日を、サロンで心地よくお過ごしください。

「PrimeSeat Salon サマースペシャル2016」
 第1回:7月26日(火)午後7時開演  いちむじん
 第2回:8月 2日(火)午後2時開演  おんがくしつトリオ
 第3回:8月13日(土)午後4時開演  ペーター・シュミードル、岡田知子、マルモ・ササキ


会場はいずれも紀尾井町サロンホール(http://www.ark-home.jp/hall
収録後は毎回、サイン会なども実施予定です。

第1回:デビュー10周年のギターデュオ、いちむじんが登場
いちむじん(土佐弁で一生懸命という意味)は、宇高靖人、山下俊輔によるギターDUO。 2004年に結成、2006年メジャーデビュー。 数々のCM、ドラマ、映画、アニメ作品などに参加。中でも2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」エンディング曲を担当し飛躍的に活動の幅を広げる。 2012年から世界ツアー開始。台湾公演で李登輝総統(当時)の前で演奏、「日本の古き良き心を感じさせる音だ」と賞賛を受ける。 メキシコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ボルチモア、ボストン、ブラジル、でのフェスティバルでおおとりを飾り、単独ライブでも大盛況を得る。「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」にも5年連続で出演し、クラシックファンにもお馴染みのお二人です。 2日前に予定されている10周年記念コンサートは、すでにソールドアウトとなっており、貴重な公開収録実現となりました。

 日時:7月26日(火)午後6時30分開場 午後7時開演 午後9時30分終演予定
 会場:紀尾井町サロンホール (http://www.ark-home.jp/hall
 出演:いちむじん(宇高靖人/山下俊輔)
いちむじん
 公式ホームページ:https://www.ichimujin.com/

この収録に、50名様をご招待させていただきます。メールでご応募ください。
(1)公演名「いちむじん」
(2)お名前
(3)お電話番号
を必ずお書きの上、 present@ottava.jp までお送りください。


7月18日(月)が応募締切です。
定員を上回った場合は抽選の上、当選された方には7月20日(水)までにご連絡をさせていただきます。
他の2回にもご応募いただけますが、1通のメールで1公演への応募をお願いします。
複数の公演をお書きの場合は無効とさせていただきますのでお気を付け下さい。

第2回:子供たちにも大人気の、おんがくしつトリオが登場。グループでの応募も歓迎です。
おんがくしつトリオは「音楽室で使ったあの楽器、実はこんなに面白い」をコンセプトに、2014年秋に結成、2015年より活動を開始した三人組。内藤 晃(ピアノ)、中村 栄宏(リコーダー)、菅谷 詩織(鍵盤ハーモニカ)というユニークな編成で、上質の音楽を本気で追求中。 彼らが現れると、どんな場所も楽しい音楽室に早変わり!メンバーによるエキサイティングな編曲で、聴き慣れたクラシックやポップスが驚きの躍動を見せ、音楽室で吹いたリコーダーや鍵盤ハーモニカが、実はすばらしい楽器であったことに気づかされます。 ファースト・アルバムとなる「おうちdeおんがくしつ」が発表されたばかり。洒脱なピアノ、天衣無縫なリコーダー、艶っぽい鍵盤ハーモニカがおくる、即興性とライブ感、そしてひとかけらの懐かしさに彩られたサウンドをお愉しみください。開演は午後2時、3歳以上のお子様が参加可能!この日のみ5名様までの グループでの応募も受け付けます。

 日時:8月2日(火)午後1時30分開場 午後2時開演 午後4時30分終演予定
 会場:紀尾井町サロンホール (http://www.ark-home.jp/hall
 出演:おんがくしつトリオ(内藤晃/中村栄宏/菅谷詩織)
いちむじん
 公式ホームページ:http://ongakushitsutrio.wix.com/home3

この収録に、50名様をご招待させていただきます。メールでご応募ください。
(1)公演名「おんがくしつトリオ」
(2)代表者のお名前
(3)代表者のお電話番号
(4)参加希望人数〈5名以内〉
(5)未就学のお子様が含まれる場合はその方の年齢
を必ずお書きの上、 present@ottava.jp までお送りください。


7月25日(月)が応募締切りです。
定員を上回った場合は抽選の上、当選された方には7月27日(水)までにご連絡をさせていただきます。
他の2回にもご応募していただけますが、1通のメールで1公演への応募をお願いします。 複数の公演をお書きの場合は無効とさせていただきますのでお気を付け下さい。

