お知らせNews

5月2日(月) ラジオ・プラネタリウム #64

カテゴリーRadio Planetarium

こんにちは、森雄一です。今日は連休狭間の平日。会社や学校に

という人も多かったでしょう。今年の大型連休は最大10日のようで

森家は該当者なしですが、かみさんが最大の四連休、子どもたちは

それぞれ三連休、モーリーは二連休のみ。もちろん旅行・外食なし、

ささやかにたこ焼きパーティを今週金曜日にやる予定。ささやか

過ぎて涙が出ます(笑)。

あなたはいかがですか。夏フェスの告知があるように、「そろそろ」

という機運が高まりつつあると思います。私もちょうど昨日、

アニメ作品「Free!」のイベント司会をしてきて、東京国際フォーラム

ホールAの舞台に立ちました。かつて映画館やコンサートホールでは

間隔を開けて着席というコロナ対策が取られていましたが、今は

ありません。およそ5000人が来場し、昼・夜合わせておよそ1万人の

ファンと楽しいひと時を過ごしました。私は「そろそろ」の機運には

賛成です。LFJが今年も行われないフォーラム、イベントは大盛況でも

LFJに何度も参加した身としては少し寂しい気持ちもあります。

あなたの「そろそろ」容認はいつになるか、いつにしたいか、考え

始めてもいいかもしれません。

では、市民ラジオOTTAVA、今夜のラジオ・プラネタリウム紹介です。

64回目となる番組のタイトルは「モンゴルの星伝説」。相撲・・・

うん、それが最初に連想されるくらい、モンゴル人力士は目立ちます。

遊牧民・・・双璧ですね(笑)。そんなイメージはともかく、国内で

語り継がれる神話は独特。

・うぬぼれやの弓の名手

・金星とプレアデス星団の誕生

・北極星と北斗七星の物語

以上、3つのお話しをお楽しみください。ソングリストはこちら~

M1. カミーユ・サン=サーンス/組曲「動物の謝肉祭」~白鳥

M2. レナード・バーンスタイン/組曲「ウェストサイド・ストーリー」~第1番

M3. ヤロミール・ヴァインベルガー/歌劇「バグパイプ吹きのシュワンダ」~ポルカとフーガ(吹奏楽編)

M4. ピーター・マックスウェル・デイヴィス/さらばストロムネス(ウォーカー編)

M5. クロード・ドビュッシー/弦楽四重奏曲~第3楽章

M6. フランク・ブリッジ/子守歌(ピアノとヴィオラ編)

M7. エドワード・エルガー/朝の歌

M8. アーロン・コープランド/「ロデオ」4つのダンス~カウボーイの休日

毎度おなじみ、こちらから紹介させていただきます。