お知らせNews

OTTAVA Night 2年半ぶりに開催!8月26日(金)「鈴木舞&福原彰美チャリティ・デュオ・リサイタル supported by UPDATER(みんな電力)

日本でただひとつのクラシック音楽専門ラジオ OTTAVAが
2015年から継続して開催してきたサロン・コンサート
「OTTAVA Night」が、2年半ぶりに
チャリティコンサートとして開催されます。

        

        

OTTAVA Night vol.30

    「鈴木舞&福原彰美 チャリティ・デュオ・リサイタル」

             Supported by UPDATER (みんな電力)

        

  

東日本大震災からの「心の復興」を目指す音楽家たちが設立した
「子供のためのヴァイオリン教室」で、子どもたちに貸与される
分数ヴァイオリン(子供サイズの楽器)購入へのチャリティコンサートです。
             

出演は、国内外で幅広い活躍を続けている、
OTTAVAリスナーにもファンの多いおふたり
鈴木舞(ヴァイオリン)&福原彰美(ピアノ)。
                 

   

コンサートチケットは、UPDATER(みんな電力)のオウンドメディア「TADORi.jp」 のオンラインストアで販売中。

    https://www.shop.tadori.jp/
     
皆様からいただくチャリティは、ブロックチェーン技術によって、
先方に届くまで、流れがネット上で確認できるという
日本のコンサート史において(おそらくは)初めての形で行われ
      

“いつ、だれに支援金が渡ったかわからない”
        
そんな従来のスタイルに一石を投じるものとなります。
         

        

コンサートは、カーボンオフセット証明を取得し「CO2排出ゼロ」での開催 !

          

     

そして当日会場には「みんなエアー」のサポートによりエアロシールド、空気清浄機などが施され
空気のDXサービスMADOがモニタリングする「顔の見える空気」に包まれた安心を、ご来場の皆様に体感していただきます。

 みんなエアーの「空気の見える化」については
 こちらをご覧ください。

    https://minnaair.com/
        

        

今年生誕200年のセザール・フランクの畢生の名曲
「ヴァイオリンソナタ」をメインプログラムに、
ヨーロッパ、アメリカ、日本の作曲家の佳曲が集められた
サロンコンサートならではのプログラム、
どうぞお楽しみください。
    

公演概要

*開催日時: 2022年8月26日(金) 18:30開場 19:00開演 
                      (20:45終演予定) 

*会場: 紀尾井町サロンホール
       千代田区紀尾井町3-29 ア-クビル1F  03-6272-4711  

              https://kioichosalonhall.com/

                


*出演: 鈴木 舞(Mai Suzuki) ヴァイオリ

     福原 彰美(Akimi Fukuhara) ピアノ

                

*料金  ¥5,000 (税込み) 

                    

    入場料のうち¥1,000は、東日本大震災の被災地で創設された
    「岩沼ヴァイオリンjr.倶楽部」で子供たちに貸与される
    3/4分数ヴァイオリンの購入費に充てられます。

             

    「岩沼ヴァイオリンJr.倶楽部」
         http://hanamizuki-sendai.com/vjc/iwanuma

              

     倶楽部を主宰されているハナミズキ音楽事務所代表、
     ヴァイオリニストの小川有紀子さんからの
     ヴィデオメッセージをご覧ください。
         https://youtu.be/jePYrCMNRL8

             

         

*チケット
     TADORi online store でご購入下さい。
        https://www.shop.tadori.jp/

           

50席限定です。お求めはお早めに!

            

           

*プログラム

 フローレンス・プライス:
    ヴァイオリンとピアノのためのファンタジー No. 1 ト短調
         

 セシル・シャミナード:カプリッチョ Op.18
           

 バルトーク・ベーラ(セーケイ編曲):ルーマニア民俗舞曲
            

 フランツ・リスト:3つの演奏会用練習曲から 『ため息』
            S.144/3 R.5 変ニ長調(ピアノ・ソロ)
             

 森田花央里:風の記憶
             

 芥川也寸志:ヴァイオリンとピアノのためのバラード
               

              
 セザール・フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調 FMV8

         

     
「地球環境やSDGsをテーマにプログラムをふたりで考えていたら、
 民族調の作品や女性作曲家の作品、循環旋律で書かれた
 フランクのソナタなど・・・いろいろとイメージが広がりました。」  
                       

               (鈴木さん、福原さんからのメッセージから)

        

       

*アーティスト・プロフィール

鈴木舞(ヴァイオリン)

東京芸大を経て、ローザンヌとザルツブルグ、ミュンヘンにて研鑽を積む。
チャイコフスキー国際コンクール最年少セミファイナリスト。ヴァーツラフ・フムル国際コンクール、オルフェウス室内楽コンクール優勝。スピヴァコフ国際コンクール第二位。読響、東響、ホーフ響、モラヴィアフィル、クオピオ響、ローザンヌ室内管等、内外のオーケストラと共演を重ね、各地で室内楽やリサイタルに招かれている。
キングレコードよりデビューCD「Mai favorite」をリリース。
使用楽器は1683年製ニコロ・アマティ。

       

    

福原彰美(ピアノ)

15歳で渡米、サンフランシスコ音楽院とジュリアード音楽院で学ぶ。秋山和慶指揮/東京交響楽団、サンフランシスコ交響楽団室内楽シリーズ等に出演。チェリストのクリスティーヌ・ワレフスカ氏の世界各地での演奏会に同行。ニューヨークタイムズ、サンフランシスコ・クロニクル、サンフランシスコ・エグザミナー各紙で好評を得る。3rdソロアルバム『ブラームス:ピアノ小品集』レコード芸術誌/準特選盤、オーディオアクセサリー誌/特選盤。音楽書『ブラームスを演奏する』(音楽之友社/共訳:天崎浩二)
        

主催:OTTAVA (https://ottava.jp)
*特別協賛:株式会社UPDATER
(https://updater.co.jp/)