第3回:ウィーンフィルの首席クラリネット奏者、ペーター・シュミードルがサロンに登場!
    珠玉の演奏を目の前で聴ける貴重な公開録音、お盆休み中の開催です。

クラシック界の“レジェンド”が、「PrimeSeat Salon」に登場します。1968年にウィーンフィルに入団、1982年からは長らく第1首席クラリネット奏者として、数々の歴史的名演を残してきた、ペーター・シュミードル。ミューザ・サマーフェスタ、草津音楽祭などの公演の合間を縫って、紀尾井町サロンホールに来てくれます。今回はトリオでの出演、共演は、エルンスト・ヘフリガー、オーレル・ニコレを始め、世界的音楽家からの信頼も厚い、ピアニスト岡田知子、名門ベルリン国立歌劇場管弦楽団に、アジア人で初の永久正団員として所属し、現在はソリストとして活躍するチェロ奏者、マルモ・ササキのお二人。お盆休みの土曜日の夕方からの開催です。

 日時:8月13日(土)午後3時30分開場 午後4時開演 午後6時30分終演予定
 会場:紀尾井町サロンホール (http://www.ark-home.jp/hall
 出演:ペーター・シュミードル(クラリネット)
    岡田知子(ピアノ)
    マルモ・ササキ(チェロ)
岡田知子/ペーター・シュミードル/マルモ・ササキ

■ペーター・シュミードル(クラリネット)
チェコ・オルミュッツ生まれ。祖父、父、本人と3代に渡ってウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を務めている。ウィーン国立音楽大学でルドルフ・イェッテルに師事しその後ボスコフスキーにも師事している。1965年にウィーン国立歌劇場管弦楽団1968年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に第1クラリネット奏者として入団、1982年より第1首席奏者となる。1967年よりウィーン国立音楽大学教授として、数多くの門下生を指導し、現在ではその生徒たちが世界各国のオーケストラで活躍しいる。ソリストとして、これまでウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団、ザルツブルクモーツァルテウム管弦楽団、NHK交響楽団などのオーケストラや、ベーム、バーンスタインプレヴィン、レヴァイン、ムーティ、小澤征爾らの指揮者と共演。室内楽の分野においても活躍しており、「新ウィーン八重奏団」、「ウィーン木管ゾリスデン」のメンバーとして世界各国へ演奏旅行を行うほか、ドイツ・グラモフォン、デッカ、テラ―クなどのレーベルに多くの録音がある。

■岡田知子(ピアノ)
東京芸術大学、デトモルト音楽大学卒業。ピアノを故 永井 進、小林道夫、シルデ・シュヌア、室内楽伴奏法をヴァイセンボルン、チェンバロをデューリンクの各氏に師事。1977年1月、旧西ベルリンのメンデルスゾーン・コンクール、ピアノ・トリオ部門で第1位受賞。同年10月、ジュネーヴ国際音楽コンクール、ピアノ・トリオ部門で1位なしの第2位、同時にスイス特別賞受賞。以後、ドイツ、スイスにおいて多くのコンサートを持つ。エリザベート・シュヴァルツコップ、ヴィクトリア・デ・ロス・アンヘレス、エルンスト・ヘフリガー各氏の公開講座の通訳および伴奏を務める。1980年より草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルに参加。ヘフリガー氏、フルートのオーレル・ニコレ氏のアシスタントを務める。1991年より、チューリッヒ夏期マスター・コースでもヘフリガー、エーバーハルト・フィンケ両氏のピアノ伴奏を務める。内外のアーティストとの共演者として、高い評価と信頼を得ている。

■マルモ・ササキ(チェロ)
パドヴァ国立音楽院を首席卒業。ローザンヌ音楽院ヴィルトゥオーゾクラスを一等賞・名誉賞を得て卒業。ベルリン国立芸術大学大学院ソリストクラス修了。林峰男、W.ベットヒャー、D.ゲリンガスに師事。ジェノヴァ国際チェロコンクール、アスペッタルティ国際音楽コンクール他優勝。タルティーニ管弦楽団、ローザンヌ室内管弦楽団、バーデン=バーデン・フィルハーモニー管弦楽団等と共演。L.バーンスタイン創立のシュレスビッヒホルシュタイン音楽祭管弦楽団で首席奏者を務める。ベルリン・ジャック・ティボー弦楽三重奏団とUSAツアーや、父と姉妹で結成する「パドヴァ・トリオなど各地で演奏会。ベルリン交響楽団を経て、ベルリン国立歌劇場管弦楽団にアジア人初の永久正団員として6年間在籍、フォアシュピーラーも務める。ソロCD「チェロペラ~歌劇場の思い出」は絶賛を浴びた。現在、欧州、日本でソロ・室内楽等幅広く活動ほか、ちちぶ国際音楽祭共演講師など後進の指導にも力を注ぐ。

この収録に、50名様をご招待させていただきます。メールでご応募ください。
(1)公演名「ペーター・シュミードル」
(2)お名前
(3)お電話番号
を必ずお書きの上、 present@ottava.jp までお送りください。


8月1日(月)が応募締切りです。
定員を上回った場合は抽選の上、当選された方には8月3日(水)までにご連絡をさせていただきます。
他の2回にもご応募いただけますが、1通のメールで1公演への応募をお願いします。
複数の公演をお書きの場合は無効とさせていただきますのでお気を付け下さい。

一覧へ戻る